【インハウスってなに?】広告運用のインハウス化とは?どのようなメリットがある?

【インハウスってなに?】広告運用のインハウス化とは?どのようなメリットがある?

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

【インハウスってなに?】はじめに

近年の社会では、さまざまな媒体を通して広告運用が可能です。

しかし、成功させるにはその仕組みやコツをしっかりとおさえておくことが大切です。

インハウスとは、広告運用の方法の1つであり、導入している企業も多く見られます。

しかし実際には、どのような基準がインハウスとされるのか、インハウスという言葉を聞いたことはあっても、その詳細をご存知でない方も多いかと思います。

今回は、広告運用のインハウスについて、運用の仕組みやメリットを詳しくご説明いたしましょう。

【インハウスってなに?】インハウスとは?

インハウスとは、広告の運用をすべて自社で内製化する方法のことです。

作成した広告は主に2つの運用方法があり、その方法によってインハウスかそうでないかが分かれているのです。

1つは広告代理店に外注する方法で、もう1つの方法がインハウスになります。

インハウスは、自社で広告の出稿をすることによって、広告代理店に依頼する際の手数料がかからないのは特徴です。

また自社内で内製することによって、運用の管理がしやすくなります。

社内で作成・運用・管理を行うこと

インハウスの流れを具体的に表すと、作成、運用、管理を自社で内製するようになります。

これらの3つの流れを自社で行うことによって、それぞれ他社に任せず、各工程が連携し、作成スピードがスムーズになります。

作成においては、自社の商品やサービスについて深い理解のある担当者が携わるため、実際に広告を作る際に内容やイメージなどその広告案を具体的に表せるのが、インハウスの大きなメリットです。

広告代理店に外注する場合は、制作を任せるため、出来上がったものを受け取って運用する方法になります。

インハウスでは、自社のイメージや広告の目的を明確に定められるので、自社の声が多く取り入れられた広告を使用すれば、自社内で試行錯誤を繰り返しながら運用できるのが特徴です。

そのようにして作成から運営までを自社内でまかなうことによって、運用データや改善点も管理できるようになります。

部分的に行うことを指すこともある

最近では、広告の運用方法としてインハウスを選択する企業も多く見られます。

企業のなかには、運用の工程を部分的に自社で内製化していることを、「部分的にインハウスで行っている」というようなニュアンスで表す場合もあります。

作成は自社で行い、運用は代理店に任せるケースや、作成を外注して運用と管理を自社で行うケースも多くあるのです。

そのため、作成、運用、管理の3工程を完全に自社でまかなうのではなく、部分的にインハウス化していくことも可能になります。

このように部分的なインハウス化を取り入れることによって、得意な部分は自社で手がけ、手間を要する部分はプロに任せる、といった手法を取る企業が多いのも事実です。

分担して作業を行うことで、広告をさまざまな視点から創作できます。

外部委託とインハウスの併用の増加

上述したとおり、近年では広告運用において、外部委託とインハウスの併用が増加しています。

完全なインハウス型や、完全な外注型というように、どちらかに偏って運用をしている企業は少なく、現在では併用するハイブリッド型が主流です。

インハウスと外部委託を併用することで、より効率的に、より効果的に広告戦略をはかることができます。

ハイブリッド型の魅力としては、自社のアイディアを最大限に活かしつつ、プロの視点から運用の工夫を凝らすことができる点です。

自社内のみで運用のノウハウを育成するのではなく、外部に相談し、情報を共有することが最大のメリットになります。

また完全なインハウス型と比べると、運用人材のコストがかからず、費用を大幅におさえられるのが特徴です。

【インハウスってなに?】インハウスのメリット・デメリット

インハウスでの広告運用は、必ずしもメリットだけというわけではありません。

広告運用する方法を見直すためには、そのメリットやデメリットをしっかりと確認して、どう考慮していくかがとても重要になってくるのです。

インハウスのメリット

まず、インハウスのメリットをご紹介していきます。

作成、運用、管理の3段階をすべて自社内で完結させるインハウスには、自社内で広告運用ノウハウを蓄積できるほか、生じたさまざまなニーズに対して早急に対処できるといったメリットがあるといえます。

自社内にノウハウを蓄積できる

まずインハウスの大きなメリットとなるのが、自社内で広告運用のノウハウを蓄積できる点です。

すべての段階を試行錯誤しながら繰り返すことで、その過程や結果を十分に考慮しながら、実績を積み重ねていけます。

自社アイディアを最大限に活かせるよう広告を作成し、何度も運用を繰り返していくことでデータを計測して、管理を円滑に進めることが可能です。

このようにして施策と計測のノウハウを自社内で蓄積していくことによって、企業のオリジナル性が加わり、そのノウハウが他社にはない財産となっていきます。

オリジナルの方針で運用を進めていくには、インハウスを取り入れることがとてもおすすめです。

また会社の方向性に沿った進め方で運用を管理できるのも、インハウス導入のメリットになります。

ニーズに対して早急な対応が取れる

そしてもう1つの大きなメリットとなるのが、さまざまなニーズに対して、自社内のみで早急に対応が可能な点です。

どこか改善点を発見した場合、自社内ですべて工程を管理しているインハウス型であれば、外部とのコミュニケーションを取る必要もなく、そのままダイレクトに修正をかけられます。

情報の伝達や、修正、施策を一体化してスピーディーに対応できる点が、インハウス型のとっておきのメリットです。

一体化することで、顧客からのニーズや要望に対して迅速な対応が可能になるため、運用の価値が大幅に上げられます。

そのようなスピーディーな対応ができる環境を社内に整えておけば、試行錯誤の幅を広げ、結果的に広告運用を成功させる近道につながるのです。

インハウスのデメリット

メリットがあるのと同様に、インハウスにはデメリットがあるのも事実です。

主なデメリットとしては、リソースを割かなければいけない点と、ニーズに気づけず見逃してしまう可能性もあるといった2点があげられます。

リソースを割かなければいけない

まず問題点としてあげられるのが、社内でのリソースを割く必要がある点です。

自社内で完結するといっても、その構成を完成させるにはそれなりの時間や費用、人材を要します。

そのためインハウスで広告運用を成功させるためには、しっかりと社内でリソースを確保しなければなりません。

確保できる場合はさほど問題ないですが、人手が足りない場合や、施策に費やす時間が十分に用意できない企業にとっては、インハウスで運用を仕上げるには少し難しいといえるでしょう。

特に準備体制がまだ整っていない状態でインハウスを取り入れると、社内での作業が煩雑になってしまうこともあります。

インハウスで広告運用を成功させるには、事前にリソースを割く必要性があることを認識しておくことも大切です。

ニーズの変化に気づけない可能性が出る

インハウス化するにあたってもう1つのデメリットとなりえるのが、発生しているニーズに気づかなくなる可能性があることです。

自社内で運用するため、外部とのコミュニケーションが減少することにより、情報の共有が減少しやすくなります。

他社とのコミュニティーが制限されていくことで、ニーズの変化や流れに気がつかず、対応が遅れてしまうこともあるのです。

こうした外部とのニーズ共有が遅れてしまう点は、インハウスのデメリットになります。

ニーズをいち早く察知し、迅速に対応していくためには、常に外部との情報に敏感である必要があります。

完全にインハウス化を取り入れる際は、自社内で内製しつつも、外部の情報にきちんと耳を傾け、柔軟に対応して運用していくことがとても重要です。

【インハウスってなに?】まとめ

今回は、広告運用のインハウスの仕組みや、そのメリット、デメリットについてご説明いたしました。

運用の仕方や管理によって、その結果が変動しやすいのは広告運用の特徴です。

自社内で作成、運用、管理を完結させるインハウスだからこそ、取り入れる際はその仕組みをきちんと理解しておくことが大切になります。

それぞれのメリットとデメリットをよく考慮して、自社に取り入れやすい運用スタイルを選択し、より効果的なWeb戦略を練りましょう。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます