【マーケ用語解説】DAUってなに?その効果的な使用方法は?

【マーケ用語解説】DAUってなに?その効果的な使用方法は?

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

【マーケ用語解説】はじめに

マーケティングや事業開発においてDAUやMAU、WAUという用語を目にする機会が多くなったのではないでしょうか。

DAUを理解するうえで重要なワードを先にご紹介します。

それがそれぞれの用語に「AU」のアルファベットを含んでいますが、これはアクティブユーザーの意味です。

ある一定期間のうち、アプリやサービスを1回以上利用したユーザーのことをアクティブユーザーと呼びます。

それでは、これをふまえてDAUについて深く掘り下げていきましょう。

【マーケ用語解説】DAUとは?

DAUとは、Daily Active Userの略です。

いわゆる1日あたりのアクティブユーザーのことを意味しています。

期間ごとのアクティブユーザーを把握しておくことによって、対象のサービスの課題を探りだしたり、サービスに対する顧客満足度をデータとして確認したりすることができます。

SNSなどのようなソーシャルメディアやソーシャルアプリにおいて、1日に何度も不特定多数のユーザーが利用するようなサービスに対して、DAUは非常に重要な指標となるのです。

また、DAUの場合、ユーザー登録やログインして利用するサービスで用いられることが多いです。

たとえばPCとスマホ、タブレットなど複数のデバイスや端末で同じユーザーが利用しても、重複してカウントしないように考えられています。

【マーケ用語解説】DAU率とは?

DAUは、アクティブユーザー数をはかるだけではありません。

登録者数に対して、実際にサービスの利用をしているユーザー数について知りたいこともあるでしょう。

こういった1日あたりのサービスを利用したユーザー数の割合を「DAU率」と呼びます。

計算方法は以下の計算式で計算することができます。

DAU率=1日においてサービスを利用したユーザー数/登録者数

例をあげると、ユーザー登録数が100万人のアプリがあったとしましょう。

そして1日のサービスを利用したユーザー数が60万人だったとします。

この場合、このアプリのDAU率は以下の通りです。

60万人/100万人=50%

登録者に対して半数以上の登録者が利用するだけで、それだけそのアプリやサービスが浸透していることを把握できるのです。

【マーケ用語解説】いつ使うの?

既述の通りですが、すべてのソーシャルメディアやソーシャルアプリにDAUが活用されているわけではありません。

基本的にDAUが活用されるのは、利用を始める前にユーザー登録が必要なサービスです。

さらに、1日のうちに何回も利用するサービスで使われることが多い指標となります。

アプリやサービスによっては登録だけしたものの、結局未使用のままでいるユーザーもいます。

また、長期間利用をしない休眠ユーザーも多いので、ユーザー登録数だけではサービスやアプリの利用実態を把握することはできません。

そこで、DAUを指標とすることによってマーケティング戦略やビジネスに役立てることができるのです。

本質を突いたマーケティングの実践をしていくにあたって、DAUは非常に重視されるものなのです。

【マーケ用語解説】まとめ

DAUは登録者数と、1日あたりのサービス利用者を使ってDAU率を割り出すことによって、サービスの利用実態を現実的に把握できるようになっています。

そしてDAU率は、どれだけサービスに魅力を感じ、定着して利用しているかどうかをはかれるのです。

そのため、今後のサービス提供において改善などをする際のヒントにもつながります。

つまり、DAUを使ってサービスの動向を逐一チェックすれば、よりよいサービスになり、品質向上につながるチャンスになっているといえるでしょう。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます