【マーケ用語解説】WAUってなに?その効果的な使用方法とは?

【マーケ用語解説】WAUってなに?その効果的な使用方法とは?

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

【マーケ用語解説】はじめに

サイト運営をしていくにあたって、さまざまなマーケティング指標が登場します。

複数の指標を分析しているケースも多いですが、よりサイトに適した指標を活用することが大切なのです。

どんなにメジャーな指標でも、そのサイトの実態を反映できない指標では意味がありません。

そこで、今回は「WAU」という指標について見ていきましょう。

WAUとは一体どんな指標なのか、そして効果的な使用方法とは何かについて解説していきます。

【マーケ用語解説】WAUとは?

WAUとはWeekly Active Userの略です。

1週間あたりでどれだけのユーザーが利用しているのかを示す指標です。

たとえば、会員数が多いサイトを運営していたとします。

登録した人のうち、どのくらいのユーザーが1週間のあいだに利用しているかをチェックすれば、サービスがどれだけ盛り上がっているかを判断できるのです。

1週間というスパンを設定することで、たとえば、週末の利用が多いサービスであれば、平日の利用は少なくても、全体として活用されているという指標を得られます。

1日あたりの利用では低迷しているように見えても、1週間という期間で見ることで、より実態を反映できるサービスなどの指標としておすすめです。

【マーケ用語解説】WAU率の出し方

WAU率の出し方は、全体のユーザー数のうち今週どれくらいの人が利用したのかで求められます。

計算式は以下の通りです。

WAU率=(1週間でサービスを利用したユーザー数)/(全体のユーザー数)

たとえば100人の会員がいて、1週間で10人利用すれば以下の計算式になります。

10/100=0.1

100人の会員がいて、1週間で20人利用すれば、20/100=0.2となります。

WAU率が大きくなるほど1週間で見れば、利用率が高いといえるのです。

また1000人の会員がいて、1週間で10人が利用すれば、10/1000=00.1となります。

全体のユーザーの数が多く、1週間でサービスを利用したユーザー数が少ないほどWAU率は低く、利用度が少ないと判断できるのです。

【マーケ用語解説】どのように使えるの?

どのように使えるのかというと、1週間でどれほどの人が利用したのかを知ることができます。

そのため、利用の習慣が根づいているのかをチェックすることが可能です。

たとえば、登録している会員数は1万人いるのに、1週間で利用している人が10人しかいない場合を想定してみましょう。

さらに利用してもらえる環境を整備したり、なぜ利用してもらえないのかを考えたりしなくてはなりません。

WAUをマーケティングの指標として使っているサイトとしては、マンガのアプリ(コミックシーモアやLINEマンガなど)や、動画配信サービス(ABEMAやYouTubeなど)のような、エンタメ系の配信サービスが多いです。

これらのサービスでは、利用の習慣づけがもっとも大事な指標といえるため、WAUが重要視されています。

【マーケ用語解説】まとめ

WAUとはweekly active userの略で、1週間あたりどれだけの人が利用しているのかを示す指標です。

WAU率=(1週間でサービスを利用したユーザー数)/(全体のユーザー数)で計算されます。

使い方として、利用の習慣が根づいているのかを知りたいときに役立つのです。

マンガのアプリや動画配信サービスなど、エンタメ系の配信サービスにおいては、利用の習慣づけがもっとも大事な指標といえるので、重要視されています。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます