【マーケ用語解説!】タグマネージャーって何?どんなメリットがあるの?

【マーケ用語解説!】タグマネージャーって何?どんなメリットがあるの?

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

【マーケ用語解説!】はじめに

タグマネージャーという言葉を聞いたことがあるものの、どんな風なメリットがあるのか知らないという方もいるでしょう。

使い方を覚えてしまえば作業も楽になり便利なものですが、使い方がわからないからまだ利用したことがない方もいるのではないでしょうか。

こちらでは初めてタグマネージャーを知る人も理解できるように、基礎知識やメリットを紹介していきますのでぜひ参考にしてみてください。

【マーケ用語解説!】タグマネージャーとは?

タグマネージャーというのは、複数あるさまざまなタグを一括で管理できる便利なツールのことです。

サイトの運営では広告のタグを追加して付け加える場合や解析タグを追加しなければならない場面が出てきますが、普通に使っているとコードの編集を一つひとつ行わなければならないため大変でしょう。

毎回毎回コード編集をするのは大変という方に大変便利なツールが、タグマネージャーです。

特に1つの広告媒体であればなんとかなっても、企業では複数の持っている場合は管理が煩雑になり大変です。

効率的に仕事を進めるためにも、タグマネージャーを利用すれば一ヶ所に集約して管理も楽になります。

HTMLを編集せずにタグの設置などもできるようになるため、これまでの編集の時間を別の業務に充てることもできるようになります。

GTMとは?

GTMはGoogleにより運営されている、多くの利用者がいるツールです。

ほかにも、各社からタグマネージャーが出されていますが、特に利便性が高くタグの編集時間を大幅に減らすことができます。

先程のHTMLも編集しようとすると大変ですが、何も自分たちでしなくてもGTMがあれば設定や管理が可能です。

複数のサイトがあっても、簡単にタグの把握ができます。

さらに、タグをいつ更新したものかバージョン管理も行え、何かトラブルが起きてしまった時にもすぐにバージョンを戻せるためダメージも少なくなります。

実際に公開する前にもプレビューモードでタグが正常に動作しているかなども確認でき、大変便利なツールです。

Adobe Launchとは?

Adobeが提供するタグマネージャーでこちらもよく使われています。

タグ管理に苦労している人たちが楽になるようにと開発されたツールです。

特徴は、分析タグなどの読み込みを速く行い自社のサイトの表示を速くしてくれることです。

何かの動作があると表示が遅くなってしまい、見ているユーザーにストレスを与えてしまう場合もあります。

複数の分析タグをすぐに読み込み、ストレスなくサイトを表示させてくれるため安心です。

一括で管理が可能になるため、制作会社など外部に依頼していた場合、不要になります。

複数のツールのタグでも利用できますので、時間は効率的に使えるようになり、コスト面では削減が可能です。

【マーケ用語解説!】タグマネージャーのメリット

タグマネージャーがよくわからずに自分たちで地道にタグを作っていた場合、ツールを取り入れたら便利で手放せなくなるでしょう。

こちらではさらに詳しくタグマネージャーのメリットについて紹介していきます。

メリットを把握して、もし少しでも必要そうと感じたら導入してみましょう。

一か所で管理できる

最近はさまざまな広告媒体があるため、複数のサイトを持っている企業も多いでしょう。

複数サイトがあると、それぞれのサイトに合わせて計測ツールタグを設置しなければなりません。

サイト数が多いと作業も多くなりますし、追加のたびに苦痛になります。

複数のサイトの計測ツールのタグや広告媒体のタグを一ヶ所で管理できるようになると、わざわざ複数のサイトで作業しなくても済みます。

タグマネージャーのツールの中に入って、簡単にすべてのサイト分のタグを追加したり編集したりできるのです。

何のタグを設定しているのかもかなり把握しやすくなり効率もアップします。

タグに関する施策が素早く行える

タグの施策に関して、設置するだけでなく更新やいらないものを削除するなどというのは簡単に行えます。

難しい操作がないため、その分時間のロスなどもなく素早くできるのです。

外部に頼んでいる場合はすぐにタグを設置したいと思っても、まずはやり取りをしてから行わなければいけないため時間がかかりがちです。

毎回のように外部とやり取りをするのを面倒と感じている企業も多いのではないでしょうか。

タグマネージャーを取り入れるだけでサイト管理者とのやり取りが省けますので、思った時すぐに実行できます。

ページへの反映もロス時間がなくすぐに行えるようになり、自社としてもストレスがなくなるでしょう。

タグを修正することや更新による先祖返りなどもなくなりますので、タグマネージャーを使うだけで一気にタグの作業が効率良くなります。

【マーケ用語解説!】まとめ

最近では広告媒体が増えているので、より多くのターゲットに見てもらうためにも複数の媒体を利用してタグを使っている企業も多いでしょう。

ツールを使わずに自分たちだけで編集を行うのは、実は非常に効率の悪いことです。

もっとタグ管理をスムーズにしたいと思っているのであれば、上手にタグマネージャーを利用しましょう。

これまで時間がかかってしまい、ほかの業務に支障が出ていた方も、簡単でスピーディーになり仕事の効率がアップします。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます