【マーケ用語解説】ROASってなに?どのようにマーケティングに活かせる?

【マーケ用語解説】ROASってなに?どのようにマーケティングに活かせる?

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

【マーケ用語解説】はじめに

マーケティングに関する用語は、カタカナやアルファベットの略語であることが多いです。

業務の円滑な遂行のために、基本の知識として正しく理解する必要があります。

また、マーケティング業界はとても変化のスピードが速いです。

日々新しい用語が生まれるだけではなく、その意味が徐々に変わることも考えられます。

しっかりとアンテナを立てて、積極的に学んでいく姿勢が大切です。

ここでは、一見しただけでは何を指しているのかわかりづらい、略語について解説します。

【マーケ用語解説】ROASってなに?

ROASとは「Return On Advertising Spend」の略です。

かかった広告費用に対し、実際にどれくらいの売上をあげることができたのかという「費用対効果」を数字で確認できる指標のことです。

企業は売上をあげるために広告を出すのであって、当然ながら出したからそれで終わりというわけにはいきません。

世間の反応が良く手応えを感じた場合でも、あまり売上に貢献できていなかったとしたら、それは一概に成功とは言えないのです。

そういった広告運用の成果をはっきりと数値化したものが、ROASになります。

数値化という言葉で表現するとなんだか難しそうな印象を受けますが、その計算式は意外にも簡単です。

【マーケ用語解説】ROASの出し方

ROASは「売上÷広告費×100(%)」という計算式で算出できます。

このようにして計算をすることで、広告費1円あたりの売上額を把握できるのです。

たとえば、「広告費100万円に対し、売上200万円」と「広告費50万円に対し、売上150万円」の場合があったとします。

前者は200万円÷100万円×100=200%であり、後者は150万円÷50万円×100=300%となるので、どちらが効果があったかということがわかるのです。

また、算出したROASで、広告を経由した売上や広告費を予測することもできます。

広告を経由した売上は「広告費×ROAS÷100(%)」、広告費は「広告を経由した売上÷ROAS÷100(%)」で予測可能です。

その結果をもとに、企業は売上を上げることができる良い広告について考えることができます。

【マーケ用語解説】マーケに活かすには?

いかに費用を減らして高い売上をあげるかという課題は、どんな企業であっても同じです。

ROASは、どのような広告が市場に好まれるのか、的確に判断する手段となり得ます。

たとえ失敗に終わったとしても、そこから浮かび上がる問題点を見直すことができるので、次の戦略を練ることができます。

また、価格や販売数の計画に役立てたり、広告の手法自体を改善したりすることも可能です。

最終的には、その商品で最大の利益を上げるという目標に向かって、指標を使うことになります。

費用対効果の低い広告が一目でわかる

一見して高い売上を誇っているような商品でも、このROASを算出することで本当の評価を知ることができます。

数字は嘘をつきません。

ROASから成功と判断できるものは、さらに費用をかけて売上を増加させたり、逆に失敗と言えるものは広告を取りやめ、それ以上の損失を抑えたりできます。

過去の事例と比較して、ヒットしそうなキーワードを取り入れることもできるでしょう。

費用対効果の低い広告がどういった原因で失敗となったのか、企業は繰り返し分析していきます。

そうすると、広告の運用方法を根本的に見直すきっかけにもなるのです。

具体的には、広告を社内で制作するのか、もしくは高い評価を得ている外部企業に委託するのかといった方向性も含みます。

ROIと併用する

マーケティングに欠かせない指標としてはROIも挙げられます。

ROIとは「Return On Investment」の略で、「投資に対する利益」という意味で、広告費に対して利益がいくら得られたのかを測るものです。

企業のイメージアップのために広告を使用する場合、そこにかけた費用は投資とも言えます。

とりわけ、近年では利益を得ることに重点を置いて、ROIの数字を良し悪しの判断基準とする企業が増えています。

こちらは「利益÷広告費(投資額)×100(%)」の計算式で求めることが可能です。

つまり、良い広告とはROASとROIの両方が高いものであり、併用することによって広告の成果をより正確に判断することができます。

【マーケ用語解説】まとめ

ROASやROIといったマーケティングの指標を目的に合わせて適切に用いることで、将来的な企業経営の改善策を打ち出すことができるでしょう。

このほかにもさまざまな用語がありますが、その意味を知って上手に活用することが大切です。

移り変わるスピードが速い今のネットワーク時代において、今後ますますマーケティングの重要性が高まってきます。

数多くある指標をうまく使い分けて、業務効率の改善や企業の目的達成に貢献できるようにしましょう。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます