【マーケ用語解説】マーケにおける黄金比とは?どのように使うの?

【マーケ用語解説】マーケにおける黄金比とは?どのように使うの?

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

【マーケ用語解説】はじめに

顧客に対する訴求力を高めることが、マーケティングの一義的な目的であることは言うまでもありません。

そのためには広告が必要となりますが、優れた宣伝のためには心理学や行動経済学など、さまざまな分野の知識が不可欠です。

しかし、現在ではマーケティング理論もある程度確立されているため、必ずしも一から学び直す必要はないと言えるでしょう。

この記事では、比較的活用しやすい理論を解説していきます。

お困りの際はぜひ参考にしてみてください。

【マーケ用語解説】マーケにおける黄金比率とは?

ダイレクトマーケティングにおいては、40:40:20が黄金比率と言われています。

これはエド・バーネット氏が提唱した理論をもとにしており、「ターゲットの適正さ」「サービスの質」「見栄えのよさ(デザイン)」がそれぞれ上の比率で重要であるという法則です。

このうち「ターゲット」「サービス」に関してはノウハウが必要となる場合が多いですが、「デザイン」に関してはその限りではありません。

会社や商品のロゴに取り入れることで、すぐに活用できる可能性もあるでしょう。

デザインにおける黄金比率

デザインにおいても黄金比率や効果的なレイアウトがあり、これらをホームページやメールの文面などに盛り込むことで宣伝効果の増大が期待できます。

もちろん、高い技能を持ったクリエイターなどに依頼するのも良いでしょうが、専門知識や技術がないからといって、個人や社内で作成できないことはありません。

たとえば、会社の象徴とも言えるロゴデザインなどを黄金比率で考えたりすることで、誰にでも優秀なデザインは制作可能です。

多少のアイデアやツールは必要になるものの、単に文字だけで表現するといったデザインより効果は高まるでしょう。

以下ではいくつかの代表的な黄金比率を紹介していきます。

見栄えの面で取り入れられそうなものがあれば、ぜひ活用してみてください。

三分の一の法則

特にホームページなどを作成するにあたって有用なのが三分の一の法則です。

黄金格子の法則、もしくは三分割法とも呼ばれるレイアウトの一つで、古くはルネサンス期より利用されている構成技法と言われています。

これは、画面を上下・左右に9等分(それぞれ3等分)したそれらの線上ないしは交点付近に重要な要素を配置することで、全体のデザインを美しく、また効果的にアピールできるという手法です。

この法則を利用することで、画面を単純に2分割・4分割するよりユニークな配置になり、一見して惹かれやすい広告やホームページの制作が可能になるでしょう。

ただし、レイアウトにおいては基本的な技法であるため万能ではなく、配置要素そのもののアピール性などに吟味が必要な点には注意が必要です。

黄金比

黄金比は最も有名な黄金比率であり、自然界でも見られることのある構図です。

学問的には中末比、中外比とも呼ばれるもので、人間が最も美しく感じる比率とされています。

モナ・リザやミロのヴィーナスの一部が黄金比であることはよく知られていますが、身近な例では名刺やクレジットカードなどのデザインが有名だと言えるでしょう。

主には縦、横の比率の近似値が1:1.618になる長方形(黄金長方形)のことを指します。

これをデザインに取り入れることで、美しく見栄えの良いロゴや広告の制作が可能です。

長方形がそのまま活用される場合も多々ありますが、構図の端々にそれとなく盛り込むことでも効果が発揮できるでしょう。

こうしたロゴの例としては、Apple社のロゴマークなどが特に有名です。

【マーケ用語解説】デザイン作成に役立つツール

しかし、これらのレイアウトを活用しようにも、どのように用いるべきか迷うこともあるでしょう。

黄金比率を取り入れるにしても、デザインの知識がなければ困難な場合があります。

そういった場合は専用のツールを用いるのも一つの手です。

下記では、黄金比の作成が可能なサイトをいくつか紹介しています。

黄金比以外の美しいとされる比率が作れるサイトもありますので、場合に応じてぜひ活用してみてください。

無料で利用が可能ですが、営利目的で用いる際には規約の確認も忘れないようにしましょう。

Metallic Ratio

Metallic Ratioは、黄金比だけでなく、白銀比、青銅比などの「貴金属比」と呼ばれる比率の計算も可能なサイトです。

そのほかにも3:4、2倍、正方形のプレビューも確認できる点で、使い勝手の良いツールだと言えるでしょう。

使い方は上部から好みの比率を選択し、縦・横いずれかの数値を入力するだけです。

自動的に入力していない辺の数値が書き換わりますので、すぐに確認できます。

ご利用はこちらからどうぞ。

https://voidism.net/metallicratio/

レイアウトの小技

レイアウトの小技は、横幅・縦幅のいずれか、もしくは両方をボックスに入力することで数値に合わせた長方形が確認できるサイトです。

「横幅を元に計算する」などにチェックを入れて「白銀比」「黄金比」「半分」を選択すれば入力した幅に合わせたプレビューの表示も可能になっています。

シンプル故に簡易的な構図の確認にはもってこいだと言えるでしょう。

注意点として、割り切れない数に対しては誤差が発生するようです。

ご利用はこちらからどうぞ。

http://viskowaza.web.fc2.com/layout/ratio/divide/index.html

【マーケ用語解説】まとめ

マーケティングにおいて、「ターゲット」「サービス」が大切なのはもちろんです。

しかし、見落としがちな「デザイン」にも力を入れることで、ほかとの差別化を図ることが可能になります。

黄金比率を活用することで、より高い訴求効果を持った宣伝を目指しましょう。


 

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます