【0から始める】SEO対策ってなに?SEOの仕組みを詳しく解説!

【0から始める】SEO対策ってなに?SEOの仕組みを詳しく解説!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

SEO対策はローコストで集客が可能になるため、非常に便利です。

しかし、「SEO対策がそもそもなんなのか良くわからない」という方も多いでしょう。

今回はSEO対策の仕組みについて詳しく紹介していきます。

SEO対策をするとどんな良いことがあるのでしょうか。

たとえばSEO対策をすると、Googleなどの検索エンジンに引っかかりやすいサイトになり、必然的に閲覧数が増えます。

SEO対策をしてWeb閲覧数を増やし、効率的な集客につなげてください。

SEO対策とは?

まずは、SEO対策とは何かを説明していきます。

SEO対策(Search Engine Optimization)とは、検索結果で自社サイトを多く露出させるために行う対策のことです。

「検索エンジン最適化」とも呼ばれます。

たとえば新規でホームページを作成し、そこで日記を書いているとします。

日記は多くの場合、自分の言葉で書きつづるものです。

そのため日記内の言葉は、自分本位のものが多くなってしまいます。

そうすると、検索を行うユーザーのニーズに合わず、検索エンジンの結果欄に表示されにくくなってしまうのです。

これは日記の閲覧数を増やすには、大きな障害といえます。

そこで日記など、閲覧数を増やすためにSEO対策を行うのです。

SEO対策を行うと、日記の記事が検索エンジンに理解されやすいように最適化され、必然的に自然検索のアクセス数が増えます。

今回は日記を例にあげましたが、これは自社の情報のPRや商品のPRにもつながるため、ビジネスにおいても非常に大切です。

Webでの集客に欠かせないSEO対策はどのように行うのでしょうか。

主にGoogleの検索エンジン対策

世の中には、いくつかの検索エンジンあります。

有名どころだと、Yahoo!やGoogleなどがあげられます。

しかし、世界における検索のシェアはGoogleが8割以上と、Googleで検索をする人がほとんどです。

また、Yahoo!でもGoogleの検索アルゴリズムが用いられています。

日本国内における検索エンジンのシェアは、この2つのシステムが占めているのは周知でしょう。

つまりGoogleの検索エンジン対策をすれば、おおかたのSEO対策が完了したともいえます。

Googleで上位に来るようなサイトを作成するには、Googleが求めているコンテンツは何かを知ることが大切です。

しかし、Googleのアルゴリズムは公開されていません。

Googleが開示している企業理念などをもとにしてコンテンツを作成しましょう。

Googleにおいて検索結果の表示順序は機械的に決定しています。

クローラーとインデックスという2つの仕組みがあります。

クローラーとは、インターネット上に存在する多くの情報を取得し、データベース化している巡回プログラムのことです。

ボットやスパイダーとも呼ばれています。

URLを最適化するなどの方法で、これらの巡回数を増やしましょう。

SEO上位はユーザー目線?

SEOの検索上位に上がる記事は、複雑の評価ロジックのもとに成り立っています。

そのため、明確の示唆はありません。

しかし、ユーザーのニーズに則したものが評価されるのは明確です。

ユーザーの目線に立ったWebサイトの構築が、結果としてサイトの閲覧数の向上につながります。

見やすいサイトを心掛けてWebサイトを作成していきましょう。

たとえばサイト内で移動したとき毎回ページのサイズが異なると、ユーザーは見づらいサイトだと感じます。

これは先ほど紹介した巡回プログラムも同じで、巡回プログラムが情報を集めやすいサイトとはいえません。

結果として、検索エンジン上位に表示されにくいサイトとなるでしょう。

また1つの情報を知りたいのに、何かいもサイト内を移動させられるのも好ましくありません。

すべての情報を3クリック以内で表示できるなど、ユーザーがどうすれば使いやすいサイトと感じるのかを考えてWebサイトを作成すると良いでしょう。

Googleが掲げる10の事実

Googleが掲げる企業理念を参考にすると、Googleが求めているサイトにより近づきます。

ここで少し紹介したいと思います。

まずは「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。」というものです。

ユーザーの利便性を第一に考えれば、内部目標や収益などは自然についてくるという考え方です。

つぎに「1つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。」という考え方があります。

1つのことを突き詰めて行うことによって、他分野であってもその技術を応用できるというものです。

そして「遅いより速いほうがいい。」という考えをGoogleはもっています。

ユーザーがWebサイトに留まる時間は少ないほうが良いという考え方で、これも顧客のニーズを考えた理念となっているといえるでしょう。

このような企業理念からもユーザーのニーズを一番に考えたサイトであったほうが、検索エンジンの上位に表示されやすくなるといえます。

一部を紹介しましたが、Webサイトを作成するうえで重要な情報を開示しているので、確認してみてください。

SEO対策のコツとは?

Web上で集客をするならば、SEO対策は避けて通れないものといえます。

SEO対策をするうえで、ユーザーのニーズに合わせることが大切であると紹介しました。

ニーズに合わせるとは、どのようにすれば良いのでしょうか。

実際にWebサイトを作成していくと、見落としがちな考え方や気づかいも増えていくでしょう。

ここからはSEO対策のコツについて紹介していきます。

SEO対策をしっかり行って、サイトの閲覧数を増やしていきましょう。

ユーザーのニーズを知る

ユーザーのニーズを知るためには、どのような背景があって、どのような情報を欲しがっているのかを分析する必要があります。

また分析するだけでは留まらず、より質の高いコンテンツを発信しなければ意味がありません。

分析はアンケートや、知人の使用感などの情報をもとに行っていきましょう。

その分析をもとに改善し、コンテンツを発信していくのですが、そう簡単に成果は出ません。

成果が出にくいため、やる気が損なわれることもあると思いますが、根気強く改良を続けてください。

どのようにしたら、ユーザーが情報を得やすいのかを第一に考え、改善に努めていく姿勢を求められます。

どのユーザーも見やすいと感じるようなサイトを構築していきましょう。

効果計測をやめない

結果計測を行い、どのような記事が読まれ、どのようにしたら伸びるのかをしっかり分析しましょう。

その分析をもとにして、自分のなかでノウハウを見つけ、仕組み化していくことが必要です。

SEO対策の効果測定で良く使われる指標に「キーワードの順位」や「流入数」などがあります。

どのような手段でこのサイトにたどり着いたのかを知ることで、よりたどり着きやすいサイトを作れます。

また結果計測は修正を行ってから、1~6ヶ月を目安に行いましょう。

既存のページなど、細かい修正は1ヶ月後くらいに結果として現れますが、新規ページの作成、追加などは結果が出るまでに半年近くを有します。

結果が出始めた時期よりも、閲覧数の変動が少し落ち着いてから計測をすると、より正確なデータを得られるでしょう。

検索上位記事を模倣する

すでにある記事を参考にするのも、SEO対策においては有力です。

検索エンジンの上位に表示されている記事は、すでにGoogle側から高評価を得ている記事ともいえます。

つまり、それを参考にして記事を作成すれば高評価をもらいやすくなるのです。

Webサイトの評価を上げるためには、巡回プログラムの巡回数を増やす必要があります。

巡回プログラムがどのような言葉に引っかかっているのかなどを推察することは、非常に難しいのでおすすめできません。

そこで、既存サイトを参考にします。

既存の検索上位サイトは、高評価を得られるユーザーのニーズに合ったサイトのため、循環回数も多く、そのほかも参考になることがたくさんあるでしょう。

しかし、著作権などの権利もあるためそのまま流用することは許されません。

あくまでも参考程度にして、Webサイトを作成していきましょう。

まとめ

SEO対策について大まかに理解できたでしょうか。

つまりSEO対策とは、検索エンジンに引っかかりやすいサイトを作ることです。

ユーザーの目線に立って、わかりやすいWebサイトを構築していくことが、結果として集客数につながります。

ユーザーが見やすいサイト、わかりやすく、すぐに欲しい情報が得られるようなサイト作りをすることが、一番のSEO対策となるでしょう。

しっかりと調査、分析を行ってお客様のニーズに合わせたWebサイトを作成、運用してください。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます