リスティング広告の種類は?掲載までの道のりも併せて確認!

リスティング広告の種類は?掲載までの道のりも併せて確認!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

知りたいことを検索したときにキーワードと連動して表示される広告を、「リスティング広告」といいます。

非常に高い関心をもったユーザーがその広告を目にするので、結果として広告にアクセスする確率も上がりやすくなるのが特徴です。

このリスティング広告は検索結果の上部と下部に表示されます。

老若男女がスマホを片手に検索をするこの時代において、リスティング広告は大変重要なものといえるでしょう。

ここでは、リスティング広告の種類について解説します。

リスティング広告の種類は?

リスティング広告は「検索連動型広告」と「ディスプレイ広告」の2つに大きく分けられます。

「検索連動型広告」とはGoogleやYahoo!などの検索エンジンで、検索結果とともに表示されるテキストの広告のことです。

「ディスプレイ広告」とはWebサイトやアプリなどの広告枠に画像やテキストで表示される広告のことをいいます。

Webマーケティング業界でリスティング広告といえば、ほぼ「検索連動型広告」だと思って間違いありません。

リスティング広告は主に2種類

リスティング広告を出す検索エンジンとしてもっとも人気があるのは、やはり検索エンジン大手のGoogleとYahoo!です。

多くの人が利用する検索エンジンに広告を出稿したほうが、よりたくさんの人の目に触れるということは誰でも想像できるでしょう。

Google広告とYahoo!広告は、同じリスティング広告でもその特徴やユーザー層などに違いがあります。

どのように使い分けるべきなのか、詳しく見ていきましょう。

Google広告

Google広告は、Googleでの検索結果とGoogleの提携サイトへ配信されます。

利用ユーザー層は比較的若い世代が多く、アクセスの大部分はスマホからです。

Googleに広告を出稿する一番のメリットは、「自動入札機能」があることといってよ良いでしょう。

使い始めたばかりで入札の相場がわからない企業の担当者であっても、AIで精度の高い設定を行ってくれます。

「サイトにアクセスしてくれる人そのものを増やしたい」、「検索ページにたくさん載るようにしたい」などの目的に沿って自動で調整するものです。

当然ながら手動での設定も可能になっており、広告を表示する地域や時間帯なども細かく調整することができます。

ただ、検索エンジンとして世界でNo.1のシェアを誇っているため、ライバルが多いのは難点です。

Yahoo!広告

Yahoo!広告は、Yahoo!での検索結果とYahoo!の提携サイトへ配信されます。

利用ユーザーはGoogleに比べると年齢層がやや高めの40〜60代で、アクセスはPCからが多くなっています。

そのため中高年層に届けたい商品の場合は、広告の出稿先としてはGoogleよりもYahoo!がねらい目かもしれません。

また、Yahoo!JAPANは日本国内でもっとも利用されているポータルサイトであるため、対象を設定して表示させるのに適しているといえます。

このポータルサイトに広告を表示するという仕組み上、Yahoo!アプリやYahoo!天気といった多くのユーザーが利用するものにも表示されます。

Googleよりは競合相手が減ることもポイントです。

リスティング広告の手順は?

リスティング広告を出す際の手順を大まかに説明します。

まず、出稿先のアカウント作成が必要です。

つぎに、キャンペーン構成やキーワード設定といった広告の設計図を作ります。

この設計図は非常に重要なポイントです。

ここを誤ると、後々調整しても成果につながらない可能性が高くなるため、時間をかけてしっかり作りましょう。

そして、この設計図をもとに値段や広告の種類を設定していき、完成したら入稿して審査を受ける、という流れになります。

手順のなかでも特に大切なキーワード設定と、値段や広告の種類の設定について見ていきましょう。

広告のキーワードを設定する

どのような検索ワードで広告を表示させるか決めます。

リスティング広告では、広告をクリックされたら出稿先へ報酬を支払う必要があるため、商品を購入しないユーザーがクリックしても、費用がかさむだけです。

そこで、キーワードを選定してターゲットへ届くようにしなければなりません。

このキーワードの一致条件(マッチタイプ)には、完全一致、フレーズ一致、部分一致、絞り込み部分一致、の4種類があります。

完全一致では設定した語句と類似のパターンのみに限定して表示させ、フレーズ一致ではキーワードと同じ意味を含む場合に表示されます。

部分一致は登録したワードと関連性が高いと思われるものに対して表示され、絞り込み部分一致は誤字や送り仮名の違い、言葉ゆれがあったとしても広告が表示される仕組みです。

それぞれのマッチタイプでは広告の表示機会や表示されるユーザーの範囲が異なるため、適したものを設定しましょう。

値段と広告の種類を設定

リスティング広告では、1回のクリックに対して支払うことができる上限額(上限クリック単価)を設定しなくてはなりません。

一般的に、この上限クリック単価が高ければ高いほど、広告が表示される順位は上になります。

上位に表示されるほうが当然人の目に触れ、成果につながる機会も多くなると考えられるため、単価の相場は上がってしまいがちです。

また、単価は広告を出稿しようとする商品やサービスの種類によっても相場が異なります。

クリック単価はオークション形式で決められるため、設定した上限クリック単価がライバルよりも低かった場合は検索順位が下がってしまうでしょう。

初心者にとってはわかりづらいリスティング広告の仕組みについて、詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

→「リスティング広告 仕組み」

まとめ

ここまでリスティング広告の種類や特徴、掲載までの大まかな流れについて解説しました。

Webサイトに触れる時間は、今やテレビよりも長いといわれています。

つまり、そこに広告を表示させることは企業にとって非常に重要なマーケティング手段です。

どんなに商品やサービスが良くても、多くの人に届かなければ売り上げを伸ばせません。

リスティング広告について知り、費用を節約するポイントがつかめれば、成果につながる広告を生み出せるでしょう。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます