コンテンツSEOってなに?上手くいくためにはどうすればいいの?

コンテンツSEOってなに?上手くいくためにはどうすればいいの?

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

スマートフォンやパソコンを使ったネットショッピングは、今や消費者の日常生活には必要不可欠です。

企業にとっても、自社商品や自社サービスを顧客に届けるためには、こうしたEコマース(電子商取引)との付き合い方を見直す必要があるといえるでしょう。

ただ単にホームページやショップサイトを開設しただけでは、どんなに良い商品・サービスを扱っていても、思うように集客できないケースがほとんどです。

そこで今回は、インターネット上で、効率の良い集客を目指すために必要なテクニックである「コンテンツSEO」について、詳しく解説します。

コンテンツSEOとは?

コンテンツSEOとは、検索サイトの上位に自社サイトを表示させて、多くの顧客を誘導する施策です。

コンテンツとは記事などのホームページの中身を指し、SEOとはSearch Engine Optimization(検索エンジン最適化)を意味します。

「コンテンツSEO」と聞くと難しそうに感じるかもしれません。

しかし、目指すものは「ユーザーにとって役立つ情報の公開」という、いたってシンプルなものです。

したがって、検索上位に表示させるため、ユーザーが検索しやすいキーワードを的確に使用し、ユーザーが満足できる情報を提供し続けなければなりません。

コンテンツSEOを利用して、インターネット上の集客アップを考えているならば、正攻法であるユーザーファーストのサイト作りが大切です。

コンテンツSEOはなぜ重要?

ほとんどの場合において、顧客が自社サイトを訪れるきっかけとなるのは、Googleなど検索サイトの表示です。

Googleの検索結果が上位だったサイトには、有益な情報や商品を求める顧客が世界中から訪れます。

検索結果上位に表示されると、企業にとって大きなチャンスにつながります。

つまり、自社サイトをこの検索結果の上位に表示させることを目的として、コンテンツSEOを行うのです。

たとえ自社製品・サービスにどれだけ自信があっても、サイト訪問のきっかけとなる検索結果に表示されなければ、製品やサービスが顧客の目に留まることさえ難しいでしょう。

そのため、インターネット上でビジネスを展開するならば、検索結果の上位を目指すコンテンツSEOが必須なのです。

コンテンツSEOのメリット

インターネットを利用してビジネスを展開する場合、コンテンツSEOを利用するとさまざまなメリットがあります。

単純にたくさんの顧客を自社サイトに誘導できるだけではありません。

「見込み客のファン化」「同じ層のユーザーの集客」「継続的な集客」といった特徴的なメリットがあるため、コンテンツSEOは企業が実施するマーケティング施策の大きな柱になるでしょう。

ここからは、コンテンツSEOがもつそれぞれのメリットの内容について、詳しくご紹介します。

見込み客のファン化

Googleなどの検索結果を見て自社サイトを訪れたユーザーが、その場ですぐに商品を買うことは少ないかもしれません。

しかし、最初にサイトを訪問した際に有益な情報を得られれば、そのユーザーは将来的に顧客となる「見込み客」になるでしょう。

自社サイトの訪問で商品やサービスに興味をもった見込み客は、その後も継続してサイトを訪れる確率が高まります。

継続的にサイトを訪れるうちに、購買の意志が固まったり、お目当ての商品以外にも別の商品に興味をもってもらえたりするかもしれません。

また、会員登録者向けのメールマガジン配信や、割引サービスなどの優遇を実施すれば、こうした見込み客が自社商品・サービスに愛着を覚えてファンとなってくれるでしょう。

すぐ購買活動につながらなくても、長期的な目で見れば、こうした見込み客のファン化は、企業にとって大きな可能性を秘めたメリットになります。

同じ層のユーザーを集客できる

コンテンツSEOでは、ユーザーの悩みや要望が含まれたキーワードの選定と、そのキーワードに沿ったコンテンツ作成が大切です。

そのため、同じような悩みや要望を抱えたユーザーが集まりやすいのも特徴といえるでしょう。

通常、新聞やテレビの広告を使ったマーケティングでは、さまざまな層のユーザーに働きかけて、その中から一握りの見込み顧客獲得を目指します。

コンテンツSEOはこうした手法とは異なります。

あらかじめ、特定の層へアプローチすることを目的としてコンテンツが作られるため、購買につながりやすい特定層の顧客へ効率よく商品・サービスを提示できるのです。

また、扱う商品・サービスが一般的ではないニッチなものであっても、情報を求めるユーザーが自然に集まる点も、大きなメリットといえるでしょう。

継続的に集客ができる

自社サイトのコンテンツがインターネット上に公開され続ける限り、その集客効果は継続的なものとなります。

公開したコンテンツは、ねらったキーワードでユーザーが検索するたびに上位表示されるため、長く効果のある集客窓口となるでしょう。

たくさんの集客につながる良いコンテンツは、サイトの大きな資産となり、企業の利益に寄与してくれます。

ただし、長期にわたって上位に表示され続けるのは困難なことです。

ライバル企業がより有益な情報を掲載したり、自社サイトの情報が古くなってしまったりすると、検索エンジンからの相対的な評価が下がり、検索結果表示順位も低下してしまうでしょう。

したがって、一度公開したコンテンツをそのまま放置してはいけません。

定期的な効果計測とリライトといった手直しを実施して、さらなる継続性を高めることが大切です。

コンテンツSEOのデメリット

パソコンやインターネット環境があればすぐにでも始められる気軽さや、効率の良い集客を見込める点が、コンテンツSEOの大きなメリットです。

しかしコンテンツSEOには、デメリットとも存在するため、あらかじめ気注意しておきましょう。

特に、「結果が出るまでの期間の長さ」や「恒常的な効果計測の必要性」について考えておかなければ、コンテンツSEOの恩恵を最大化することは難しいでしょう。

ここからは、このデメリット2つについて詳しくご紹介します。

結果が出るまでは長い

コンテンツSEOでは、サイトにコンテンツをアップしてから、その効果が目に見えるまでの期間は長くなるのがデメリットです。

このことを把握しておかなければ、実施したコンテンツSEOには効果がないと誤解してしまうかもしれません。

コンテンツSEOの成果が出るまでに長い時間が必要となる理由は、Googleなどの検索エンジンがサイト上の情報を見つけて、検索結果に反映させるまでに時間がかかるためです。

一般的に、順位上昇や来訪者数増加といった効果が見えるまでには、数ヶ月以上かかるといわれています。

また、新しくドメインを取得して間もないならば、ドメインに対する評価も待たなければなりません。

結果が出るまでには、さらに長い時間がかかるでしょう。

ユーザー目線に立った有益なコンテンツを提供していれば、検索順位は上がるはずです。

ある程度の長期的な目線で運用する忍耐力が必要になります。

効果計測を恒常的に行わなければいけない

コンテンツSEOでは、記事を公開したらそれで完了とはいえません。

公開したコンテンツが、どのような恩恵を生み出しているのか、定期的に効果を計測する必要があるのです。

効果計測では、どのようなキーワードでサイトにたどり着いたのか、どれだけの流入数があったのかといった、さまざまな点をチェックします。

コンテンツを公開してから、効果が出始めるまでには時間がかかります。

この効果計測は公開後から定期的に実施して、週次・月次レポートなどにまとめて検討しなければなりません。

効果計測をおこたると、より効果的な顧客獲得に向けた次の一手が打てず、コンテンツSEOの効果をより大きくすることは難しくなります。

労力が必要なのデメリットといえますが、その苦労の大きさに見合うだけの効果や、価値がある作業だともいえるでしょう。

コンテンツSEOのコツ

実際にコンテンツSEOを始めようと思っても、何から手をつけて良いかわからないなら、効率の良い集客につなげるコツをチェックしてみましょう。

「キーワード選び」「たくさんの記事作成」「上位記事との比較」「オリジナリティ」といったコツは、有益で良質なコンテンツ作りには欠かせません。

なかなか検索上位に表示されず悩んだときも、こうしたコンテンツSEOのコツを振り返ると、突破口が見つかることもあります。

ユーザーの利益を第一に考える視点を保ったまま、コンテンツSEOのコツを押さえて、ユーザーに選ばれるサイトを作ってみてください。

キーワード選定にこだわる

キーワードの選定は、コンテンツSEOの方向性を決めるともいえる大切な作業です。

キーワード選定の際は、ユーザーの目線に立って、どのようなキーワードが使われやすいのかを考えます。

一般的には、自社商品やサービスに関連して検索されやすいキーワードを探します。

ユーザーの検索意図である「知りたい」「解決したい」「買いたい」「行きたい」といった部分を、的確にすくい上げなければなりません。

もしも、検索されやくライバルの多い「ビッグワード」を使いたいならば、関連するキーワードを組み合わせた「ロングテールキーワード」での検索順位を上げる方法なども検討してみてください。

いずれにしても、ユーザーの需要・自社の強み・検索されやすさの3要素を意識したキーワード選定が大切です。

大量の記事作成を前提にする

コンテンツSEOでは、記事の質的な満足度の高さはもちろんのこと、量的な満足度の高さも必要です。

どんなキーワードが集客に効果があるのかは、記事をアップしてから、ある程度の時間が経たなければわかりません。

そのため大量の記事をサイトにアップして、総合的な集客効果をねらうのがコンテンツSEOの大前提です。

それぞれの記事に集客効果の見込めるキーワードを選定し、ユーザーにとって役立つ情報をたくさん掲載します。

そして、それぞれの記事に対して効果を測定し、思うような集客につながっていない記事は、リライトなどの手直しをしなければなりません。

記事作成や効果測定などの労力はかかります。

しかし、それぞれの記事が違うユーザー集客の窓口となるため、大量の記事作成はコンテンツSEOでは必須といえるでしょう。

上位記事の内容を参考にする

ユーザーにとってより良い記事がどんなものかを知りたければ、同じキーワードで検索結果が上位に表示されるサイトを参考にするのも、おすすめです。

検索結果で上位に表示されているということは、ユーザーのニーズを満たすと同時に、検索エンジンからも高い評価を得ている良い記事だという証拠にほかなりません。

したがって、上位記事の内容をチェックするのは、コンテンツSEOの効果を上げるためにも大切なプロセスといえるでしょう。

上位記事と比較して記事の内容量は十分か・魅力あるタイトルか・キーワードをしっかり盛り込めているかなどをチェックしてください。

お手本にすべき点を意識しながら、ユーザーにとって、さらに有益なコンテンツとなるには何が必要か、よく考えてみましょう。

独自性を追求する

ライバル企業と似たような記事ばかり公開しても、思うような集客にはつながらないでしょう。

差別化をはかり、ビジネスチャンスへつなげるためには、自社だからこその独自性を追求することが大切です。

Googleでは、コンテンツの品質を評価するために「E-A-T」という要素を重視しています。

これは、「Expertise(専門性)」「Authoritativeness(権威性)」「Trustworthiness(信頼性)」の頭文字を取ったもので、サイト全体に求められるコンテンツSEOの大切な考え方です。

上位サイトを参考にしたとしても、単なる焼き直しでしかないと判断されれば、検索上位に取り上げられることは難しくなります。

そのため、ユーザーにとって新鮮な発見をもたらしてくれるような、独自性のあるサイト作りは、コンテンツSEOの大切な視点といえるでしょう。

まとめ

インターネット上でビジネスを展開するならば、たくさんの集客を見込めるコンテンツSEOがおすすめです。

コンテンツSEOには、見込み客のファン化・同じ層のユーザー集客・継続的な集客といったメリットがあります。

結果が出るまでの期間の長さや効果計測の必要性がデメリットとなりやすいものの、その特徴を押さえれば、大きな効果が見込めるでしょう。

キーワード選び・記事数の多さ・上位記事との比較・オリジナリティの追求といったコツを意識して、魅力あるコンテンツを公開してみてください。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます