ロングテールSEOってなに?そのやり方について解説!

ロングテールSEOってなに?そのやり方について解説!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

インターネットが身近になった現代では、新しいものを買う際には、まずインターネットで情報を調べてからという方が増えています。

そのようなユーザーの流入をねらった施策が、SEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)です。

SEOにはさまざまな手法があります。

その中でも、検索回数の多いキーワードより、検索回数の少ないキーワードからのユーザー流入を重視する施策が注目を集めています。

そこで今回は、スモールキーワードを軸とした「ロングテールSEO」について、詳しく見てみましょう。

ロングテールSEOとは?

SEOでは、いかに多数のユーザーにWebサイトを訪れてもらうかが大切です。

しかし、たくさんのユーザーが検索するような「ビッグキーワード」で上位表示をねらうのは、困難な作業でしょう。

そこで少数のユーザーに的を絞って、少ないニーズを積み重ねて集客につなげようというのが、「ロングテールSEO」の考え方です。

メジャーなロングテールSEOの手法としては、ビッグキーワードとの組み合わせ検索からのアクセス数増加といったものがあげられます。

集客効果が少ないと感じられるかもしれませんが、検索結果の競争率を下げつつ、コンテンツとユーザーとのマッチ度を高められるため、ロングテールSEOは有効な手段なのです。

ここからは、ロングテールSEOの特徴をチェックしてみましょう。

ロングテールSEOの特徴

大手のWebサイトでなくても検索結果上位をねらえるのが、ロングテールSEOの魅力です。

しかしそれ以外にも、ロングテールSEOにはたくさんの特徴があります。

ここからは、以下4つのポイントを見てみましょう。

・費用を抑えやすい

・時間と人が必要になる

・長期的に集客できる

・成果が出るまでに時間がかかる」

ロングテールSEOには、良い点はもちろん、注意しておきたい点も存在します。

それぞれの特徴を詳しくチェックして、ロングテールSEOがどのようなものか把握してみてください。

費用を抑えやすい

ロングテールSEOは、実施する際に費用があまりかかりません。

SEOを外部に発注する方法もありますが、パソコンとインターネット環境さえあれば自社内で作業できるため、大幅にコストカットが期待できるでしょう。

通常、商品やサービスを効果的に売りたいならば、販促活動にかかるマーケティングコストが必要になります。

マーケティングコストとは、テレビCMや新聞広告といった日常生活で目にするものはもちろん、展示会やセミナーなどのイベントでもかかる販促費用のことです。

ロングテールSEOでは、こうしたマーケティングをインターネット上で完結させるため、多額の予算は必要ないのが一般的でしょう。

必要となるのは、インターネットのための機材費とコンテンツを作成する人件費などです。

そのため、地道ながらも低予算で始められるのが、ロングテールSEOのメリットといえます。

時間と人が必要になる

コストを抑えながら取り組めるのはロングテールSEOのメリットですが、一定の時間と人の確保に悩むケースもあります。

ロングテールSEOでは、ユーザーにとって有益な情報が掲載されたページをいかに量産できるかが、成功のカギになるでしょう。

そこには、ニーズは低くても有益な情報によって少数のユーザーをキャッチし、集客の合計数を増やしたいという考えがあります。

したがって、質の良いコンテンツをたくさん作り出すための時間や人手が必須です。

時間不足や人手不足は、コンテンツの質の低下につながりかねません。

コンテンツの質が下がれば、当然ながらユーザーの満足度も下がり、集客効果は低くなるでしょう。

ロングテールSEOの効果を上げるためには、人員を増強するか外部に依頼することも考えてみてください。

長期的に集客が行える

ロングテールSEOは、長期にわたって安定した集客が見込める方法です。

一度にたくさんの集客を見込めるものの、競争率の高いビッグキーワードだけでは、順位争いはきびしいものとなります。

その点ロングテールSEOならば、少数派のニーズに着目しているため、競争率が急に上がることはありません。

さらにコツコツと地道に作り出した大量のコンテンツは、良質な情報の集合体となります。

これを公開し続けるだけでも、安定した集客が見込めるでしょう。

コンテンツの中に集客の低迷しているものがあったとしても、全体の集客にはほとんど影響がない点も、ロングテールSEOならではのメリットです。

安定した長期的な集客をねらうならば、ロングテールSEOが有効手段となるでしょう。

成果が出るまで時間がかかる

インターネットを使ったSEOでは、成果が出るまでに時間がかかります。

これは検索エンジンが、Webサイトの情報を収集する際に時間がかかるためです。

新規作成したページであれば、検索結果に反映されるまでに早くても数週間、長ければ数ヶ月程度かかります。

さらにロングテールSEOでは、一つひとつのキーワードからのユーザー流入数が少ないため、多くのユーザーが訪れるまでには長期戦を覚悟しなければなりません。

また、成果が見えない場合には、コンテンツの手直しも必要になります。

この手直しが集客につながるまでにも、ある程度の期間が必要です。

長期的に安定した効果は大きな魅力ですが、すぐに目に見える効果が欲しいならば、ロングテールSEOは不向きかもしれません。

ロングテールSEOのやり方

ロングテールSEOで集客をねらうならば、計画的にその施策を進めていかなくてはなりません。

ロングテールSEOでは、「キーワードの選定」「コンテンツの作成」「効果計測」といったプロセスを何度も繰り返し、たくさんのコンテンツを充実させていきます。

地道な作業の繰り返しとなりますが、こうしたプロセスなしには、ロングテールSEOを利用した集客はできません。

ここからは各プロセスの内容を詳しくチェックして、ロングテールSEOの進め方を把握してみてください。

1.キーワードを選定する

ロングテールSEOでは、まずキーワードの選定が必要です。

少数ながらも確実にユーザーを取り込めるようなキーワードが大切になります。

キーワードがニーズに合っていなければ、思うような集客にはつながりません。

競合の多い人気キーワードを選んでしまうと検索上位に表示されにくいため、たくさんの集客は見込めないでしょう。

そのため、ある程度のニーズが見込めると同時に、競合の少ないキーワードで検索上位をねらわなければなりません。

具体的にはメインとなるビッグキーワードに、少数派ニーズ向けのキーワードを組み合わせて作るのが一般的です。

たとえば「暖房」というビッグキーワードをメインに考えるならば、「暖房 省エネ 安全」といった、ユーザーの志向を考えてみましょう。

良く使われる人気キーワードを表示させる「Googleサジェスト」などのツールを利用してみるのも有効です。

2.コンテンツの作成

キーワードの選定ができたら、それを盛り込みながらコンテンツを作成していきます。

コンテンツは、ユーザーとの接点となる大切な場所であり、内容はユーザーにとって有益なものでなければなりません。

主要検索エンジンであるGoogleは、検索結果の上位表示に必要な要素として、ユーザーの利便性を第一に考えること・ユーザーをだまさないこと・不正行為をしないことをあげています。

こうした品質に関するガイドラインを守れば、結果的にユーザーの利便性が上がり、検索結果の上位表示がねらえるのです。

また、ユーザーを第一に考えるならば、「Expertise(専門性)」「Authoritativeness(権威性)」「Trustworthiness(信頼性)」の頭文字を取った、E-A-Tの視点も考慮してみてください。

3.コンテンツの効果計測を行う

魅力的なキーワードで、ユーザーに有益となるコンテンツを作成したら、Webサイトに公開して、その効果計測を実施しましょう。

効果計測とは、その施策の結果を数値化したものです。

効果計測をすることによって、施策の効果が目に見える形になります。

効果測定の指標としては、キーワード順位や顧客流入数が一般的です。

こうした測定によって、選定したキーワードや作成したコンテンツに、どのような集客効果が見られるのかを把握できます。

キーワードを選定した時点で見込んだ集客と、実際の集客数・検索キーワードにどれだけの違いがあったのかを知れば、ユーザーの新たなニーズが見えることもあるでしょう。

また、効果計測の結果、思うような集客とならなかったコンテンツに対しては、リライトなどの改善策を講じるのも大切です。

4.1~3までを大量に繰り返す

キーワードの選定・コンテンツの作成・効果計測までが、1つのコンテンツに対する作業です。

ロングテールSEOでは、この一連の作業を何度も繰り返して、大量のコンテンツを生み出さなければなりません。

ユーザー目線に立って、意義のあるキーワードを見つけ続けることは、コンテンツの充実のために大切な第一歩です。

また、質の高いコンテンツを作り続けることは、より多くの顧客流入のためには欠かせない作業でしょう。

さらに、定期的に効果測定を続けて、情報のアップデートをしながらコンテンツの改善に努めれば、個々のコンテンツの品質が保たれてサイト全体の価値が上がります。

地道な作業であっても一つひとつのプロセスをおろそかにせず、コツコツと積み上げてはじめて効果を現すのが、ロングテールSEOなのです。

まとめ

ロングテールSEOとは、ライバルの多い検索キーワードを避けて、ニーズの少ないキーワードからの顧客流入をねらうWebマーケティングの手法です。

この手法には、広告費などがかからず費用を抑えやすい・コンテンツを公開し続ければ長期的な集客が見込めるといった利点と、時間と人手が必要となる・成果が出るまでに時間がかかるといった大変さもあります。

ロングテールSEOで集客を目指すならば、キーワードの選定・コンテンツの作成・効果の計測といったプロセスを、地道に繰り返す作業が不可欠です。

ロングテールSEOの特徴とやり方をチェックして、より良い集客方法を検討してみてください。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます