逆SEOってなに?そのやり方とコツを解説!

逆SEOってなに?そのやり方とコツを解説!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

近年はインターネットの普及により、誰でも気になったことがあればすぐに検索できます。

スマートフォンはもちろん、タブレットやパソコンからでもネット環境が整っていれば問題ありません。

何かを検索したときに、検索結果が上位になるように対策するSEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)はどの企業も実施しています。

なぜなら検索上位にあるほど、サービスや商品が広く世の中に周知されるからです。

逆SEOとは?

企業の検索結果を上位にすることで生じるのは、サービスや商品に対する誹謗・中傷やネガティブな情報になります。

そのため、「逆SEO」や「ネガティブSEO」と呼ばれるネガティブ情報や誹謗中傷の検索順位を下げ、ユーザーに悪い情報が認知されないよう対策をする企業が増えています。

ネガティブな情報は当事者に依頼して削除してくれれば問題はありませんが、対応してもらえない場合もあるのです。

もちろん事実に基づく内容であれば、企業側にとってはサービス改善のチャンスになりますが、事実とは異なる悪意あるコメントなどの場合、顧客獲得のチャンスを失うことにつながってしまうのです。

検索エンジン最適化であるSEOは一般的ですが、逆SEOの取り組みも企業にとってサービスや商品を広く周知するためには必要な方法となります。

逆SEOのメリット

それでは、逆SEOのメリットはどのようなことがあるでしょうか。

風評被害対策はもちろん、サービスや商品の売り上げ向上、好感度アップなどにつながります。

新しいサービスを始めるときや新商品を購入するときに、事前にネットで調べる方も多いです。

そのときの検索結果の上位にネガティブ情報や誹謗中傷がないと、顧客の購買意欲を上げる結果となります。

昔の逆SEOとしては、無料ブログや外部リンクに頼った対策を主流としていましたが、Googleアルゴリズムの変更が繰り返される中では、検索結果の上位に表示されるのは困難な状況になりました。

現在はコンテンツを重視した質の良いブログやSNSなど、外部リンクに頼らない対策が必要となっています。

風評被害対策

企業や個人の誹謗中傷が書かれたネガティブなサイトに対して逆SEO対策を行えば、それらを目にする人は少なくなります。

「あの企業のサービスは使わない方がいい」「あの店の接客態度は最低」などと記載されたページが上位に表示されてしまうと、企業やお店の信用は下がってしまうでしょう。

誹謗中傷や悪口の内容が、明らかな名誉棄損や業務妨害などの罪に該当する場合には、しかるべき方法で管理者に削除を依頼すべきです。

しかし、言論の自由などの問題もあり、削除依頼に応じてもらえないこともあります。

その場合に逆SEO対策をすることで、検索されても下位に表示されるようにすれば、顧客がその情報を目にする確率を下げられるでしょう。

ネットが普及している中、多くの人がネットで情報を得る時代になり、顧客に対してどう伝わるかが大事になります。

売り上げを上げる

逆SEOではポジティブな内容のサイトを上位表示させます。

したがって、ポジティブな内容を多くのユーザーに見てもらいやすくなるのです。

「この製品は使いやすかった」「お店の料理や店員の接客が最高でした」などの書き込みを見ると製品を購入したくなったり、実際にお店に行きたくなったりします。

そのため、企業やお店にとってはポジティブな内容が検索上位にあると、売り上げアップにつながる可能性があります。

飲み会などでお店を探す際に、近くのお店を検索し、コメント内容を確認する人も多いです。

飲食店などは顧客がお店に来店しないと、料理の味や接客の良し悪しなど判断できません。

ネット検索で上位になると人気も上がり、売り上げも向上します。

そのため逆SEOを理解し、ネガティブな情報の対策をすることは、企業の継続的な繁栄には欠かせません。

好感度を上げる

ネガティブなサイトより上位にポジティブなコンテンツが表示されれば、企業のブランドイメージ向上を実現できます。

たとえば飲食店を探すときに、検索結果の上位に「料理がおいしい」「コスパ最強」「お店の雰囲気が良い」などが表示されると気になり、行きたくなるでしょう。

そして実際にお店へ訪れたときに評判通り、またはそれ以上に楽しめると、その顧客からも良い評判が広がります。

実体験以上に信頼できる情報はありませんが、検索上位にポジティブな内容が記載されていると、お店に来店してくれる可能性も高まるでしょう。

また企業にとっても、検索したときにポジティブな内容が上位にあると、仕事へのモチベーションアップにつながります。

顧客はもちろん、従業員の好感度も上がり、より質の高いサービスを提供できるようになります。

逆SEOのやり方

実際逆SEOの手法を2つご紹介します。

Googleはサイトを評価するうえで、ユーザーが検索した際に、その検索意図をくみ取って、最適な検索結果を表示しようとしています。

そのためコンテンツの質と量、ペルソナの精度を上げる必要があるでしょう。

逆SEOの効果は時間がかかる場合もありますが、定期的にコンテンツの内容とペルソナの設定を改善することで検索結果にも影響します。

検索結果に注意しながら改善することで、ペルソナの精度も上がり、顧客の検索意図がくみ取れた内容を表示することが可能となります。

コンテンツの質を高める

検索下位にしたいネガティブな記事の代わりに、上位記事にあげたい記事の内容は、ポジティブかつ質を高めたものでないと、上位に表示されない傾向にあります。

コンテンツの質を高めた内容にするため、必要になるのは文章です。

別サイトをコピーした内容ではなく、中身がしっかりとした独自性のある文章で作成すると、検索した際の評価は高くなります。

誤字脱字はもちろん、意味の通った日本語やわかりやすいシンプルな内容にすることで、顧客からの支持も向上するでしょう。

またブログやSNSであれば定期的に、できれば毎日、新しい内容がアップされることで検索上位になることもあります。

質の高さの更新頻度により、顧客からも信頼できる内容と判断されることが多いです。

ペルソナの精度をあげる

ペルソナの内容を詰め、どのような人がどのような意図をもっているのかを調べることで逆SEOの効果を上げられます。

ペルソナとは、サービス・商品の典型的なユーザー像のこといい、実際にその人物が実在しているかのように、以下のような項目を設定します。

・年齢

・性別

・居住地

・職業(役職)

・年収

・趣味

・特技

・価値観

・家族構成

・ライフスタイル

たとえば、飲食店のコンセプトは20代など若者向けだった場合、性別やお店の場所、ライフスタイルなどを意識すると顧客の知りたい情報が伝わりやすいでしょう。

そのうえで、実際に利用した顧客の意見や声をもとに、新商品などを企画すると多くの顧客が購入したり、リピーターになったりするでしょう。

最初からペルソナの精度を上げることは難しいですが、徐々にイメージを具体的にすることで精度も上がってきます。

まとめ

多くの企業がSEO対策をしていますが、ネット社会になり、ネットでの評判が左右する時代になってきました。

ポジティブな情報とネガティブな情報はどちらも存在し、企業価値を高めるためにも検索結果はポジティブな情報が上位に来るよう保つ必要があります。

そのため、逆SEO対策としてコンテンツの質やペルソナの精度を上げることで、世の中により良いサービスを提供することが重要になります。

まずは、企業について検索結果をまとめ、具体的な対策プランを立てることから始めましょう。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます