【マーケ用語解説】UXとは何?どのように効果を伸ばすの?

【マーケ用語解説】UXとは何?どのように効果を伸ばすの?

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

私たちは日々、消費をしながら生きています。

インターネットが普及し身近になった今、私たちの暮らしにマーケティングは密接に関係しています。

よりすぐりの素晴らしい製品を作っても、実際に売れないと意味を持ちません。

すべてはマーケターの腕次第ということです。

現代では実物を前にしなくても、インターネットで簡単に製品の情報を得ることができます。

消費者の動向を知り、魅力を最大限に伝えられる感性がマーケターにとって重要なカギとなるのです。

マーケティングについて調べると、「UX」という専門用語をよく見聞きするようになります。

ユーザーエクスペリエンス(UX)とは?

UXとは、ユーザーエクスペリエンス(User Experience)を略したもので、ユーザーが製品やサービスを通じて得られる体験という意味です。

一つの製品に対して見た目や機能などの、従来提供してきた基本的な情報だけではなく、使用感を情報としてプラスすることにより、ユーザーはその製品の購入を検討します。

ユーザーに製品の使いやすさや、実際に使った感想、活用法などの情報を提供することで、他社の製品と比べることができるのです。

インターネットの普及により、製品の情報を誰でも簡単に検索し閲覧できるようになりました。

閲覧しやすいWEBサイト作りや注文しやすいシステムを構築することも、ユーザーにとってのサービスであり体験とも言えます。

また、ユーザー側についても、SNSや口コミサイトによりインターネット上で自らの意見を発信することが簡単にできるのです。

UXは製品を世の中に送り出すうえで、重要な役割と言えます。

 

UIとUXの違い

UXと合わせてよく用いられる言葉に「UI」があります。

UIとは、ユーザーインターフェース(User Interface)の略です。

UXはユーザーが製品やサービスを通じて得られる「体験」であり、UIは「接点」ですので別の意味となります。

製品を購入する際に閲覧するWEBサイトの、デザインやフォントなどユーザーの目に触れる情報はすべてUIと言えます。

また、閲覧する際に使用するPCやスマートフォンもUIに含まれるのです。

意味は異なりますが、UXとUIはセットで考えられることが多くあります。

ユーザーにとって満足度の高いUXを実現するには、UIも必要不可欠だということです。

製品そのものの魅力を伝えるのはもちろんですが、WEBサイトの見た目もユーザーを引き込む要点となります。

UXの向上のコツとは?

UXに正解はありません。

あるとするならば、それはユーザーの高い満足度です。

まずは、ユーザーの目線に立ったWEBサイトを作成しサービスを提供することです。

ユーザーに共感することが、非常に重要となります。

ユーザーのニーズを適切に把握し、使いやすい、わかりやすい、見やすいコンテンツを提供することで、ユーザーの満足度が上がります。

その結果、UXの向上につながり、販売促進やリピーターを生み出すことができるのです。

UIの向上には、ユーザーのニーズをどれだけ実現できるかがカギとなります。

ペルソナを設定する

ペルソナとは、もともとラテン語で、人格という意味です。

劇の中で使用する仮面のことをペルソナと呼びます。

それが起因となり、心理学者のユングが人間の外的側面をペルソナと例えるようになりました。

よってマーケティングの中では、製品やサービスを利用するターゲットとなるユーザーモデルを指します。

UXを考える際に、年齢、性別、居住地、職業、年収、家族構成等をきめ細かく設定するのがペルソナです。

まるで現実に存在しているかのように、リアリティのある仮想のユーザーのプロフィールを作ります。

ペルソナを作り、実際に仮想のユーザーを立てることで、具体的なリアクションを考えることができ、ユーザー目線で開発できるのです。

実際に使用してもらう

実際に試験的に身近な対象となる人に使用してもらうことも、UXにおいて有効な手段となります。

人それぞれ感覚は異なりますので、実際に使用してもらい、本当に開発側が思い描いたような使用ができるかどうかを、実際に確かめるのです。

使用者のリアクションや使いやすい、使いづらいなどの感想を聞くことにより、どういった点を改善すれば良いのか確かめることができます。

改善と試験的な使用を繰り返すことで、よりユーザー満足度の上昇が期待できるとともに、こちらが考えたサービスに引き込みやすくなるのです。

UXにおいて、ユーザーの利用しやすいといった感覚や共感は最重要ですので、ユーザーの気持ちに添うように改善を進めていきます。

各媒体別のUX例

UXで戦略を考える際に、「マス媒体」「SP媒体」「インターネット媒体」の3種類を把握しておくと良いでしょう。

「マス媒体」とは、テレビ、新聞、雑誌、ラジオといったメディアへの掲載をする広告です。

「SP媒体」とは、電車内の電子広告、DM、チラシ、POPが該当します。

ほかに、スーパーなどに貼られているポスターやプレゼントキャンペーン、イベントにスポンサーとして協賛することも含まれるのです。

「インターネット媒体」とは、WEBサイト上でのバナー広告、ネットCM、検索時に入力したキーワードに関連した広告が出るリスティング広告、メールマガジンがあります。

広告運用の場合

広告運用とは、媒体に出回る広告を運用、管理することで販売促進を図る方法です。

いかにユーザーの目に留まるような広告を作るかどうかが、重要なポイントとなってきます。

たとえば、衣類の通販などの広告の場合、実際に購買までのイメージや割引などを提示することで、ユーザーの行動や興味に共感を及ぼすのです。

簡単に購入できるシステム、製品の良い点、セール情報等の割引を広告として提示することで、ユーザーの購入しやすい環境を整え、購買意欲を掻き立てることができます。

広告運用を行うことで、当初購入目的のなかったユーザーに関しても、広告が目に触れることで興味を持ち認知させることが可能です。

ユーザーが自ら検索しなくても、幅広い宣伝効果が期待できるので、広告運用は実践的な強い戦略となります。

オウンドメディアの場合

オウンドメディアとは、自社で保有するメディアのことです。

自社発行のパンフレットや、自社WEBサイト、ブログなど、販売者側が自ら所有し、ユーザーに向けて発信するすべての媒体です。

近年のインターネットの普及や、スマートフォンの所有率が増加したことにより、利用する販売者が増えています。

メディア内の広告の場合、自社メディアの登録を促す際に、「お悩みの方はまずは登録」など、ユーザーの悩みに共感を及ぼし、実際に体験につなげるのです。

ユーザーの気持ちに共感することで、こちらのサービス内容を知ってもらい、新たなユーザーを獲得する効果が期待できます。

また従来のユーザーに関しても、自社メディアということにより、より詳しい情報を提供することが可能となります。

まとめ

インターネットの普及により、ユーザー側が簡単に興味のある製品やサービスを検索できるようになりました。

現代社会で製品を販売するには、製品の良さだけではなく、ユーザーの視点に立ったサービスを提供し販売することが重要です。

ユーザーが満足いく体験を得るには、製品やサービスの改善が幾度となく必要となります。

UXを考え、実現することはマーケターにとって、販売促進へつながる重要な作業です。

UXはマーケティングを進めるうえで必要不可欠な作業なのです。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます