Webマーケティングとは?なぜ重要なの?簡単に始める方法もあわせて!

Webマーケティングとは?なぜ重要なの?簡単に始める方法もあわせて!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

 

はじめに

老若男女がインターネットを利用する時代になりました。

無数の情報の中から、自社のビジネスをユーザーに気づいてもらうには工夫が必要です。

さまざまなマーケティング手法の中でも、近年重要視されているのがWebマーケティングです。

よく耳にはするけれど、具体的には知らない方が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、Webマーケティングの定義や重要視されている理由、簡単に始める方法を解説します。

最後まで読んで、ビジネスに大いに活用していただければ幸いです。

Webマーケティングとは?

Webマーケティングは、現代ビジネスを展開していくために必須のマーケティング手法です。

Webサイトの訪問者数やどのリンクをクリックして訪問したのかなどのデータを、正確に数値で確認できます。

これらの情報をもとに改善を行い、ビジネスを拡大させるのが目的です。

Webマーケティングを取り入れることで、自社の情報をターゲット層に発信できます。

ネット上にあふれる情報の中に埋もれてしまわないように、まずは定義を理解しましょう。

そもそもマーケティングとは?

「マーケティング」とは、「より多くの商品・サービスを売るための活動」を指します。

どういう人に購入してもらうのか、どのような手法で売り出すのかを考えることです。

企業から購入を勧めるのではなく、客が自然と買いたくなる状態が理想であると、経営学者のドラッカー氏は述べています。

その理想の状態に近づけるには、客のニーズに合う商品をターゲット層に向けて発信しなくてはいけません。

そのためには、入念な下調べや広告活動、データ分析などを行います。

マーケティングの第一歩は、客が何を求めているのかを正確に知ることです。

そしてターゲットに合う広告宣伝を行えば、効率良く商品を知ってもらえます。

こまめにデータ分析を行い、改善につなげることも大切です。

Web上で行うマーケティングって何?

では、Web上で行うマーケティングは、具体的にどのようなことを指すのでしょうか。

検索エンジンで知りたいことを調べると、結果の上部に広告が出てくることがあります。

それらはリスティング広告と呼ばれるメジャーな広告手段です。

そのほかにも、SNS広告、アフィリエイト広告などがあります。

広告の機能は、情報を伝えたり、客の購買意欲を刺激したりすることです。

Webマーケティングは、広告の効果を最大化するための施策を行うマーケティング手法です。

Webサイトのどの部分が最も読まれているのか、どこがクリックされたのかなどのデータを収集します。

その数値をもとに、誘導の仕方や商品の見せ方を探るのです。

分析を行うことで、より大きな効果を生む広告を作り出せます。

Webマーケティングはなぜ重要?

現代ビジネスにおいて、Webマーケティングはなぜ重要なのでしょうか。

インターネットが普及しきっている社会では、ビジネスの主戦場はもはやWebであるといっても過言ではありません。

Webを制する者がビジネスを制するのです。

Web上でのサービスは年々増加傾向にあり、それに伴って競争は激化しています。

多種多様なサービスが存在する中で、ただWebサイトを公開しただけではユーザーに見つけてもらえません。

ユーザーは必要な商品やサービスを探す時に、キーワード検索やSNSの情報を参考にします。

いかにユーザーの目に留まり、利用してもらうかを考え分析しないと、競争に負けてしまうでしょう。

ユーザーに自社サービスを知ってもらうための施策を行うのがWebマーケティングです。

Webマーケティングを取り入れずにサービスを打ち出しても、競争に勝つことは難しいと言えます。

もちろん商品やサービスの魅力は必要ですが、その前にまず知ってもらうことが重要なのです。

Webマーケティングを始める前に

Webマーケティングがどれほど重要なのかは、ここまでお伝えした通りです。

早速自社でも取り入れようと腰を上げた方もいるのではないでしょうか。

しかし、なんとなくWebマーケティングを始めるのは効率が良いとは言えません。

施策に時間と人員を割く以上、コストパフォーマンスの良さは考慮すべきです。

無駄なく進めるためには、事前準備が欠かせません。

次は、Webマーケティングを始める前にやっておかなくてはならないポイントを、流れに沿って解説します。

具体的な目標設定

まず必要なのは、具体的に目標を設定することです。

明確な目標がない状態では、何をすれば良いのかも判断できません。

自社の課題を認識することが、正しい目標設定につながります。

目標が定まれば、自ずとやるべき施策が見えてくるでしょう。

目標を達成するための細かな指標のことを「KPI(Key Performance Indicator)」と言います。

KPIは数値化されたものです。

たとえば、Webサイトへのアクセス数や成約率、リピート率などが該当します。

KPIを設定せず場当たり的に施策を行っても、本来の目標を達成することは難しいでしょう。

施策の効果を数値で判断できるKPIの設定は、Webマーケティングの重要なポイントです。

自社のサービスを把握する

2つめのポイントは、自社のサービスを把握することです。

サービスのアピールポイント、ターゲット層のほかに、ライバルとなる企業・サービスを認識しておかなくてはいけません。

近年は「LP(ランディングページ)」と呼ばれる、ユーザーが最初に訪れる商品ページが注目されています。

自社サービスの魅力を掴めていない状態では、LPを企画するにあたって効果的な画像・テキストの提案ができません。

また、ターゲットが男性なのか女性なのか、何歳くらいなのかによっても、LPの構成は異なります。

ライバルがどのように公開しているのかといった調査も必要です。

自社のサービスを詳細に把握することは、効率の良いWebマーケティングを行うことにつながります。

必要なツールを揃える

ポイントの3つめは、Webマーケティングに必要なツールを揃えることです。

Googleの「Analytics」や「Search Console」といった基本的なツールは用意しておきましょう。

どちらのツールも、Webサイトにアクセスしたユーザーの行動を分析するためのものです。

大きな違いは、「分析するタイミング」と「機能面」です。

AnalyticsはWebサイトへのアクセス後の行動を分析するのに対し、Search Consoleはアクセス前の行動を分析します。

また、前者が分析できるのはサイトのアクセス状況であるのに対し、後者はそれに加えてユーザーから施策のリクエストを行えるのです。

無駄のないWebマーケティングのためには、ツールを組み合わせて使いこなすスキルが必要です。

Webマーケティングの集客施策

Webマーケティングとひと口に言っても実にたくさんの種類があり、すべてを把握するのは骨が折れるでしょう。

ビジネスの最大の目的である「利益をあげること」においては、集客施策が功を奏します。

集客施策で知っておくべきポイントは4つです。

Webマーケティングの基本とも言えるこの4つのポイントをわかりやすくお伝えします。

SEO対策、広告の運用、SNSアカウントの運用、セミナー開催です。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

SEOマーケティング

「SEO(Search Engine Optimization)」とは、検索エンジン最適化のことです。

検索エンジンで、ユーザーが自社の商品やサービスに関連するキーワード検索をする際に、検索結果の上位に表示されるようにします。

すると、ユーザーの目につきやすくなるため、自社のWebサイトへのアクセス数が増えるわけです。

このことをSEOマーケティングと言い、一般にSEO対策とも呼ばれています。

SEO対策をしたからといって、すぐに結果を出せるわけではありません。

およそ半年は必要です。

即効性はないものの、上位に表示されるようになれば、Webサイトへのアクセス数をしばらく維持できます。

Webサイトへの流入を増やし、長期的にユーザーを獲得するためには必須の施策です。

広告運用

Webサイトを閲覧していると、あらゆる場所で広告を目にします。

この広告のリンクから自社へのサービスへと誘導する施策が広告運用です。

広告を効果的に運用していくことは、集客には欠かせません。

活用できれば大きな成果をあげることも可能です。

Web広告にもさまざまな種類があります。

商品やサービスを届けたいターゲット層によって使い分けると良いでしょう。

ここでは主要な2つの広告、「リスティング広告」と「SNS広告」を紹介します。

リスティング広告

一つは「リスティング広告」です。

商品やサービスを検索エンジンでキーワード検索すると、まず検索結果画面に移ります。

その画面の広告枠に表示させる広告が、リスティング広告です。

基本的には目につきやすい上部や下部に表示されます。

一般の広告料にプラスして支払うことで、すぐに上位表示させることが可能です。

また、クリック数に応じて費用が発生します。

高い料金を払ったからといって、効率が良いかといえばそうとも限りません。

広告効果をアップさせるためには、キーワードの選定や表示させる場所の設定など、細かい運用や管理が必要です。

リスティング広告について詳細に書かれた記事へのリンクをご用意しました。

もっと知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

→https://promotion-chikara.com/article/306128

SNS広告

主要なWeb広告の2つめは「SNS広告」です。

その名の通り、SNSメディアの「Twitter」や「Instagram」、「Facebook」などに出す広告のことです。

通常の投稿と似た形式で表示されるため、ユーザーに与える抵抗感は少ないと言えます。

男女問わず幅広いユーザーが利用する検索エンジンに比べると、SNSはやや若い世代の利用率が高いです。

メディアそれぞれに特色があるため、ターゲットとするユーザーが多く利用しているものを見極める必要があるでしょう。

メディア内でもさらにターゲットなどを詳細に設定し、広告を打ち出すことが可能です。

こちらのSNS広告についても、より詳しい記事をご紹介します。

SNS広告の利用を検討している方は、ぜひあわせてお読みください。

→https://promotion-chikara.com/article/306124

SNSアカウント運用

集客施策の3つめのポイントは、SNSアカウントの運用です。

TwitterやInstagramなどのSNSメディアで、自社のアカウントを作成します。

そのアカウントを使って、自社の商品やサービスなどを発信する運用方法のことです。

ただアカウントを作成するだけでは、見てくれる人はほとんどいません。

発信の内容やタイミングを工夫するなど、アカウントのフォロワー数を増やす施策が必要です。

SNSメディアの特色を適切に把握し、良い注目を集めるような発信を積極的に行います。

広告の運用とは違って発生するコストが低く、手軽に始められることが大きな魅力です。

ユーザーとの距離が近いため、親しみを持ってもらえたり、ニーズを把握しやすかったりといった部分も利点と言えるでしょう。

セミナーなどの開催

4つめのポイントは、セミナーなどを開催することです。

オンライン上で開催されるセミナーで、ウェビナーとも呼ばれています。

講師が行うものやあらかじめ用意されたWeb動画を視聴するものが主流です。

自社のサービスに興味を持ってもらうため、誘導の仕方やアピールポイントの伝え方を工夫しなくてはいけません。

セミナーの開催方法は主に3つのタイプがあります。

自社の顧客リストにもとづき単独で開催するもの、他社と共同開催するもの、外部イベントへの協賛や登壇です。

開催費用もピンキリで、単独であれば安く開催でき、外部イベントへの登壇となると数百万が必要になります。

初めて開催する場合は単独開催でまず慣れて、様子を見ながら規模を大きくすると良いでしょう。

施策で行うWebマーケティングの改善点

集客施策を行っても、初回で良い結果を生み出せることは滅多にありません。

ビジネスの目的である利益拡大のためには、Webサイトに訪れたユーザーが購買活動に至ってくれることが必要です。

改善点を見つけるための指標として、コンバージョン率と離脱率があります。

最後にこれらについて詳しく見ていきましょう。

改善なくしてWebマーケティングに成功なしです。

数値をもとに、確実に成果を出せるWebサイトの完成を目指してください。

コンバージョン率

コンバージョンとは、前もって設定した成果をユーザーが達成することです。

一般的に商品販売ページであれば購入、サービス登録ページであれば申し込みがコンバージョンとなります。

Webサイトにアクセスした人のうち、どれくらいが実際にコンバージョンまで進んだのかを数値で表したものが「コンバージョン率(CVR)」です。

「コンバージョン率=コンバージョン数÷セッション数×100(%)」で計算できます。

訪問者が多くてもコンバージョンに至ったユーザーが少なければ、コンバージョン率は低いです。

業界や商材によってもコンバージョン率の平均値は異なります。

LPの場合はおよそ2~3%です。

ユーザー目線でWebサイト設計ができれば、数値を上昇させられます。

離脱率

離脱率は、ユーザーがWebサイト内での検索を終えてサイトを退出した数を表します。

ユーザーは必ずどこかのタイミングで退出するため、理論上一つのWebサイトでの合計は100%です。

Webサイト内の回遊率を見る部分でもあります。

計算式は「離脱率=Webページの離脱数÷WebページのPV数×100(%)」です。

ページの特性によっても離脱率は変わるため、離脱率の平均値はありません。

たとえば、フォーム送信後の完了画面では、ユーザーが行動を終了し画面を閉じて退出するため離脱率は高くなります。

離脱率をもとに改善を行う際は、次のポイントを意識しましょう。

それぞれのページから次のページへの動線が見やすいか、クリックしたくなるデザインになっているかの2点です。

まとめ

今回は、近年ビジネスのマーケティング手法として重要視されている、Webマーケティングについて解説しました。

インターネットには無数のWebサイトがあふれているため、ユーザーへのアピールが必要です。

Webマーケティングの始め方やツールなどの理解を深め、こまめに分析を行ってください。

何よりも結果をもとに改善を行うことが大切です。

そうすれば、きっと自社の商品やサービスがユーザーに認知され、大きな成果をあげる日がくるでしょう。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます