TikTokをビジネスで運用するメリット|9つの事例もあわせて紹介

TikTokをビジネスで運用するメリット|9つの事例もあわせて紹介

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

「TikTokをどのようにビジネスに運用すれば良いのか分からない」
「始め方やポイントはなんだろう?」
このように、TikTokをビジネスに運用することを検討している方の中には、たくさんの疑問や不安があるのではないでしょうか。

 

本記事では、ビジネス運用に特化したTikTokツールや運用のメリット、運用する際のポイントなど、基本的知識だけではなく実践的な部分まで幅広く紹介していきます。

 

 

この記事を通して、TikTokについて知識を深め、具体的な事例を参考に事前準備を行うことで、初めての方でも自信を持ってチャレンジすることができるでしょう。

 

 

TikTokをビジネスに活用することに興味がある方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

 

ビジネスに活用できるTikTokツールとは

TikTokとは、元々一般ユーザーの利用者が大半を占めているSNSアプリで、15〜60秒の動画撮影、編集、投稿などが手軽に行えるものです。

 

他の人が制作した動画を見て、いいねやコメントでリアクションなどをすることができます。10〜20歳代の若年層ユーザーから圧倒的支持がありますが、最近は中高年の利用者も増加しています。

 

 

そんな中2020年6月に、企業向けのTikTokツールがリリースされました。それがTikTok For Businessです。

 

 

以前は、TikTokで広告を出稿するために運営会社や代行会社に問い合わせをする方法しかありませんでしたが、このツールを利用すれば企業が自分達で自由に広告を出稿することができるようになりました。

 

 

ツール1つで動画制作の全てが行えるオールインワンツールのため、担当者にノウハウがなくても比較的簡単に利用することができます。

 

 

TikTokのビジネス運用をした企業の売り上げが上がったり、商品への問い合わせが増加したりすることも期待できることから、企業のTikTok参入が増えてきました。

 

 

売上に伸び悩んでいる企業や、商品への認知度の低さが気になる企業は、TikTokをビジネスに運用してみて欲しいです。

 

 

出典:活用事例|TikTok For Business
参照:https://tiktok-for-business.co.jp/

 

TikTokをビジネスで運用する6つのメリット

高校生や大学生TikTokerが多く、若年層に人気の印象が強いTikTokですが、企業で導入するメリットはあるのでしょうか。

 

ここでは、TikTokをビジネスで運用するメリットについて紹介していきます。

 

  • 若年層にリーチしやすくなる
  • 簡単に動画編集ができる
  • ブランドの認知度が上がる
  • 宣伝色が出にくい
  • 拡散を狙える
  • 運用代行を利用すれば労力や時間を節約できる

1:若年層にリーチしやすくなる

先述した通り、TikTokを利用するユーザーで圧倒的に多い年代は10〜20歳代の若い世代です。近い将来、社会人の仲間入りをする若年層に企業や仕事を認知してもらう方法として、とても有効と言えるでしょう。

2:簡単に動画編集ができる

動画編集の経験がない人でも、このアプリがあれば簡単に動画撮影から編集まで行うことができるということも、大きなメリットです。

 

もちろん、動画編集用のソフトの方が高画質、高機能であることは間違いありませんが、TikTokだけでも再生速度の調整や複数の動画を繋ぐ作業、BGMの利用、アフレコや文字入れなど基本的な性能は全て整っています。

 

 

また、音声の加工やエフェクト加工なども行えるため、手軽に凝った動画が制作できます。

 

3:ブランドの認知度が上がる

企業でTikTokを利用するメリットの1つとして、ブランドの認知度が上がるというのがあります。

 

TikTokの特徴は、他のSNSと違って動画がメインであることと、利用者の反応率が高いことです。動画は、文字や画像だけの情報よりも印象に残りやすく、見た後の行動にも繋がりやすいマーケティング戦略と言えるでしょう。

 

 

TikTokで紹介した商品に興味を持ってもらえれば、その後の購入サイトへ誘導や実際に商品購入などのアクションへ繋がります。

 

 

また、商品はなくとも、ユニークな会社だとアピールできる動画や親しみのある従業員の様子などをTikTokで見て、その店舗へ来店するなど集客効果も期待できるでしょう。

 

4:宣伝色が出にくい

SNSを利用しているユーザーの中には、商品やサービスの宣伝目的の投稿に嫌な印象を持っている方も多いのではないでしょうか。TikTokでの広告動画なら、他のSNSより広告や宣伝をしているという印象が薄く、楽しんで見てもらえます。

 

明らかな目的を持って利用しているユーザーよりは、娯楽やちょっとした好奇心で利用しているユーザーが多い傾向があるため、他のSNSで宣伝するよりも最後まで見てもらえる可能性が多いです。

 

 

見ていて楽しい動画なら、いいねやコメントなどで反応を返してくれやすいので、企業や商品に対する良い印象や認知度向上にも繋がります。

 

5:拡散を狙える

TikTokは非常に拡散力のあるSNSで、マーケティング戦略に利用しない手はないでしょう。

 

フォロワーが少なくても、1度動画に人気が出るとあっという間に情報が拡散されていきます。視聴回数の多い動画はユーザーが何度も視聴してくれたり、いいねなどの反応をしてくれたりします。

 

 

また、動画を最後まで視聴してくれるユーザーが多くなるため、最後に商品やサービスの紹介を入れてると、ユーザーが顧客として行動してくれる可能性が増えるでしょう。TikTokをビジネスに運用することで、企業の売上や利益に影響があるため挑戦してみる価値はあります。

 

6:運用代行を利用すれば労力や時間を節約できる

TikTokに馴染みのない企業が、急にTikTokを運用するということは、それなりの労力や時間が掛かることです。全くノウハウのない状態でTikTokマーケティングに参戦しても、なかなか視聴してもらえないこともあります。

 

そのような場合に、TikTokの運用代行を利用することで、自社で不慣れな人員を用意するよりも効率的なマーケティングが可能になることでしょう。

 

 

運用代行では、動画の投稿だけではなく、ユーザーリアクションの管理やデータ分析まで一貫して行ってくれるサービスがあります。

 

 

未経験で知識の少ない人が運用すると、やり方を調べたり1つの動画制作にかなり時間が掛かったりするため、労力や時間のコストを節約できるという点でおすすめです。

 

TikTokを活用したい企業による9つの運用事例

TikTokをビジネスに活用しようと考えている方向けに、企業による活用事例を9つ紹介していきます。

 

企業の特色や扱っている商品、サービスによって利用方法はさまざまです。ぜひ活用方法を参考にしてください。

 

1:株式会社ドミノ・ピザ ジャパン

人気商品のピンポイントデリバリーやお持ち帰りなどのキャンペーンに、有名TikTokerを起用することで、ユーザーが企業を身近に感じやすくなった事例です。特徴は、2点ほどのPRポイントを提示しただけで、他の部分は全てTikToker側の制作に一任したというところです。

 

クリエイター目線で動画制作がされたため、ユーザーが商品やサービスをイメージしやすくなりました。クリエイターのスタイルをそのままに、ドミノ・ピザのPRをすることで、視聴者が楽しめる動画としてたちまち拡散された事例です。

 

2:株式会社ユニクロ

日本だけではなく、世界中で人気のファッションブランドであるユニクロは、グローバルなTikTokマーケティングを行なった企業です。

 

ユニクロは、「#UTPlayYourWorld」というオリジナルハッシュタグを作成しました。これは、世界各国を対象とした、ユニクロオリジナルブランドのグローバルインフルエンサーを選出するオーディションで、短期間でかなりの視聴回数となりました。

 

 

また、ユニクロは「UTme!」というサービスを実施しており、自分で画像加工や絵を描いてオリジナルTシャツを作ることが可能です。

 

3:江崎グリコ株式会社

江崎グリコによるTikTokを活用したマーケティングは、短期間でユーザーの購入意欲が湧く参加型キャンペーンの実施です。

 

11月11日はポッキーの日と言われていますが、江崎グリコ自らがその期間に「#ポッキー何本分体操」というチェレンジを行いました。このハッシュタグをつけた「フィンガーダンス」を投稿すると、選ばれた動画がグリコビジョンや公式Twitterで公開されるというものです。

 

 

数日間という短いキャンペーン期間でしたが、2千万人以上の閲覧数を達成し、商品の需要が高まりました。ポッキーの本数を幸せの数に見立てた内容で、ユーザーの親しみや購入意欲を促した事例です。

 

4:KM-Link株式会社

コリアマーケティング株式会社の充電式UV除菌器PEDICという商品を、広告で見聞きしたことがある方もいるのではないでしょうか。こちらは認知度の低い商品を、ユーザーの生活シーンに合うようなクリエイティブを作成し、ビジネスに運用した事例です。

 

当初、この商品は30代をターゲットにしており、臭いを素から消臭することを売りにしていました。

 

 

使用用途として、普段使いの靴やブーツ、運動で使用したものや赤ちゃんグッズなどを消臭する際に便利だと宣伝していましたが、なかなか認知度が上がらなかったところで、低コストのTikTok運用開始に至りました。

 

 

新型コロナウイルスの流行により、日本でマスクが不足してしまった際は再利用のための除菌、外出先から帰宅した際の携帯電話等の除菌など、身近なシーンで利用できることをアプローチし、問い合わせが格段に増えたとのことです。

 

5:ティーン向けファッション誌事業を行う企業

ティーン向けファッション誌事業を行う企業の編集部でもTikTokを運用しています。

 

人気モデルの「踊ってみた」シリーズや雑誌の撮影風景、その裏側など、普段紙媒体の写真でしか見る機会がない、モデルのオンオフの様子が人気です。TikTokでしか見ることができない動画が多数あるため、投稿する度にたくさんのいいねやコメントなどのリアクションが集まります。

 

 

TikTok以外にもYouTubeなどのデジタルコンテンツに力を入れている企業の1つで、時代のニーズに合わせたマーケティングが特徴です。

 

6:レシピアプリ運営会社

TikTokからレシピ動画を投稿し、アプリ会員の増加などを目的に運用しており、編集力の高さと更新頻度が高めなところが特徴のレシピアプリ運営会社もあります。

 

料理動画を実際に視聴してみると、ユーザーが見やすいだけでなく、レシピが簡単で材料も少ないことから、真似しやすい内容になっています。比較的若いユーザーが多くても身近な材料やグッズで挑戦しやすいという点は魅力的です。

 

7:大手飲料水メーカーの完全子会社

大手飲料水メーカーの商品をTikTokで運用した事例もあります。

 

「リボンでありがとうチャレンジ」というハッシュタグを使用して動画を投稿したユーザーに対して、選ばれた動画を屋外ビジョンに公開する、また、抽選で当たった人にQUOカードをプレゼントするという、キャンペーンを行なっていました。

 

 

数種類の賞品を組み合わせたことでキャンペーン参加者が増加し、さまざまなユーザーが商品を持って動画を制作するため、認知度とともに売上の向上にも良い影響が出た成功事例です。

 

8:携帯電話通信事業会社

携帯電話通信事業会社がオリジナルハッシュタグキャンペーンを行い、キャンペーン後も視聴数が伸び続けた事例です。18歳以下をターゲットにした学割の宣伝で、意外な投稿をしたユーザーにCM出演権をプレゼントするという企画でした。

 

有名TikTokerを起用したこと、「と思いきやダンス」が簡単で踊りやすかったこと、CMに有名芸能人を採用していたことなどが起因し、投稿数や視聴回数が増え、すぐに拡散された印象です。

 

9:ケーブルテレビ事業統括運営会社

ケーブルテレビ事業統括運営会社がTikTokを活用して行なったキャンペーンは、「もののけついてんね」というハッシュタグを利用したダンス動画で、一番いいね数が多かったユーザーの動画を、渋谷スクランブル交差点にモニター公開するというものです。

 

若年層の、有名になりたいという欲を見事に刺激して、参加を促した事例です。

 

TikTokでビジネス運用する際のポイント

ここまで、TikTokをビジネスで運用するメリットやTikTokを利用したい企業に関する事例などを紹介してきました。

 

ここでは、TikTokをビジネスに活用する際のポイントを4つ紹介していきます。

 

  • 動画の編集スタイルは統一して作る
  • 人気のインフルエンサーを使う
  • 冒頭の数秒で興味をひく内容を考える
  • セールス色を極力抑える

動画の編集スタイルは統一して作る

動画を制作する際には、使用するフィルターや文字、コンテンツの傾向、動画の背景などを統一することが大切です。TikTokは動画編集方法が比較的簡単であるため、統一感を出すことは難しいことではありません。

 

定期的に動画の編集スタイルを変更していると、いつも見てくれているユーザーが困惑して離れていってしまう可能性もあります。

 

人気のインフルエンサーを使う

企業がTikTokを運用するために効果的な方法は、人気のインフルエンサーを起用することです。個人でたくさんのフォロワーを抱えているインフルエンサーを起用することで、認知度や拡散力が格段に上がります。

 

自分の企業の雰囲気や商品、サービスのイメージに合うインフルエンサーを起用して、より多くのユーザーにブランドをアピールしましょう。

 

冒頭の数秒で興味をひく内容を考える

TikTokでは、興味のない動画であれば、すぐにスワイプされてしまいます。他社とは違う、インパクトやオリジナリティのある動画や、ターゲットを細かく絞って一定層に人気な動画を制作する必要があるでしょう。

 

ユーザーが最後まで見たくなる動画作りが大切です。

 

セールス色を極力抑える

企業のビジネスアカウントだからといって、セールス色を出しすぎてはいけません。TikTokユーザーは、コンテンツ動画を楽しみたい人が多いため、PRの強い動画はすぐにスワイプされてしまうでしょう。

 

一般ユーザーが投稿しているような動画を制作することがおすすめです。

 

TikTokをビジネスで運用するときの注意点

TikTokをビジネスで運用する際には、いくつかの注意点があります。

 

まず、商用ライセンスのない音楽を使用できない場合があることです。人気の投稿に使用されている曲を利用しようとしても、商用ライセンスがない音楽だと動画制作が完了できません。

 

 

しかし、商用ライセンスが付与されている音楽は50万曲以上あるため、コンテンツイメージに合う音楽を探して、その中から利用しましょう。

 

 

2つ目は、プライバシーに配慮するということです。動画の撮影中に個人が特定できるものが映り込まないように細心の注意をはらいましょう。

 

 

最後は、炎上リスクがあることを知っておくことです。ネガティブな印象を持たれた場合の拡散スピードもとても早いため、視聴した人がどのような気持ちになるのか考えて制作しましょう。

 

TikTokでのビジネス運用の始め方

TikTokを始めたいけれど、何をすれば良いのか分からないという企業も多いでしょう。ここでは、ビジネス運用の始め方を解説します。

 

まだアカウントを持っていないという人は、ぜひ参考にしてください。

 

アカウント登録をする

まずはTikTok公式サイトからログインするボタンをクリックして、アカウントを作成する必要があります。

 

企業なら「メールアドレスまたは電話番号」による登録が一般的ですが、他のSNSと連携させて登録する方法もあります。基本情報入力は項目が少なく、数分で終了する簡単な作業です。

 

配信方式を選ぶ

次に、企業の目的に合った配信方式を数種類の中から選びます。

 

目的には、アプリインストール数を増やすため、リンク先のクリック数を増やすため、購入や登録などを増やすためのようなものがあるので、なぜTikTokマーケティングを実施することにしたのかよく考えて選択しましょう。

 

ターゲッティングを設定する

配信先を自動か手動か選択し、ターゲッティングの設定に移ります。

 

ターゲッティングには、性別、年齢、地域、言語などの基本的な部分から、操作システム、ネット使用状況、デバイスプライスなどの機器について、興味関心ラベルなど12種類の設定が必要です。

 

 

企業の広告したいターゲット層などに合わせて設定しましょう。

 

広告セットを設定する

広告セットを設定することは、目標に対しての最適化が実施されるため重要です。しかし、継続的に最適化をかけるためには、配信対象を絞り込み過ぎないという点に注意しましょう。

 

また、デフォルトで選択されている「入札タイプ」を上手く活用し、入札単位は設定するなら強めに設定することがおすすめです。弱いと配信量があっという間に減ってしまうなどの不便が生じやすくなります。

 

動画制作を実施する

TikTokの動画制作は、動画用の素材がなくても静止画像やウェブサイトから動画制作ができるテンプレートなどがあり、未経験でも簡単に動画制作ができるサポートツールがあります。

 

使用可能な楽曲や編集ツールも豊富で、一般的な動画編集ソフトより使いやすいのではないでしょうか。

 

目標CPA値を設定する

目標CPA値、要するに目標値を設定することで、先述した広告セットの配信目的に合わせてシステムが自動で調整してくれます。

 

初動では、1つの広告セットに50CVが必要だと言われています。早く獲得するためには、日予算CPAに対して一定数以上の金額設定をしなければなりません。

 

TikTok運用料金の支払方法は?

運用料金の支払方法は、アカウント開設時に選択できる「手動決済」と「自動決済」のどちらかです。クレジットカードやデビットカードが利用できますが、一度設定すると後から変更できないため、注意が必要です。

 

自動決済では、一定額の広告配信後に自動で引き落とされますが、手動決済だと前払いになってしまいます。入札の度に決済手続きをしなければならないため、自動決済の方がおすすめです。

 

TikTokの運用代行会社の選び方

代行でTikTok運用をしたり、動画制作をしたりする会社を運用代行会社と総称しますが、いくつか選ぶ際のポイントがあるため参考にしてください。

 

まず、その会社の運用実績や成績を確認しましょう。どのような代行実績があって、どのくらい拡散されているかなど、分かる範囲で調べておく必要があります。

 

 

また、対応範囲と料金形態が明確かどうかも重要です。TikTokの運用はどこまで携わってくれるのか、別途料金は掛からないかなどはよく確認しましょう。

 

 

レスポンスが早いかどうかもチェックしたいポイントです。TikTokはバズれば拡散があっという間ですが、逆に炎上など何かトラブルがあった際も迅速な対応が必要になります。普段から連絡が取りやすい代行会社を見つけることがおすすめです。

 

 

最後に、その代行会社に影響力のあるクリエイターが所属しているかなども、分かる範囲で知っておきたい情報になります。人気のTikTokerにもそれぞれ得意な分野と苦手な分野があり、また動画のスタイルもバラバラです。

 

 

自社の目的や商品、ブランドの雰囲気に合った運用代行会社を見つけて、効率の良いTikTokマーケティングを行いましょう。

 

おすすめのTikTok運用代行会社6選

運用代行会社を選ぶ際のポイントを踏まえて、どのような運用代行会社がおすすめなのか紹介していきます。

 

ここで紹介した会社が必ず良いというわけではなく、最終的には自社に合ったスタイルかどうかで選びましょう。

 

1:株式会社マージェリック

株式会社マージェリックは、EC運営サポートに定評がある代行会社です。ECサイト向けのTikTokビジネス運用が得意で、独自の分析ソフトを使用することでユーザー分析にも特化しています。

 

よく聞く有名な大手取引先が多く、安心できるところもポイントです。

 

2:株式会社pamxy

こちらは、SNS全般の運用におすすめの会社です。TikTokでフォロワーが約33万人以上、YouTubeでは人気芸人「ナイツの塙」さんをプロデュースしているなど、実績、成果ともに文句なしと言えます。

 

TikTokのビジネス運用戦略からサポートしてくれるところも魅力です。

 

3:株式会社N.D.Promotion

株式会社N.D.Promotionには現代のトップで活躍するモデルやフォロワー100万人以上の人気クリエイターが所属しています。

 

動画制作から市場調査まで代行してくれ、広告運用も得意な会社です。広告の内容に合わせたクリエイターをアサインさせることもできるので、効率的な運用が期待できます。

 

4:Nativex Japan

TikTokの海外ユーザーに宣伝や広告配信をしたいという企業におすすめな代行会社が、中国で有名なインターネット代理店Nativexの日本法人です。

 

この会社は世界の複数の国に拠点を持っているグローバルな会社で、海外のインフルエンサーを起用することもできます。

 

5:studio15株式会社

TikTokユーザーの大半を占める若年層の中でも、10代をメインターゲットにしたいのであれば、studio15株式会社がおすすめです。

 

この会社は、TikTokの運用代行専門であり、一貫して全ての業務を依頼することができます。また、人気TikTokerが多数所属していることも特徴です。

 

 

クリエイターサポートやインフルエンサーマーケティング、エンタメなどさまざまな事業を手掛けていますが、中でも音楽とダンスに関しては、クオリティが高く10代に定評があります。

 

6:株式会社オースタンス

振り付けや音楽、映像などの制作を強みとしている、またはクリエイティブな動画制作を目指しているのであれば、株式会社オースタンスに代行依頼するのもおすすめです。

 

全国に多数のダンサーやシンガーなどTikTokerを抱えているので、自社のブランドイメージに合うクリエイターを起用することができます。また、TikTokerの育成も行っているため、自社でTikTokerを育成したい場合にもおすすめです。

 

TikTokをビジネスで運用しよう

TikTokは、若年層を中心に圧倒的な人気を誇るSNSサービスですが、最近では中高年の利用者も急増しています。

 

制作した動画をより多くのユーザーに視聴してもらい、拡散されれば、自社の商品やサービス、ブランドを広く認知してもらえる大きなきっかけになるでしょう。

 

 

自分で運用する場合でも難しい技術は必要なく、より効果的に運用したいのであれば運用会社を利用する方法もあるため、マーケティングの手段の1つとしてTikTokビジネス運用を始めてみてはいかがでしょうか。

 

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます