メールマーケティングにおける配信頻度の決め方|送るタイミングを見極めよう

メールマーケティングにおける配信頻度の決め方|送るタイミングを見極めよう

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

「一般的なメールマーケティングの配信頻度とは?」
「配信頻度を下げることによるメリットやデメリットはある?」
「どんなときに配信頻度を変えたほうがいいの?」
このようにメールマーケティングを行う際には、様々な疑問や不安があるのではないでしょうか。

 

本記事では、メールマーケティングにおける配信頻度の決め方に加え、配信頻度を上げたり下げたりすることのメリット・デメリットと、メールマーケティングを行う際のポイントについて紹介しています。

 

 

この記事を読むことで、メールマーケティングの適切な配信頻度について把握できます。また、配信頻度を変えるタイミングについても触れていますので、メールマーケティングの効果をいまいち実感できていない方にも参考になるでしょう。

 

 

メールマーケティングの配信を検討されている方は、是非この記事をチェックしてみて下さい。

 

メールマーケティングで一般的とされる配信頻度

送る側、受け取る側双方にとって、適切なメールマガジンの配信頻度はどのくらいなのでしょうか。その答えを見つけるためには、メールを送る時間帯や曜日などを少しずつ変えて、様子を見ることが重要でしょう。

 

まずは、週に1〜3回程度の配信を行うと良いと言えます。

 

 

あまりにも配信頻度を高くしてしまうと、登録者に配信拒否をされる可能性があります。しかし、配信の間隔を空けすぎてしまうとアピール力が足りないでしょう。押しすぎず引きすぎず、ちょうど良いペースを掴むようにしましょう。

 

メールマーケティングにおける配信頻度の決め方

メールマーケティングを行う上で、適切な配信頻度を把握することはとても重要だと言えます。

 

ここでは、メールマーケティングにおける配信頻度の決め方について紹介していきます。是非チェックしてみてはいかがでしょうか。

 

一般的な配信頻度の目安を参考にする

まずは、一般的な配信頻度を把握し、それを目安にすると良いでしょう。売り込みたい商材によって、適切な配信頻度は異なるでしょう。

 

食料品やファッションアイテムなど、比較的低単価なものは週に1回以上を目安にするのがおすすめです。一方、車や不動産などの、高単価で購入頻度が低いものの場合は、月に1、2回程度の配信が良いでしょう。

 

配信テストやアンケート調査を実施して決める

適切な配信頻度を登録者からヒアリングする方法もあります。

 

心地良いと感じるメールマガジンの配信頻度は、人によって異なるでしょう。そこで、メールマガジンの登録者にアンケートを実施するのも良いでしょう。アンケート機能を利用すれば、結果の集計が比較的簡単に行えると言えます。

 

 

また、配信テストを行うのも良い方法です。登録者をいくつかにグループ分けし、それぞれの開封率や登録解除数などの比較を行います。より反応度の高い頻度を選択することで、効率的な配信が行えるでしょう。

 

効果検証と改善をしながら決める

先述した一般的な配信頻度は、あくまでも目安です。実際にメールマガジンの配信を行ってみて検証・改善を繰り返すことも重要でしょう。

 

まずは、商材に合った頻度で配信を行い、その効果が十分に得られているかをチェックします。効果が表れている場合には、継続して同じ頻度で配信を続けるのが良いでしょう。一方、効果があまり見込めないときには、何らかの改善を行う必要があります。

 

送るタイミングを見極める

配信頻度だけでなく、配信するタイミングも重要でしょう。メールマガジンが読まれやすい時間帯や曜日を考慮する必要があると言えます。

 

例えば、趣味や嗜好に関する情報は、平日の日中よりも、平日の夜や土日のほうが読まれやすい傾向があります。これは、平日の日中は仕事をしている会社員などが、帰宅後〜就寝前・休日にメールマガジンを開封しているからだと言えるでしょう。

 

配信頻度を少なくすることのメリット

一般的に単価が高く、購入頻度が低いものを扱うメールマガジンは、配信数は少ないほうが効果的であると言われています。

 

ここでは、配信頻度を少なくすることのメリットについて紹介していきます。是非チェックしてみてはいかがでしょうか。

 

  • 内容があるコンテンツを作りやすくできる
  • 1通あたりの情報の価値が上がる
  • ユーザーにじっくりメール内容を確認してもらえる

内容があるコンテンツを作りやすくできる

配信ペースに余裕があれば、内容の濃いコンテンツを作ることができます。タイトなスケジュールでコンテンツ作成を行っていると、1件に対して費やせる時間が限られてしまうでしょう。また、どうしても似たような内容になってしまい、ブランディング効果も不十分になります。

 

時間に追われてバタバタとコンテンツを作成するよりも、時間をかけてゆっくりと内容の濃いものを作ったほうが、登録者にとっても有益なものになるでしょう。

 

1通あたりの情報の価値が上がる

登録者がじっくりと時間をかけて読んでくれるコンテンツになっていれば、1通当たりの情報の価値が上がるというメリットもあります。

 

また、ギュッと内容の詰まった情報を配信することによって、他社との差別化を図ることもできるでしょう。最終的にはブランディング効果の高まりも期待できます。

 

ユーザーにじっくりメール内容を確認してもらえる

メールマガジンを受け取った後、次の情報が届くまで時間が空くと、登録者は時間をかけて内容を確認することができます。

 

商品やサービスの購入についても、前向きに検討される可能性が高くなるでしょう。

 

配信頻度を少なくすることのデメリット

一方、メールマガジンの配信頻度を下げることによって、デメリットも生じます。

 

ここでは、配信頻度を少なくすることのデメリットについて紹介していきますので、是非チェックしてみて下さい。

 

退会される可能性が高まる

配信の間隔が空いてしまうことで、登録者に退会される可能性が高まります。

 

企業からの情報の発信頻度を下げるということは、それだけ顧客との接触機会を減らすことに繋がるでしょう。接触機会の減少によって、登録者に企業の存在を忘れられてしまうこともあるでしょう。

 

ユーザーが読む他のメルマガに埋もれてしまう

登録者は、自社のメルマガだけを登録しているわけではないでしょう。他にも様々なメールマガジンを受信している可能性もあり、その中に埋もれてしまうリスクもあります。

 

また、同じような商品やサービスを提供する競合他社に、顧客を奪われることもあるでしょう。そのため、配信頻度を少なくする場合には、1つ1つのコンテンツの情報を盛りだくさんにしておくなどの工夫が必要でしょう。

 

配信頻度を多くすることのメリット

先述した内容とは反対に、配信頻度を高くすると、どのようなメリットがあるのでしょうか。

 

ここでは、配信頻度を多くすることのメリットについて紹介していきます。是非チェックしてみてはいかがでしょうか。

 

  • 情報収集ツールとして活用してもらえる
  • クリック数やコンバージョンが上がりやすくなる
  • ユーザーからの問い合わせ対応次第で信頼感を得られる
  • 親近感を与えられる可能性がある

情報収集ツールとして活用してもらえる

メールマガジンの配信頻度が高ければ、登録者にとってメールマガジンが情報を集めるためのツールになることもあります。わざわざ自身で検索をしなくても、メールマガジンが情報を届けるツールになるからです。

 

しかし、毎回全ての登録者のニーズに合った情報を届けるのは、簡単なことではありません。配信頻度だけでなく、きちんと中身の詰まったコンテンツを作る必要があるでしょう。

 

クリック数やコンバージョンが上がりやすくなる

メールマガジンの配信頻度が高ければ、それだけ登録者との接触機会も多くなります。登録者がメールマガジン内のリンクをクリックする回数や、コンバージョン率も上がるでしょう。

 

クリック数やコンバージョンが上がることにより、商品やサービスに対する問い合わせの件数も増えます。問い合わせに対しては誠実な対応を心がけ、商品購入に結び付けられるようにしましょう。

 

ユーザーからの問い合わせ対応次第で信頼感を得られる

メールマガジンを通して届いた問い合わせに対し、誠実な対応をすることで、信頼感を得ることができます。登録者からの信頼が、商品の売れ行きに影響することもあるでしょう。

 

質問に対しては、細かく正確に答えることが重要だと言えます。また、マニュアル通りの対応に縛られず、ユーザーによって臨機応変に対応することを意識しましょう。

 

親近感を与えられる可能性がある

頻繁にメールマガジンが届くことによって、登録者が企業に親近感を抱くこともあります。

 

メールマガジンが短いスパンで届くことで、登録者はコンテンツをチェックするのが日常生活の中の一部となっていくでしょう。適切な距離感を保ちつつ、登録者が親しみを持てるような内容を心がけるのがコツです。

 

配信頻度を多くすることのデメリット

自社の商品やサービスをアピールしたいという気持ちのあまり、毎日のようにメールマガジンを配信してしまう企業もあるのではないでしょうか。しかし、ただ配信頻度を上げることが、良いマーケティング方法だとは言い切れません。

 

ここでは、配信頻度を多くすることのデメリットについて紹介していきます。

 

情報内容が薄くなる可能性がある

毎日のように配信をするとなると、メールマガジンの担当者は常にメールマガジンのコンテンツのことで頭がいっぱいになります。毎回違う内容を考える必要がありますが、どうしても似たような内容や、薄っぺらい内容になってしまいがちです。

 

そのような状況を続けていると、登録者はメールを開封しなくなってしまう可能性もあるでしょう。

 

内容が薄いメールの場合は解除率が上がる

あまりに内容が薄いメールマガジンを送り続けていると、登録者はだんだんとそのメールマガジンに興味を示さなくなります。開封せずにゴミ箱行きになったり、ひどい場合には登録を解除したりすることもあるでしょう。

 

配信頻度や送信するコンテンツを決める際には、「受け取り手にとって有益な情報であるか」をきちんと判断することが重要でしょう。

 

ユーザーが頻度の高さを煩わしく思う

内容が濃いか・薄いかに関係なく、メールマガジンの配信頻度が高いと、煩わしいと感じるユーザーは多いでしょう。

 

メールを受け取る側は、日々たくさん届くメールの中から、必要な情報とそうでない情報を振り分けなければなりません。あまりにも頻繁にメールマガジンが届くことは、配信解除の理由になってしまうこともあります。

 

配信頻度を変えたほうが良いシーン

最初は他社のメールマガジンの配信頻度を参考にして、自社の配信頻度を決めることが多いでしょう。試験的に配信を行ううちに、開封率や購買行為へ繋がる確率などが見えてきます。

 

その中で「もっとこうすれば良いのだろうか」と改善の方法が明らかになってくることもあります。メールマガジンの構成要素は様々ですが、特に配信頻度を調整するのが有効でしょう。

 

 

ここでは、配信頻度を変えたほうが良いシーンについて紹介していきます。

 

ユーザーの配信停止率が高いとき

ユーザーの配信停止率が高いときには、配信頻度を下げたほうが良い可能性があります。

 

ユーザーが配信停止を行う理由は、2つあるでしょう。1つ目は、登録者にとって有益な情報を配信していないからです。登録者は、その情報が自分にとって不要だと感じれば、配信を停止してしまいます。

 

 

2つ目は、情報は有益なものであるにもかかわらず、配信頻度が高すぎるからです。内容の濃さはそのままに、配信頻度を少し落とす必要があるでしょう。

 

月ごとに見た開封人数やクリック数が低いとき

月ごとの開封人数や、クリック数が思ったように増えないときは、配信頻度が低すぎる可能性があります。そもそもの配信母数が少ないため、なかなか登録者にクリックしてもらえないのです。

 

配信するメールマガジンの本数を増やすことで、開封率やクリック数を増やしていきましょう。

 

開封率を向上させたいとき

開封率とは、メールマガジンを受け取った登録者のうち、実際にメールを開いて見た方の割合のことを指します。なお、メールを送信した総数ではなく、配信に成功した件数のことであるため、メールアドレスの不備などで不着となった件数は含まれません。

 

この開封率がいまいち上がらないときには、配信頻度が高すぎるパターンと低すぎるパターン両方の可能性があるでしょう。

 

 

配信頻度が高すぎると、メールを開封せずにスルーする登録者が増えます。一方、配信頻度が低すぎると、自社の存在を忘れてしまう可能性があるでしょう。

 

コンテンツのクオリティを改めたいとき

クオリティの高いコンテンツを配信したい場合には、配信頻度を下げるのが良いでしょう。配信頻度を下げて、1つのコンテンツに時間や労力をまとめて費やすことが重要です。

 

登録者にとって、知りたい情報になっているか、よく吟味する必要があります。

 

メールマーケティングを行う際のポイント

メールマガジンを配信するにあたって、適切な配信頻度を把握することはとても大切です。しかし、大切なのは頻度だけではありません。メールマガジンの中身がとても重要であることを忘れないようにしましょう。

 

全ての登録者に喜んでもらえるコンテンツを作ることは、ほぼ不可能でしょう。そこでポイントとなるのが、顧客セグメントに合うコンテンツを用意し、配信することです。

 

 

顧客セグメントとは、性別や年齢層、住んでいる地域などによってグループ分けすることです。顧客セグメントを設定することで、狙ったターゲットに対して、適切に商品やサービスの情報を届けられるようになるでしょう。

 

配信頻度を多くしたいときの注意点

メールマガジンの配信頻度を多くするときには、注意したいことがいくつかあります。

 

まずは、配信停止率が増えないかをチェックしながら、配信頻度を上げていくことが重要でしょう。登録者にとって、心地良い配信頻度を超えてしまうと、配信停止率が増えたり、開封率が下がったりします。適宜、配信レポートを確認し、調整は慎重に行いましょう。

 

 

また、中長期的な目で見て、頻度を決めることも重要でしょう。頻度を上げたばかりの頃は、登録者も新鮮に感じるため、クリック数が上がるなど比較的良い結果が見えやすいと言えます。

 

 

しかし、その良い状態が長く続くかはわかりません。2〜3ヶ月程度の期間を設け、配信頻度が適切かどうかを判断する必要があるでしょう。

 

配信頻度を少なくしたいときの注意点

逆に、配信頻度を下げるときにも注意点があります。

 

まずは、1ヶ月などの短い期間で結論を出さないようにするという点です。メールマガジンは適切な頻度で配信を続けることで、「認知・関心・愛着・効果が高まる」という特徴を持っています。短期間で判断せずに、少なくとも2〜3ヶ月をかけて効果をチェックするようにしましょう。

 

 

また、配信頻度を下げるにしても月に1回や年に4回など、一定のペースを崩さずに配信を続けることが重要だと言えます。登録者と良い関係を築いていても、配信頻度を下げすぎて忘れられてしまったら本末転倒でしょう。

 

 

そのため、最低でも月に1回は配信を行い、常に登録者に覚えていてもらえるようにするのがおすすめです。

 

 

さらに、今まで不定期に配信していたメールマガジンを定期配信に変えたところ、顧客から好評を得たという事例もあります。今まで不定期配信のメールマーケティングしか試してこなかったという企業は、1度定期配信に切り替えてみるのも方法の1つでしょう。

 

メールマーケティングの配信頻度を見直そう

本記事では、メールマーケティングにおける配信頻度の決め方について紹介してきました。

 

ここまで紹介したように、適切な配信頻度というものは、ターゲットとする登録者と、登録者が欲する情報、メールマガジンの配信に対して期待する成果によって変わってきます。

 

 

登録者全員に喜ばれるコンテンツを作成することはできないため、ターゲットをきちんとセグメントし、目的に合った頻度と内容で登録者とコミュニケーションを取り続けることが重要でしょう。

 

 

顧客を増やす目的であれば比較的多めに配信を行い、販促が目的であれば適切な時期に狙いを定めて配信を行う、といった具合に、送る相手と目的によって調整を行うのがおすすめです。

 

 

是非、本記事を参考にして、配信頻度を見直してみて下さい。

 

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます