SEO対策に重要なキーワード選定方法|選定ツールもあわせて紹介

SEO対策に重要なキーワード選定方法|選定ツールもあわせて紹介

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

 

「SEOの仕組みはどのようになっているの?」
こういった悩みを抱えている方は多いでしょう。

この記事では、SEO対策に必要なキーワードの仕組みを紹介していきます。また、SEO対策に役立つキーワード選定ツールや、SEO対策におけるキーワード選定の注意点などもあわせて紹介していきます。

Webサイトで検索された際に上位表示されるためにはSEO対策が必要です。SEO対策でキーワード選定を適切にすることによりユーザーの興味や関心が高いサイトを作成することができるでしょう。

この記事を読むことで、キーワード選定をする際に安心してSEO対策に取り組むことができるでしょう。

キーワード選定にお悩みの方は、ぜひこの記事をチェックしてみてください。

SEOにおけるキーワードの役割

SEO対策で重要となるのがキーワードです。Web上で検索される際、そのキーワードが元になります。読み手が何を知りたいかによって、サイトを作る際のキーワードは異なってきます。

読み手のことを考えながらSEO対策をしていくのであれば、キーワードを何種類か決めておく必要があり、多くのコンテンツのキーワードを追加することで、関連付けされた記事が検索上位になります。

読み手が素早くその情報をキャッチできるようにするため、キーワード選定は記事を書いていく上で慎重に行いましょう。

SEOキーワードにはどんな種類があるのか

キーワードの種類は数多くあります。読み手側の立場になり、検索したキーワードが、Web上の記事や広告で見つけ出しやすいようなワードを決めていきましょう。

まずはキーワードに対して、部分一致する、絞り込みで一致する、フレーズが一致する、完全に一致するなど、種類はたくさんあります。

自分である程度関連性のあるキーワードを決めていきましょう。

ビッグキーワード・スモールキーワード

種類を大きく分けると、ビッグキーワードとスモールキーワードになります。

ビックキーワードは、GoogleやYahoo!で調べる際に検索回数の多いものです。例えば、行きたい場所があればその所在地が、食べたいものがあればその名称がビックキーワードになります。

ヒットする件数が多いため、上位に出てくるのは、観光財団やテレビなどでも有名なお店など企業のサイトや広告になるでしょう。

一方で、スモールキーワードは、ロングテールキーワードとも呼ばれており、競合サイトがあまりないという特徴があります。複数のキーワードを含み、検索回数が少ないものを指します。

スモールキーワードは、読み手にとって目標としている検索ワードがアクションされるため、とてもわかりやすいキーワードとなります。競合が少ない場合も、SEOとしては上位表示されやすく、また音声での検索にも良いとされています。

 

複合キーワード・単一キーワード

SEO対策としての複合キーワードとは、何個かのキーワードで作られたもののことです。大体の場合は2個のキーワードで検索することが多いでしょう。

SEO対策で知りたい情報を早く手にするためには、ライバルの少ないサイトを探すことが必要になります。

単一キーワードとは、1つの単語だけのキーワードです。デメリットとしてビッグキーワードと同じ形になってしまうため、SEO対策としてのは難易度が高いものになるでしょう。

ロングテールキーワード

ロングテールキーワードとは、前述したとおり、スモールキーワードのことです。SEO対策キーワードとして難しい点もありますが、検索の意図がわかりやすく、上位表示も狙いやすいでしょう。

しかし、記事を書く側はキーワード選定に悩んでしまうため、その際にはツールを使いましょう。

ロングテールキーワードは2個以上のキーワードを重ねます。読み手にとって、特に詳しく調べたい際には、使う頻度が高い検索キーワードです。

 

 

競合としては、大きいキーワードよりも少ないですが、検索のボリュームとして小さくとも、SEO対策には必要です。音声検索にも対応している面からこれからのSEO対策キーワードとしては重要といえるでしょう。

ブロードマッチキーワード

SEO対策において、部分一致、絞り込みの一致、フレーズの完全一致、それぞれがマッチしてしまうブロードマッチキーワードというものがあります。また、除外というものを含めると計4つです。

検索する側としてはとても便利な機能です。部分一致修飾としての新しい検索機能です。対象の範囲を絞った部分として魅力的なキーワードとなります。

部分一致でキーワードがあてはまっていなくとも、関連したキーワードによって広告表示がされます。例えば、花とさくらの部分一致として、さくらを除外しても、花としての関連性のある広告の表示などができるでしょう。

 

SEO対策に重要なキーワード選定方法

SEO対策に必要なのはキーワード選定です。

キーワード選定は単語を選び、検索上位にもっていくために大切になります。キーワードが適切なことがSEO対策にはとても重要だといえるでしょう。

サイトのテーマからペルソナを想定して選ぶ

ペルソナとは、サイトの読み手のことです。読み手がどのような商品が欲しいのか、または実際に目の前にその人物がいる場合を想定し、どのような悩みを解決したいのかなどサイトのテーマを決めて、しっかりペルソナを選びましょう。

また、年齢や性別や生い立ちなども想定しながら、ペルソナの悩みを解決しようという思いでサイトを作っていきましょう。

ユーザーの検索意図を考える

ユーザーが一体何を求めているのかを考えることが大切です。ユーザーは少しでも早く情報を知りたいため、そのことを重要視することになります。

キーワードはとても大切です。何を検索するかによって、キーワードも変わってきます。検索意図はどのような種類があるのか以下で述べていきます。

取引型の検索意図

読み手の検索意図も考えていきましょう。年齢や職業、役職などを想定して、仕事内容の取引として検索する場合が取引型となります。読み手がどういったものを要求しているのかは仕事だけではなく、趣味によっても欲しいものは異なっていきます。

ユーザーがこのようなものが買いたかった、これを探していたなど、素早く見つけ出せるようなキーワードで検索意図を考えましょう。

また、ライフスタイルのみならず、読み手側は今どのような取引をしたいのかによっても、全く異なってくるでしょう。

案内型の検索意図

ユーザーが何処へ行きたいか、何が欲しいか、などで、SEO対策キーワードを決めていきます。

具体的に知りたいサイト、例えば旅行なら観光地であったり、何を食べたいかであったり、仕事の関係で行かなくてはならない場所の地図などです。

案内型の検索には、ほとんどが大きな企業サイトが多いです。

個人で作る場合はキーワード選定が大切でしょう。案内型はビッグキーワードで検索されることが多いといえます。有名なものが多いためという理由もあるでしょう。

 

情報型の検索意図

情報型の検索意図に関しては、ユーザーのライフスタイルなどが主になります。転職や特技や価値観など幅広い情報を求めています。

サイトを形成するには、そのような幅広い情報の中からペルソナを設定しましょう。

趣味などに関する情報などもあります。例えばゲームに関しても、キーワードは全く変わっていきます。読み手側が知りたい情報を早くキャッチできるためのキーワード選定が大切になっていくでしょう。

検索クエリの種類を把握する

検索クエリとは、先ほど述べた取引型クエリ、案内型クエリ、情報型クエリの3つの種類になります。

検索クエリを把握しておくことで、サイトのキーワード選定が変わってくるでしょう。そこで、スモールキーワードやロングテールキーワードが必要となってきます。

ユーザーが何を求めているのか、どのようにすれば素早く情報を出せるかを考えながら、検索クエリの種類も把握しておきましょう。

クエリの種類をわかった上で、キーワードの選定をしていくことが大切です。

情報収集型のクエリ

情報型クエリとは、何かの悩みを解決したいときや趣味などでも疑問を解決したい際に検索したいキーワードのことです。

ネクタイの結び方を知りたい、パソコンのトラブルなど、さまざまな疑問を解決したい際に検索するキーワードです。

ユーザーがどのような疑問をもっているかを重要視しましょう。

ユーザーは目的をもって検索します。例えば、パソコンのトラブルならどのようなトラブルで、どう解決したいのかということを検索します。

ユーザーの立場にたって、キーワードを適切に選定しましょう。

取引型のクエリ

取引型クエリとは、ユーザーが何かのアクションを起こす際や何かを購入する際に検索するキーワードです。

ユーザーがビデオを視聴したい、何かを売りたい場合は取引型のクエリになります。

ユーザーが色々なサイトでの会員登録や、ダウンロードしたいものがあるときのキーワードが取引型クエリになります。

大きな企業のサイトが上位に表示されることが多いですが、自営業などで自分のサイトを上位に表示されるためにはユーザーが求めているものが、自社のサイトにしっかりキーワードが入っているかをきちんと確認することが大切です。

キーワード選定は重要なので、見直しながらサイトを作っていきましょう。

案内型のクエリ

案内型クエリでは、わからないことを案内してもらいたい際にアクセスするサイトです。

ユーザーが食べたいものを探す、今のニュースを探すときなどに使用されるキーワードのことです。ECサイトなど企業のサイトが比較的多くなります。

競合を分析して選ぶ

SEO対策での競合の分析する際には、自身で作成するサイトと他者や他社などで、同じキーワードではないかをよく見てみましょう。

自身のサイトを上位に表示させていきたいのであれば、キーワード選定を違ったかたちで変えてみるなどの工夫が大切です。

キーワードの選定では、しっかり競合を分析しましょう。

検索ボリュームを参考に選ぶ

検索ボリュームとは、Googleなどの検索でたくさん検索されているかどうかで、その検索ボリュームが大きい方のことです。

検索ボリュームを参考にキーワードを選定しましょう。

関連ワードを調べて選ぶ

関連ワードとは、検索した利用者のキーワードと組み合わされたキーワードのことです。スモールキーワードを選んでいく際に、この関連キーワードを調べながら選ぶことも大切だといえるでしょう。

キーワードを選ぶにはツールがあるため、以下で述べていきます。

ツールを活用して選ぶ

SEO対策における関連キーワードなどを決めたいけれど、キーワードを何にして良いのかよくわからないこともあるでしょう。

関連キーワードはGoogleでのアルゴリズムによって、表示が自動化されています。わからないと悩む際はツールを活用しましょう。

 

SEO対策に役立つキーワード選定ツール

SEO対策におけるキーワード選定に使えるツール5選を下記に例をあげました。

関連キーワードはSEO対策にはとても重要であるため、どのようなキーワードが良いのか悩んだ際にはまず、ツールを使うことを覚えておきましょう。

キーワードプランナー

「キーワードプランナー」は、Googleが提供している無料で利用が可能であるツールです。適切なキーワード選択に利用すると良いでしょう。

なお、利用する際にはGoogleアカウントが必要です。

ラッコキーワード

「ラッコキーワード」は、無料で利用が可能であるツールです。無料の場合は1日5回までというルールがあります。

読者のニーズを探るためのマーケティングにも良いとされ、ユーザーは多いといえるでしょう。

AIアナリストSEO

「AIアナリストSEO」は、無料で利用が可能となっているツールです。

AIアナリストSEOは、競合サイトとのキーワードの比較ができます。テーマに最適なライターを探すこともできるツールです。

グーグルサジェスト キーワード一括DLツール

「グーグルサジェスト キーワード一括DLツール」は無料で利用が可能なツールです。キーワードを一括でダウンロードでき、作業も枠内を選択するだけであるため、使いやすいといえるでしょう。

キーワードアドバイスツール

「キーワードアドバイスツール」は、Yahoo!が提供している無料で利用が可能なキーワード選択ツールです。難しい操作もなく、キーワードが抽出できるためおすすめです。

SEO対策におけるキーワード選定の注意点

ユーザーは素早く、情報を知りたがっています。 サイトの作成はペルソナの設定、キーワードの選択がとても重要になります。

SEO対策には、しっかりキーワードを決めましょう。

1ページにつき1つのキーワードを基本にする

キーワードがそのページのテーマになります。Googleからの評価を得るには、テーマがずれないように、1ページにつき1つのキーワードにして、より良いパフォーマンスを発揮していきましょう。

テーマがずれてしまうと、ペルソナが求めているものからまったく違った検索内容になってしまい、自身のサイトもとても勿体ないことになります。キーワードの種類をしっかり把握した上で、基本としましょう。

サイト内でキーワードが重複しないようにする

同じサイト内でのキーワードの重複は、複数のページの中に同じ文章のコンテンツがあるため、SEO対策においては、検索数が低下する可能性があるでしょう。検索エンジンにかからないと意味がなくなってしまうため、十分注意しましょう。

Googleが判断しにくくなる重複キーワードはタイトルからでも注意が必要です。キーワードは1組にしましょう。

自分のサイトのペルソナはどんな状態で、何を望んでいるのかをしっかり想定することが大切です。

キーワードは選定だけでなく見直しも行う

作ったキーワードは、重複していないかの見直しもしっかりしておきましょう。Googleはコンテンツの質の高さを評価しています。

読み手の疑問点にしっかり答えがあるサイトなのかを意識しましょう。重複が多い場合、Googleからの評価が「悪意をもったコンテンツ」とみなされる可能性があります。

コピーコンテンツはもちろんですが、ペナルティになるため、しっかり見直しをしましょう。

Googleからの高い評価を得られるように、キーワードの選定だけではなく、しっかり見直しをしていきましょう。

 

流入頻度が高いとされるキーワードを見逃さない

調べたい情報にはたくさんの商品の流通があります。キーワードを選定する上でも、その季節やその時期に人は何を求めているかを意識することも大切です。

例えば、就職の時期や転職を考えている人へのサイトのキーワードも、「志望動機」という1つのキーワードから、ニーズに合わせて新卒向けと転職者向けで記事をそれぞれに作るというパターンがあります。

ニーズに合わせると、多くのペルソナを想定できます。その中でも流入頻度が高そうなキーワードを見逃さないようにしましょう。

記事作成はキーワード単位ではなくニーズ単位で行うようにする

ユーザーはすぐに調べたいものがあるでしょう。人々がどのような現状の不満、欠乏感などをもっているかを敏感に意識していくことで、その時々のニーズなどがわかってきます。記事を作成するときは、読み手側に立つ、ペルソナの設定が大切です。

キーワード単位だけではボリュームにも限界があるでしょう。ニーズ単位で書いていけば、たくさんのキーワードも思いつき、ペルソナが満足できる記事を書いていくことができるでしょう。

 

キーワード選定を考えてSEO対策しよう

キーワードの種類も数多くあることがわかりました。記事を書いていく上で、SEO対策にはキーワード選定が大切であり、いくつかのキーワードを使いながら、まとまった記事にしていくには、ペルソナを設定して、キーワード設定をしていきます。

Googleからの評価を意識しながら書き、書いた記事の見直しも適切にしましょう。

関連キーワードに関しても、さまざまな便利ツールがあり、また無料で利用できるため、積極的に活用して、キーワード選定をしながらSEO対策をしていくことが重要です。

 

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます