Webデザイナーの副業を始めるにはどうしたらいい?注意点と併せて解説

Webデザイナーの副業を始めるにはどうしたらいい?注意点と併せて解説

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

「Webデザイナーをやってみたいけど、何から始めれば良いか分からない。」
「副業でWebデザイナーは可能なのか。」
「未経験でもWebデザイナーで稼げるのか。」
このように、Webデザイナーに興味はあるけど、なかなか最初の1歩を踏み出せないでいるという方は多いのではないでしょうか。

本記事では、Webデザイナーを副業にしたい方のために、Webデザイナーの始め方や、やっておくと良いこと、始める際の注意点などを紹介しています。

この記事を読むことで、副業としてのWebデザイナーがどのような仕事なのか、基本的な知識や副業に向いている理由などを理解することができるでしょう。

また、副業としてWebデザイナーを始めるための方法やスキルなども解説しています。ぜひ最後まで読んで、今後の参考にしてみてください。

副業をしている人はどれぐらいいるの?

近年では、働き方改革に伴い副業がとても注目されています。副業を認めている企業も増加してきており、スキルアップや収入アップを目的として副業を開始する人も増加傾向にあります。

また、副業フリーランスの数は約745万人、経済規模は約8兆円近い規模になっていると言われています。

Webデザイナーの副業について

Webデザイナーを副業にして稼ぐことは可能なのでしょうか。

結論からいうと、Webデザイナーは副業におすすめの職種です。ここでは、副業としてのWebデザイナーについて解説していきます。

IT人材の不足によりWebデザイナーの副業の需要が高まっている

近年では、ITやWeb関係の職種の人材不足が深刻化していることから、フリーランスのWebデザイナーに対する案件が増加していると言われており、需要は右肩上がりが続いているとされています。

副業人口が増加し、IT人材の需要が高まることで、副業としてWebデザインを始める人が多く、人気の副業分野と言えるでしょう。また、スマートフォンやインターネットの普及や新型コロナウイルス感染症による外出自粛に伴い、さらに需要が高まったとされています。

Webデザイナーの給与

さまざまな種類の案件があり、必要とされているスキルや取り組み件数などにも左右されます。Webサイト案件だと1件あたり1万〜数万円、バナー・ロゴ制作案件だと1件の単価は下がりますが、数をこなせば月5万円程度が可能と言われています。

どの程度副業として稼ぎたいかという目標によりますが、毎月の案件を継続的に受注できれば、本業を超える収入の実現ができるでしょう。

Webデザイナーの仕事内容

Webデザインは小さなものから大きなものまで規模も種類もさまざまで、案件が豊富です。どのような仕事内容のものがあるのか、代表的なものを5つ紹介していきます。

自分の取り組みやすいものを選んで、挑戦してみるのも良いでしょう。

ランディングページを製作する

ランディングページとは、ユーザーが最初に訪れるWebページのことで、LPと呼ばれることもあります。商品購入や資料請求のバナーなどをクリックさせることを目的とした、広告ページの依頼がメインです。

単価は2〜5万円ほどですが、案件によっては10万円を超えることもあります。具体的な業務内容としては「デザイン済みのものをコーディングする」「デザインからコーディングまでを担当する」などです。

スキルや経験の少ない段階では案件を獲得することは難しいかもしれませんが、案件によっては他のデザイナーのデザインを見ることができるため、勉強にもなるでしょう。

Webサイトを製作する

現在は、誰もがインターネットで情報を調べたりオンラインショップを利用したりしやすくなりました。その影響で需要が増加している仕事がWebサイト制作という案件です。

クライアントと打ち合わせをして、サイトの目的や目標などを綿密に決め、その目的に沿ったデザインを提案・制作します。

単価は20〜50万円程度というようにサイトの規模により差があり、WordPressなどの小規模案件では10万円程度の案件もあります。自分の実力や得意な分野、副業に使える時間などを考慮して受注してみてみましょう。

アイコンやロゴデザインを製作する

企業や個人のWebサイト用ロゴや、Webページ内で利用するアイコンなどのデザイン制作もWebデザイナーの仕事の1つです。アイコンやロゴデザイン制作は、Photoshopやillustratorなどの画像編集ソフトを使用できるため、初心者でも挑戦しやすい案件でしょう。

単価は1〜5万円程度が多く、新規サービスや会社のロゴ制作などの募集が豊富です。数時間や1日単位で取り組める案件もあるため、単価が安くても数をこなせばまとまった金額を稼ぐことができるでしょう。

Webサイトの改善や更新を行う

ホームページを新規で制作するのではなく、既存のWebサイトの改善や更新をするという案件依頼も多いとされています。

すでにコーディングされているHTMLやCSS、その他言語の修正がメインになるため、新規制作するよりも求められるレベルは低いと言えるでしょう。

単発案件もあれば運用サポートとしての継続案件もあり、単価は10〜30万円程度ですが、サイトの規模が大きくなれば単価も高くなります。

バナーを製作する

バナーとは、Webページ上に表示されるリンク付きの画像のことで、バナー制作の案件数はクラウドソーシング内でも非常に多いと言われています。

アプリダウンロードや商品ページへのアクセスを促したり、お問合せフォームなどへのリンクを分かりやすく表示するために使われたりします。

バナーは写真素材とキャッチコピーで構成するものが多く、指示通りに取り組めばそんなに難しいものではありません。サイトデザインより必要スキルが少なく、Photoshopや基本的なデザイン知識があれば比較的簡単に作成することが可能な案件です。

案件が豊富で需要が高いため、副業初心者に始めやすいでしょう。その分、初心者と経験者の実力差が出やすい仕事でもあるため、経験を積むことが大切です。

Webデザイナーが副業におすすめなのはなぜ?

副業としてさまざまな職種が認知されてきていますが、中でもWebデザイナーは人気の仕事の1つと言われています。また、未経験者にもおすすめできる仕事ということで、理想的な副業とも言えるでしょう。

ここからはWebデザイナーが副業におすすめな理由を7つ紹介します。

空いている時間を有効活用できるから

Webデザインは1人作業が中心のため、隙間時間にコツコツと取り組むことができる仕事です。クライアントとの打ち合わせが必要なときもありますが、基本的にパソコンでの作業が中心になることから、本業のない空いた時間を有効活用することができます。

クライアントとの連絡手段には、チャットやメールが使われることが多いため、打ち合わせの度にクライアントの元へ足を運んだり、会議に時間を割いたりしなくて良いという点も、有効に時間を使える理由です。

自分が持っているスキルを活用できるから

案件が多種多様なWebデザインは、自分の持っているスキルを活用するのにおすすめの副業です。イラストやデザインに興味がある人や趣味でデザインに取り組んだことがある人なら、経験やスキルを活用できるでしょう。

また、プログラミング言語などの知識がある人なら、コーディングまで請け負えるため、他のWebデザイナーと差が付きやすいというメリットもあるでしょう。

在宅勤務が可能だから

パソコン1台とネット環境さえあれば、場所に縛られることなく働くことができる点が、Webデザイナーの魅力の1つです。柔軟で自由度の高い仕事のため、本業との両立がしやすく、忙しい時期に合わせて案件をコントロールできるでしょう。

スキルを磨くことができるから

Webデザインは、コーディングやランディングページデザインの案件からスタートし、スキルが身に付いたらWebサイトを1から制作するなど、スキルアップしていける仕事です。副業でも、スキルアップできているという実感があると、やりがいを感じながら継続していけるでしょう。

また、Webデザインのスキルは他のWeb関連の仕事でも活かすことができるため、仕事の幅を広げることができるでしょう。

自分の好きな案件を選ぶことができるから

Webデザインは、バナー制作のような1日で作業が終わる案件もあれば、サイト構築のように数ヶ月かかる大きなプロジェクトもあり、仕事内容の幅が広いことが特徴です。

本業の繁忙期や目標収入額、副業に使える時間、自分のスキルレベルなどによって、案件の大きさを選んで取り組むことが可能です。

しかし、Webデザイナーは案件が豊富な分、ライバルが多いというデメリットがあります。自分のやりたい仕事や高単価案件などを見つけた際は、スキルを磨きポートフォリオの整備を行うなど、依頼してもらえるように努力をする必要があるでしょう。

人脈づくりができるから

Webデザインの仕事を受注するとなると、クラウドソーシングサイトでの案件受注やSNSなどでの受注がメインになります。それらのクライアントとの出会いの場を上手く活用し、関わる人が多い案件を受注することで、人脈形成にも繋がるでしょう。

人脈づくりはWebデザイナーに限らず、副業をする人にとって重要です。受け身なだけではなく、自ら積極的に自分のスキルや実績をアピールして、多くのクライアントと繋がることが必要と言えるでしょう。

経験がなくても始めやすいから

専門性の高いプログラミングなどと比べると、Webデザイナーは比較的学びやすく、経験がなくても始めやすい分野です。もちろん、勉強をして知識を身に付ける必要はありますが、全くの素人でも習得しやすく、躓いてしまうことが少ないでしょう。

案件にも多種多様なものがあるため、初心者が挑戦しやすい案件も豊富です。簡単な業務から副業を始めて、勉強をしながら徐々に難易度を上げていくことも可能でしょう。

いずれはフリーランスとして独立することができるから

近年の需要はもちろんのこと、今後もIT人材不足が続き、Webデザイナーの需要は高まると言われています。このことから、Webデザイナーとして副業で実績を積むことで、いずれフリーランスとして独立することも視野に入れることができるでしょう。

Webデザイナーのスキルを身に付けて、会社に依存しない働き方を目指すのも良いでしょう。

Webデザイナーの副業を始める方法

Webデザイナーの副業を始めるためには、案件を獲得する必要があります。しかし、デザインの仕事をやったことがない人の中には、どうやって案件を獲得すれば良いのか分からないという人もいるでしょう。

ここでは、Webデザイナーの副業を始める方法について紹介します。

知人に仕事を紹介してもらう

「Webデザインを始めた」と公言していると、友人が直接仕事を依頼してくれたり、Webデザイナーを探しているクライアントを紹介してくれるというケースがあります。

友人や知人経由での案件獲得であれば、安心して依頼を受注できるでしょう。この場合、自ら積極的に人脈を広げていく姿勢が重要になります。

また、知人だからと手を抜かず、より良いサイトを作り、次の案件を紹介してもらえるように全力で取り組みましょう。

クラウドソーシングを利用する

Webデザイナーが特に案件を探しやすい方法が、インターネット上のクラウドソーシングサイトに登録することです。

クラウドソーシングは、デザインやライティングなどの仕事を希望する個人がそのサイトに登録することで、企業から直接仕事を受注できるというものです。高いスキルがなくても気軽に受注できる案件もあるため、未経験でも始めやすい方法でしょう。

コネクションがなくても、クリエイター側から自由に応募することができます。気になっている企業や関わりたい会社などがあれば、自分から積極的にアプローチしてみることをおすすめします。

エージェントを利用する

エージェントとは、仕事を探しているクリエイターに代わってクライアントへのさまざまな対応を行ってくれる存在です。

案件探しに手間取らないというメリットがあるため、実績を積みたい方や人脈の少ない方にもおすすめです。

SNSやブログで仕事を募集する

近年、多くの企業が注目している求人手段が、SNSを利用したソーシャルリクルーティングと呼ばれる方法です。SNSを利用した、個人のブランディングによる案件受注で、需要も高まっていると言われています。

未経験者がWebデザイナーになるには?

Webデザイナーは、初心者でも案件を獲得することが可能ですが、スキルアップを目指すためには勉強もしなければなりません。

ここからは、どのように勉強を行うと良いのか、それぞれの特徴とともに解説していきます。

独学でWebデザインについて勉強する

学習費用をあまりかけたくない人や本業が忙しくてスクールに通えない人は、独学で勉強すると良いでしょう。

参考書は1冊約2〜3千円ほどで購入できるため、未経験でも金銭的な負担をかけずに始めることができます。YouTubeやブログなど、無料で勉強できる方法もたくさんあることから、自分でモチベーションを維持しながら学習できる人にはおすすめと言えます。

Webデザインを教えている学校に通う

金銭面や時間に余裕がある人は、学習環境が整っているスクールに通う方法が良いでしょう。仲間と切磋琢磨しながら質の高い勉強をすることができ、分からないことはすぐにプロに聞くことができるため、要点を絞って学ぶことができるでしょう。

しかし、費用が独学に比べるとかかるため、よく調べてから申し込みましょう。

Webデザイナーとして副業を始めるときにどんなスキルがあるといい?

未経験や初心者でも始めやすいWebデザイナーですが、もちろんスキルがあればより案件を獲得しやすくなります。

ここからは、副業として始める際に持っていると良いスキルを4つ紹介していきます。これからWebデザインをやってみたい人は参考にしてみてください。

ライティングスキルについて

ライティングには、単にユーザーに商品を紹介したり購入を勧めるだけではなく、Webサイトの目的やターゲットなどのポイントを把握して魅力を伝えるというWebマーケティングの知識が必要になります。

厳密にはWebデザインに必要なスキルではありませんが、ライティングスキルがあることで魅力的なWebサイト制作に繋がるでしょう。

コーティングスキルについて

Webデザインを制作しただけでは、Webサイトは完成ではありません。コーディングは、そのデザインをもとにマークアップ言語で見出しをつけたり、リンクや文字の太さを設定したりして、ブラウザで見える形にしていきます。

コーディング業務ができれば単価もアップするため、ぜひ欲しいスキルと言えるでしょう。

デザインソフトを利用するときのスキルについて

デザインソフトを利用するスキルは、Webデザイナーにとって必要不可欠と言えるでしょう。特に、バナー制作に使用するPhotoshopやロゴ・アイコン制作に使用するillustratorは、どちらも使いこなせるようになっておきたいツールです。

Photoshopは、Webデザインの案件の中でも標準ソフトとして指定されることが多いことから、優先的にマスターすると良いでしょう。

WordPressを利用するときのスキルについて

WordPressなどのCMSは、拡張性が高く、デザインを変更したり機能を追加したりすることができます。

しかし、WordPressをテンプレートのまま使用する会社は少なく、オリジナルのデザインを使用し、個性が出るようにする場合が多いとされているため、WordPressのカスタマイズができるスキルを身につけておけば、受注できる案件の幅が広がるでしょう。

カスタマイズする場合、PHPやCSSの知識が必要となるため、WordPressのカスタマイズに興味がある人は勉強しておくと良いでしょう。

Webデザイナーの副業を始める前にやっておくこと

Webデザイナーを副業にする際に、特別な資格が必要というわけではありませんが、事前に準備をしておいた方が良いことがあります。ここからは、それらについて解説していきます。副業を始める準備の参考にしてください。

制作サンプルを準備する

Webデザインの勉強をしただけでは案件を獲得することはできません。クライアントが成果物をイメージできるように、制作サンプルを準備しましょう。

架空のHPなどを製作するなどして、勉強の成果を形にすることをおすすめします。

ポートフォリオサイトを準備する

ポートフォリオとは、案件獲得のアピールのためにクライアントに見てもらう自分の作品集のようなものです。デザインスキルだけでなく、そのデザイナーのセンスや得意な雰囲気をクライアントに伝えることができます。

ポートフォリオをWebサイトにまとめておくと、クライアントにURLを掲示するだけで実績を見てもらうことができ、SNSやSEOなどネット上でも宣伝になるため、サイトは持っておいた方が良いでしょう。

Webデザイナーにとって、ポートフォリオはプロフィールのようなものです。テンプレートは使用せず、クライアントが依頼したくなるように作り込むことをおすすめします。

仕事の単価を考える

クラウドソーシングの相場などを参考にしながら、仕事の単価を決めておく必要があります。単価の決め方としては「1ページ○円」や「1デザイン○円」のように決めておくと良いでしょう。

また、初心者であれば、相場より低めに金額を設定した方が受注に繋がりやすいと言われています。しかし、単価が低すぎるとモチベーションの維持が難しいため、経験に応じて徐々に単価交渉を行うと良いでしょう。

副業でWebデザイナーとして働くときに気を付けたいこと

副業でWebデザイナーとして働く際に、注意しておいた方が良いことがいくつかあります。確認しないまま仕事を始めてしまうと、後になって苦労する場合もあるため、以下の内容を確認しておきましょう。

税金に関する知識を身につけておく

副業で報酬が発生すると、年間20万円以上の収入で確定申告の手続きが必要になります。

知識がないと知らない内に脱税してしまう可能性もあるため、税金について理解しておきましょう。

出典:副収入などがある方の確定申告|国税庁
参照:https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/kakutei/kakutei/fukugyo.htm

リスクもあるということを忘れないようにする

副業といっても、Webデザイナーは個人の仕事になるため、当然責任は全て自分に来るということも忘れないようにしましょう。

病気や怪我で仕事が困難になったり、クライアントとトラブルになったりする可能性も少なからずあるでしょう。事前にリスクを想定して、対応方法などを準備しておくことも大切です。

自己管理をしっかりとする

本業が忙しくて副業の納期が間に合わなかったり、副業に力を入れすぎて本業が疎かになってしまっては意味がありません。

楽しく副業を継続するためにも、自己管理を怠らず、ペース配分に気を付けながら本業と副業のバランスを取りましょう。

本業の規則を確認する

本業の会社の就業規則で副業についてどう記載されているか事前に確認しておきましょう。

副業を許可している会社であれば何も問題はありませんが、副業を禁止していたり、規則に副業の記載がない場合もあります。後から会社とトラブルになってしまう可能性もあるため、副業を始める前に、きちんと確認しておく必要があるでしょう。

副業だからと手を抜かない

副業だからといって、手抜き作業にならないように注意しましょう。

手を抜いたものを納品して修正が度重なると、クライアントからの信頼低下に繋がり、報酬を支払ってくれない可能性もあります。

副業でも仕事は仕事です。プロとして取り組んでいるという自覚を持って作業しましょう。

Webデザイナーの収入を上げるために大事なこと

せっかく勉強をしてWebデザイナーの仕事をするのであれば、できれば収入を上げたいという人も多いでしょう。

ここからは収入を上げるために大事なことについて説明します。

専門知識

デザインも専門的な知識の1つですが、コーディングなど他の専門知識をつけると、より重宝されるでしょう。

最近は動的なWebサイトが増加傾向にあると言われています。JavaScriptの利用でサイトに動きをつけたり、動画を埋め込んだりして凝ったサイトを作る知識があると、クライアントからの満足度も上がり、単価も上がっていく可能性があると言えるでしょう。

信頼度

個人で副業をする際は、クライアントからの信頼を獲得することが収入アップに繋がると言えるでしょう。

受注した案件に一生懸命取り組み、より良いWebサイトを築き上げていくことが信頼度を高めるでしょう。もちろん、「納期に遅れずに納品する」や「連絡をきちんととる」など、すぐに実行できる小さな積み重ねも信頼に繋がります。

信頼度が上がると案件の単価を上げる交渉が可能になったり、継続して仕事を依頼をしてくれたりする場合もあるでしょう。

Webデザイナーの副業を始めるときは事前準備と注意点の確認をしっかりしよう

Webデザイナーは初心者や未経験者でも気軽に始められる、おすすめの副業です。特別な資格が必要なわけではありませんが、事前に準備すべきことをしっかり行い、働く際の注意点に気を付け、キャリアアップを目指しましょう。

Webデザインの副業にチャレンジすることでデザインのスキルだけではなく、営業スキルやマネジメントスキルが身に付くというメリットもあります。将来、会社に依存せずに自力で稼ぐ力をつけることは、自信ややりがいにも繋がるでしょう。

この記事を読んでWebデザイナーに興味を持った人も、以前から興味があったけどチャレンジできてなかった人も、副業の選択肢にWebデザイナーを入れてみてください。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます