コンテンツSEOの効果を最大限引き出すには?初心者でもできるやり方を徹底解説!

コンテンツSEOの効果を最大限引き出すには?初心者でもできるやり方を徹底解説!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに 

「手掛けたコンテンツへうまく集客ができない」このようにコンテンツへの成果について悩まれていませんか。

コンテンツに多くの人を集客するためには、SEO対策が不可欠です。

サイトの中の一つひとつのコンテンツはそれぞれ重要な役割を担っています。

そのコンテンツで上位検索されることで、サイト全体の集客を上げることも期待できます。

コンテンツSEOはWebマーケティングにおいて重要な施策の一つです。

ここでは、コンテンツSEOの効果を最大限に引き出す方法について具体的に解説します。

コンテンツSEOとは

SEOとは、Search Engine Optimizationの略称で、日本語で「検索エンジン最適化」の意味を指します。

Webサイトが検索結果で上位表示されるようにするために行う一連の施策のことです。

コンテンツSEOとは、質の高いコンテンツを継続的に発信し、検索からコンテンツへ訪問してもらうことで、集客の増加を目指した手法です。

サイト全体ではなくサイトの中のそれぞれのコンテンツに対して検索上位表示を目指します。

3C分析をSEOに活用する

3C分析とは、マーケティング市場分析の土台です。

3Cとは、「Customer(顧客・市場)」「Competitor(競合)「Company(自社)」の3つの頭文字を取ったもので、マーケティング市場を漏れなく把握することが可能です。

3C分析をSEOに活用することで、市場ニーズや競合サイトの特徴を把握しながら、自社の強みを生み出し、コンテンツ作成に役立てることができます。

それぞれ3つのCについて具体的に解説します。

Customer 顧客・市場

1つ目のCは、Customer (顧客・市場)です。

顧客・市場ニーズを把握したうえで、価値のあるモノ・サービスを提供することはマーケティングにおいて非常に重要になります。

顧客・市場を把握するうえで押さえておきたいのが、業界の市場規模、顧客ニーズ、市場の成長性、顧客の消費行動・購買行動などです。

顧客・市場ニーズを把握し、コンテンツのターゲットを明確化することが重要です。

ターゲットはどのような悩みを抱えていて、どのような情報を得ることを望んでいるのか、顕在ニーズと潜在ニーズの両方の側面からアプローチしていくことが大切になります。

明確化したターゲットに向けて、悩みや知りたい情報が解決される良質なコンテンツを作成すると検索エンジンに評価され、上位検索表示を獲得することができるでしょう。

Competitor競合

2つ目のCは、Competitor(競合)です。

SEO対策において、競合他社との比較や戦略などの分析は非常に重要になります。

上位検索表示されている他社のコンテンツをなぜ上位表示されているのか分析します。

競合他社との分析においては、競合他社の現状と推移、特徴、競合の業界ポジションなどを押さえておくことが必要です。

競合他社のコンテンツを分析し、他社の収益性、特徴や強み、差別化の程度を分析します。

競合他社の分析は、自社との違いを明確化することが可能です。

他社と自社の違いを明確化することで、自社の魅力や特徴などの発見にもつながり、自社の戦略に活かすことができます。

どのキーワードで上位検索表示を狙うかも重要です。

王道のキーワードでは、激戦となってしまう可能性があることも理解しておきましょう。

Company 自社 

3つ目のCはCompany(自社)です。

2つ目のCであるCompetitor(競合)では、競合他社のコンテンツを分析することの重要性について解説しましたが、自社のコンテンツを分析することも非常に重要です。

競合他社のコンテンツ分析を行うことで、他社にはない自社の魅力や特徴などを見出すことができます。

他社にはない、自社の魅力や特徴は、他社との差別化に役立てることが可能です。

他社との差別化できることは、自社の強みを明確化できることにつながります。

競合他社にはない、自社の強みをコンテンツに活かすことで競合他社より優れたコンテンツを作成することができ、検索エンジンからの評価も得られやすくなるでしょう。

コンセプトの設計

作成するコンテンツのターゲットの設定を行ったうえでコンセプト設計を行うことは非常に重要です。

ターゲットとは、そのコンテンツを読ませたい相手です。

ターゲット選定を行ったうえで、コンセプトの設計を行います。

コンセプト設計のポイントは「どういう人に向けてどんな情報を提供するのか」です。

ターゲットを明確にせず、コンテンツを作成すると、結局誰に伝えるためのものなのかコンセプトがブレてしまいます。

結局、誰にも伝わらないコンテンツになってしまうでしょう。

ターゲットを明確化することで、サイトのコンセプトは自然と決まります。

コンテンツの骨子を作成

コンテンツを作成する際にはあらかじめ骨子を決めてから作成するようにしましょう。

骨子が漠然としたまま内容作成を始めると、途中でコンテンツの方向性を見失ってしまう可能性があります。

コンテンツの方向性を見失ってしまうと良質なコンテンツを作成することはできません。

ターゲット、コンセプト、目的、自社の強みなどをしっかり明確化し、コンテンツ作成に取りかかる前に必ず全体像を決めておくことが非常に重要です。

SEOを意識したライティング

コンテンツを上位検索表示させるためには、SEOを意識したライティング技術が必要不可欠です。

検索エンジンの評価は記事の内容が最も重要視されています。

コンセプトの設計やターゲットを意識しながら記事作成を行っていく必要があります。

提供側が伝えたいことだけを書くだけではなく、ユーザーの検索意図を汲み取りながらターゲットの顕在ニーズ、潜在ニーズを意識して書くことで、検索ユーザーの役に立つ質の高い記事を作成することができるでしょう。

見出し文/リード文

ユーザーがそのコンテンツを最後まで読みたいと思うかどうかは見出しやリード文で決まります。

見出し文に具体的な結果を入れることでユーザーはその理由を知りたい気持ちを高めることが可能です。

たとえば、見出し文の例として、「コンテンツとは?」ではなく「コンテンツとは情報の中身」といった表現にします。

見出しで結果がわかるため、ユーザーにとって親切であるうえに、その具体的な内容について理解を深めようと記事を読み進めるきっかけにもなるでしょう。

また、リード文に感情表現を入れることで、ユーザーが自分のこととしてその感情に共感をしてもらうことができます。

ユーザーの共感を誘発することで、この記事を読みたいと思わせるきっかけになります。

SEOの成果が出るまで

SEOの成果が上がるまでは、早くても2〜3ヶ月の期間がかかります。

Googleによると、変更に着手してからメリットが得られるようになるまでは、4ヶ月〜1年程度かかると提示されています。

優先すべきSEOの施策を効率的に行えていれば、期間を短縮することは可能です。

特定のキーワードを選定した場合は、そのキーワードの検索順位は月単位で変動します。

いずれにせよ、SEOの効果が出るまでには一定期間の時間がかかることを理解しておきましょう。

コンテンツSEOで大切なこと

コンテンツSEOで最も重要なことは、そのコンテンツのターゲットと目的を「明確化」することです。

ターゲットや目的が定まっていないと、コンテンツ作成においてブレが生じてしまいます。

ブレが生じてしまうと、コンテンツの質が下がってしまい検索エンジンで評価されにくくなるでしょう。

そのため、ターゲットと目的を明確化したうえで、競合他社との比較をし、自社の特徴や強みをコンテンツに盛り込んでいくことが重要です。

ターゲットの目的を解決できる自社の強みを活かした、良質なコンテンツ作成を行うことで、SEOに評価され、上位検索を狙うことも可能です。

上位検索されることで、ユーザーのアクセスも増加し、コンテンツへの集客効果が期待できます。

ターゲットと目的をしっかり明確化し、優良なコンテンツ作成を目指していきましょう。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます