【初心者必見!】SEOにおけるペルソナの重要性とは?効果的な設定方法も併せて紹介!

【初心者必見!】SEOにおけるペルソナの重要性とは?効果的な設定方法も併せて紹介!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

 

はじめに

老若男女問わず、現代は誰しもがスマホ片手にwebを検索し、必要な情報を手に入れる時代です。

無数のwebサイトがある中で、自社のwebサイトを見てもらうにはSEO対策が欠かせません。

Googleなどで検索したときに、最初のページに表示されればユーザーの目に留まる可能性が高まりますが、そのためにはペルソナ設定が重要なポイントになります。

今回は、ペルソナ設定が重要な理由と効果的な設定方法について解説していきますので、ペルソナ設定について困っている方はぜひチェックしてみてください。

SEOとは?

SEOは「Search Engine Optimization」の略で、「検索エンジン最適化」と呼ばれています。

これは、Googleなどの検索エンジンから、自社のwebサイトを見てくれる人を増やす目的で行います。

webサイトをより多くの人に見てもらえたら、商品やサービスの売上アップにつながるでしょう。

特にクリックされやすいのは、やはり1番上に表示されるwebサイトです。

これが2ページ目、3ページ目と後ろになるにつれて、クリックされる確率が下がっていきます。

一般的な検索方法として、「キーワード検索」が挙げられます。

必要とする情報に関連する言葉を1つないし複数入れて、出てきたものから探すという方法です。

このキーワード検索が主流であるため、コンテンツを作る際、キーワードの選定が重要とされています。

ペルソナとは

コンテンツを作る際、webサイトを見てもらいたいユーザー像が「ペルソナ」です。

たとえば、「カレーの作り方」を紹介するサイトの場合、主なペルソナは20~40代の主婦であり、小学生の子どもなど低年齢の方ではありません。

性別や年齢層だけでなく、興味関心や悩みごとまで設定することで、webサイトの最適な構成が見えてきます。

検索エンジンで上位表示させるためには、ユーザーにとって有益であることが大切です。

いくらキーワードが網羅されていたとしても、中身が充実していないと評価されません。

以前は、多くの被リンクや自動生成テキストでも上位表示されていました。

しかし、現在は評価基準が改定されており、こういったwebサイトは表示されなくなっています。

コンテンツ自体がユーザーに有用でなければ、上位表示が難しくなっているのです。

SEOにおけるペルソナの重要性

上位表示のためには、Googleなどの検索エンジンに、いかに自分のwebサイトが良いコンテンツなのかを知ってもらわなくてはいけません。

そのためには、まずHTMLの構造で改善できる部分があります。

たとえば、ページの内容がわかるようにテキストリンクを使う、画像には代替テキストを用意するなどです。

ただ、これらは簡単に誰でも行える施策のため、多数のwebサイトの中に埋もれてしまいます。

誰に向けて作っているwebサイトなのかをはっきりとさせなければ、上位表示は難しいのです。

コンテンツの質を高める

SEOにおいては、コンテンツの質によって検索結果が変わるため、ペルソナ設定で苦労する方も少なくありません。

質を高めることが長く上位に表示されるポイントで、多くの方はさまざまな方法を使って各種コンテンツの質の向上に努めています。

たとえば、webサイト上で脂肪燃焼をサポートするサプリメントを販売する場合、同じダイエットの悩みを持つ人でも「20代の女性」と「60代の男性」では求めるものが異なります。

ご年配の男性に買ってほしいのか、それとも若い女性に買ってほしいのかで、webサイトの構成を考える必要があるといえるでしょう。

必要な情報が整理されているwebサイトであれば、最後まで見てもらいやすくなります。

検索エンジンの評価を上げるには、ユーザーに役立つ情報がわかりやすく載っていることが重要です。

SEOの正攻法として重要

一般的なwebサイトは複数のページで成り立っています。

検索エンジンに上位表示してもらうには、webサイトを構成するページそれぞれを充実させなくてはなりません。

SEOにおけるさまざまな施策の中でも、特にペルソナの設定がその道筋を支える重要なポイントになります。

SEOを行ううえで、正攻法の施策であるといっても良いでしょう。

明確なペルソナが設定されていれば、ユーザーの早期離脱を防ぐことができるほか、コンテンツの軸がブレるようになることもほとんどなくなります。

必要とされる情報を把握しやすく、より成果を上げるwebサイトにすることが可能です。

検索エンジンは、このようなユーザーに役立つwebサイトに対して高評価を与える仕組みになっています。

ペルソナ設定のやり方

SEOにおけるペルソナの重要性を把握できても、どのように設定すれば良いのか困ってしまう方も多いでしょう。

ペルソナは、詳細な人物像を想像して設定するのがポイントです。

たとえば、単に30代女性と聞いただけでは、人によって思い浮かべる人物が異なります。

独身既婚、住まいはマンションか戸建てか、勤め先や趣味など細かく作り込みます。

どのような状況で、求めているものは何かといったことを考えて設定しましょう。

ここからは、具体的なペルソナ設定のやり方について解説していきます。



 

ターゲット設定

まずはターゲットを設定しましょう。

どのようなユーザーが、そのコンテンツを必要としているのかを決めます。

先ほどのように、30代女性とするケースのほか、20代男性や60代女性などいくつか候補を挙げていきます。

また、細かなターゲット設定を行うには徹底的なリサーチが有効です。

ペルソナと同じ年齢層の方のSNSをチェックしたり、アンケートやインタビューをしたりと時間をかけて調べていきましょう。

それらで得た情報をもとに、徐々に詳細な作り込みをしていきます。

たとえば「同じ年の夫、小学生の子ども2人と古い団地に住んでいる」といった設定です。

趣味嗜好や興味関心の部分も、webサイトの構成を考えるうえでは欠かせない要素なので、イメージを膨らまして決めていきましょう。

シチュエーション設定

ペルソナが明確になったら、次はシチュエーションを決めましょう。

シチュエーション設定は、どのような状況でそのキーワードを検索しているのかをはっきりとさせる作業です。

たとえば、ペルソナである30代の女性が自分のお腹が出てきたことを気にしているというシチュエーションを設定したとします。

気にし始めたきっかけは、夫に指摘された、スカートが入らなくなったなどさまざまなものが挙げられます。

人は自分に近い状況を目にすると共感を覚えるため、webサイトに共感できるフレーズをちりばめると効果的です。

またwebサイトに使う画像も、ターゲットと近いものを選びましょう。

このとき、複数のシチュエーションを想定しておいた方が検索にかかりやすくなります。

事前のリサーチをもとにして、ターゲットが置かれている状況を洗い出しましょう。

インサイト設定

ユーザー自身が気づいていない心理をあぶり出す作業をインサイト設定と呼びます。

必要とする情報に加え、潜在的ニーズを掘り起こすことができれば、有益なコンテンツ作成につながります。

前述の30代女性であれば、子どもが成長し、さほど手がかからなくなった頃に自分の趣味の時間を作りたいと思っているかもしれません。

また、ダイエットに関連するものとして、シワやシミのケアといった美容のことも気になってくるかもしれません。

上記のようなまだ表面化していない悩みにもアプローチできれば、見込み客を顧客化させることも可能で、売上アップに期待できます。

潜在的ニーズの把握は一般的に難しいといわれていますが、ユーザー満足度の高いwebサイトにするためにも根気よく行っていきましょう。

ユーザーの行動予想

ユーザーがキーワード検索をしてwebサイトにたどり着いた後、具体的にどのような行動を取るのかを予想しましょう。

多くの人は、購入ボタンを押す前に同じような商品・サービスを比較検討します。

まず悩みの部分で共感し、品質で納得、自分と近い状況の購入者の声をチェックした後で購入といった流れが一般的です。

そのため、色やテキストの配置など視線誘導も大切になってきます。

また、購入するためのユーザー情報入力欄がわかりにくい場合、途中離脱することも想像に難くありません。

せっかちな男性であれば購入ボタンを上の方に設置したり、高齢者であればボタンの文字を大きくしたりするなどの工夫が必要になるでしょう。

行動予想をすることで、自社の商品やサービスの申し込みなど最終的な着地への導線を張ることが可能です。

まとめ

世界中にはさまざまな商品・サービスが存在しており、スマホやパソコンなどで簡単に調べることができます。

自社のwebサイトを検索エンジンに上位表示させなければ、競合他社に打ち勝つことは難しいといえるでしょう。

webの世界は常に変わっていくものなので、ユーザーに長く利用してもらうよう、継続して作り込むことが大切です。

一度設定して満足するのではなく、定期的に見直してより良いコンテンツを作成していきましょう。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます