これからの時代に欠かせないSNSマーケティングを徹底解説!

これからの時代に欠かせないSNSマーケティングを徹底解説!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

マーケティングにはさまざまな手法があります。

代表的なものにマスマーケティングやダイレクトマーケティングなどが挙げられますが、本記事ではこれからの時代に欠かせないSNSマーケティングについて理解度を深めていきたいと思います。

マーケティングとは

そもそもマーケティングという言葉は何を意味するのでしょうか。

ひと言で言ってしまえば、「売れるための仕組みづくり」となります。

企業による「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ための概念と定義づけられています。

つまり、企業の商品やサービスが何もしなくても売れるシステムを構築するのがマーケティングの目的なのです。

実際に行う際には「誰に」「どのような価値を」「どのようにして提供するか」という考えが基礎になります。

ユーザー層を定め、商品を開発し、さらに販売促進や広告宣伝、そしてその効果の検証までの一連のプロセスの計画と実行が委ねられるのがマーケティングであり、企業が効果的に利益を上げるにあたり非常に重要な役割を担っています。

SNSマーケティングとは

SNSマーケティングとは名前の通り、SNSを利用したマーケティング手法になります。

企業が商品やサービスの情報をSNSを通して発信し、ユーザーからの認知度や好感度を高めることを目的としているのです。

SNSマーケティングは、主流だったテレビや雑誌などのマスマーケティングに代わる勢いで注目されています。

なぜかというと、SNS利用者数は数年の間右肩上がりに伸び続けており、特に10~30代の間ではSNSで情報を集め購買行動につなげるという層が増えているのです。

誰しもが容易に情報収集、そして情報発信者にもなり得るSNSは、今後ますます私たちの生活に密着し、なくてはならないものになっていくでしょう。

そして、企業にとってもSNSを効果的に使用してマーケティング活動をすることは成長のために不可欠となってきているのです。

SNSマーケティングのメリット

このように、今後ますます普及が予想されるSNSは大きな市場であり、マーケティングにおいても大きな可能性を秘めています。

SNSは若年層だけのもの、というイメージを超えて今後ますますシニア層にも浸透していくことが予想されます。

そして、現代、さまざまな企業が精力的に取り入れているSNSマーケティングですが、展開していくうえでどのようなメリットがあるのでしょうか。

主に以下のメリットが挙げられます。

4つに分けて紹介しますのでぜひご覧ください。

若年層を中心としたファンを増やせる

まず、若年層を企業のファンに取り込める可能性が挙げられます。

企業がマーケティングでSNSを利用すると、購買意欲を刺激するだけではなく、SNSの特性である双方向のコミュニケーションが取れるというメリットがあります。

その結果、ユーザーと近い距離間で接することが可能となり、ユーザーに「特別感」を与えることで、若年層のファンを増やせるのです。

その結果、企業が発信した情報をユーザーが拡散することにもつながります。

更新をマメにするなどの手間やコストはかかりますが、マスマーケティングでは難しいユーザーとの近い距離感を活かせます。

カジュアルな投稿が可能

公式のHPとは違い、自由度が高く個性的な投稿で印象付けることができるのもSNSマーケティングを利用するメリットと言えるでしょう。

企業が作成したSNSアカウントで発信する情報が面白いと話題になり、人気アカウントになり新たなファン層を取り組めた事例は珍しくありません。

代表例としてSHARPやローソンが個性的でユニークな投稿で注目を集めました。

このように投稿内容次第で、企業のブランディングが容易であることもSNSマーケティングの魅力の一つです。

広告コスト削減

次に、SNSマーケティングの運用は広告費用の削減につながるというメリットがあります。

SNS投稿はアカウントさえ作成すれば、投稿するための費用は主にかかりません。

より効果的にSNSを運用したいと、SNSの運用代行会社に委託するケースも見られますが、その費用も広告を打つコストに比べればかなり安価に抑えられます。

SNSを通してうまく情報が拡散できれば、広告費を削減しながらも効果的にユーザーに新商品の情報などを届けられるのです。

顧客の生のナマが聞ける

最後に、ユーザーのリアルな声が耳に入ることもSNSマーケティングを利用する利点と言えます。

SNSはユーザーが気軽に日常の出来事を投稿するため、最近利用したおすすめの商品やサービスの感想を得られるのが特徴です。

これは企業にとっては貴重な情報であり、商品やサービスの改善につなげられます。

また、最近はSNSの口コミを頼りに商品を購入するユーザーも増えているため、ユーザーの投稿は大きな影響力を持ちます。

以前ならアンケートやモニターの制度を導入しなければ聞けなかった顧客の意見が聞けることは、商品開発においても販売促進においても非常に大きな影響をもたらします。

SNSマーケティングのデメリット

SNSマーケティングはユーザーと相互コミュニケーションを取りながら、リアクションもリアルタイムで把握でき、企業イメージを印象付けられる非常に効果的なマーケティング手法ですが、当然利用するデメリットも存在します。

手軽に利用できるツールだからこそ、利用する際にはさまざまなリスクを把握して十分に注意する必要があります。

企業にとって不利益にならないように効果的に仕様するために、特に注意すべき2つのデメリットについて説明していきましょう。

炎上する可能性

手軽に利用できるSNSですが、クレームにつながる可能性があり、炎上しやすい諸刃の剣であるのも事実です。

SNSで「バズり」を意識するあまり度を過ぎた投稿をして、不謹慎だと瞬く間に炎上、拡散するケースは後を絶ちません。

一度ついたマイナスイメージはデジタルタトゥーとして付きまといます。

そのため、投稿内容は慎重に選択しなければなりません。

大きな信用に関わるため、企業名や店舗名を冠して発信している意識をしっかり持ちましょう。

成果まで時間を要する

次に、マーケティング効果が出るまで時間がかかるというデメリットが挙げられます。

SNSマーケティングを利用したからといってすぐに結果が出るわけではありません。

ブランドの認知度を高め土台を構築し、ユーザーを惹きつけるためには数日ではなく、少なくとも数ヶ月かかると見て良いでしょう。

そのために成果が見えるまでコツコツとマメにコンテンツを更新し、実績を積み上げファン層を着実に広げる必要があります。

すぐに効果を求める場合にはSNSマーケティングは不適切かもしれません。

SNSのそれぞれの特徴

このように、SNSマーケティングは利用するメリットは多くありますが、その反面デメリットもあるために、取り入れる際には十分に注意が必要です。

そしてひと言にSNSといっても、さまざまなSNSのツールがあります。

それぞれに特徴があるために適したターゲット層や利用方法は異なるので使い分けが必要です。

主に利用される6つのSNSを紹介します。

Twitter

Twitterは全世界不特定多数のユーザーにリアルタイムの情報を発信できるSNSです。

全世界で3億人を超えるユーザーがおり、日本でも幅広い年齢層が利用しています。

Twitterは即時性が特徴のメディアであり、最新の情報を得るために使用しているユーザーが多いのが特徴です。

そのために、セール情報やクーポンの取得を目的に企業アカウントをフォローするユーザーが多く見受けられます。

また、リツイート機能もあるため、高い拡散性があるのも使用するメリットです。

マーケティングの活用方法として、気軽なツイートでコミュニケーションを取り、顧客との距離を縮められます。

たとえば「〇〇診断」「〇〇くじ」などの思わずユーザーが結果を知らせたくなるような投稿をし、リツイートの拡散効果を狙う動きが最近のトレンドです。

Instagram

Instagramは写真や動画の投稿に特化したSNSです。

「インスタ映え」という言葉が物語るように、いかに視覚に効果的に訴えるかが投稿のできを左右します。

ユーザー層は10代~30代の若年層がメインです。

また、ハッシュタグと呼ばれる特定のキーワードをつけて投稿することで、共通の興味を持ったユーザーとつながれます。

さらにストーリーズという24時間で自動的に消える投稿機能がリリースされたことで、より気軽に利用できるようになりました。

インスタライブなどの機能でユーザーとリアルタイムで質疑応答などのコミュニケーションを図れるのも特徴です。

Twitterのようにリツイート機能がないため爆発的な拡散機能は持っていませんが、魅力的な写真や映像で商品をPRできます。

LINE

LINEは国内ユーザー数首位を誇るメッセンジャーSNSで、ユーザー層が幅広いのも特徴です。

老若男女問わず多くの人に利用されているツールで、今や日本の人口の半数以上が使用しており生活に根付いているといっても過言ではないでしょう。

また、アクティブユーザー率が非常に高いのも特徴なため、マーケティングや広告には非常に適したプラットフォームです。

LINE公式アカウントを利用することで、友達登録したユーザーに対して最新情報やクーポンを自動配信できます。

コミュニケーション以外にも、企業の公式キャラクターのスタンプを作成するなどしてユーザーに親近感を持ってもらう方法もあるのです。

また、決済サービスLINE Payなど今後活用の幅が広がることも予想されます。

Facebook

老舗SNSでもあるFacebookは、若年層の利用率は低く、30~50代のミドル層の支持が厚いのが特徴です。

Facebookは具体的な所在地や会社の概要を掲載できるなど、ビジネスアカウントが充実しています。

また、文章量の多い投稿ができることも特徴です。

Twitterは280文字の字数制限があるのに対して、Facebookは63,206文字まで入力可能で、より伝えたい内容を詳細に発信することが可能になります。

投稿内にHPのリンクを貼れるために、自社サイトへの誘導も容易です。

さらに、Facebookは実名で登録されるケースが多いために匿名性が低く、炎上のリスクがほかのSNSに比べて低いため安心安全に利用できるというメリットがあります。

YouTube

YouTubeは言わずと知れた動画のSNSツールで、子どもからミドル層まで幅広い層に利用されています。

企業チャンネルを作成し動画をアップし続けることでチャンネル登録者数を増やし、ファンを獲得するのが狙いです。

それだけではなく、YouTubeには動画上にリンクなどを表示し、視聴者を企業ホームページや他の動画に誘導できるYouTubeカードという機能があります。

また、長時間の動画投稿が可能なため、PR方法の幅も広がります。

さらに、広告機能の費用もテレビに比べて圧倒的に安いために参入しやすいでしょう。

ですが、YouTubeのチャンネル登録者数を増やすことは、他SNSのフォロワー数を増やすことと比べハードルが高い印象があります。

そして、広告も有料でオフにできる機能もあり、嫌悪感を抱かれるリスクもあるので注意しなければなりません。

ユーザーの興味関心を惹く動画を作る必要があるでしょう。

TikTok

15秒~1分のショートムービーに特化しており、若年層の間で最も勢いがあるのがTikTokです。

TikTokユーザーは世界で5億人を超え、ユーザー層の7割は30代未満の若年層であるためターゲット像は明確です。

また、TikTokには音楽やフィルターなどのツールがテンプレートとして用意されているため、YouTubeのように動画編集のスキルは不要で誰でもデザイン性のある動画制作ができます。

広告機能を利用すればフォロワー以外にもリーチが可能であり、グローバルに利用されているツールであることから海外のユーザーにもアプローチが可能なのが使用するメリットです。

しかし、直接購買には直結しないため、クリエイティブな動画に好感を持ってもらい、企業イメージをアップさせるような使用方法が有効でしょう。

まとめ

このようにSNSマーケティングはさまざまなツールがあり、用途によって使い分けが可能です。

実際に多くの企業が個々のSNSでアカウントを持っており、ターゲット層や目的に応じてそれぞれをうまく運用しています。

SNSは拡散するスピードが早い分、炎上やクレームにつながる可能性などリスクも持っていますが、元手を抑えて集客を成功させられる可能性も秘めています。

まずは簡単に始められるSNS投稿から始めてみてはいかがでしょうか。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます