【マーケ担当者向け】SNSマーケティングの4つの効果的な勉強方法を徹底解説!

【マーケ担当者向け】SNSマーケティングの4つの効果的な勉強方法を徹底解説!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

SNSマーケティングを勉強しようとされている方にとっては、その方法について気になっている方も多いかと思います。

SNSマーケティングをうまく進めていくには、本来の目的やブランディングの向上など、さまざまな点について事前によく理解しておくことが大切です。

それらについてよく理解を深めた後、そこからどう対策を採るのか考えることが、成功させる秘訣と言えます。

今回は、SNSマーケティングの4つの効果的な方法について、詳しくご紹介いたします。

SNSマーケティングとは?

そもそもSNSマーケティングとは具体的に何を行うものなのか、まだあまりよくわかっていない方も多いのではないでしょうか。

SNSマーケティングとは、SNSを用いて企業の商品やサービスの認知度や好感度を高めるマーケティング手法のことを指します。

近年では、このSNSマーケティングに力を入れる企業が増えてきており、注目が高まっているのが特徴です。

なぜSNSマーケティングが注目されているのかというと、その理由は近年の急速なSNSの普及にあります。

現代社会では誰もがスマートフォンを持つことが当たり前とされ、さまざまな情報を簡単に手にできるのが特徴です。

その時代背景をメリットとして捉え、SNSマーケティングに力を入れられるかどうかが、企業を成長させる秘訣でもあります。

SNSマーケティングを行う目的

SNSマーケティングを行う目的としては、主に3つのポイントが挙げられます。

1つ目は「自社ブランディングの向上」、2つ目は「リピーターの獲得」、そして3つ目は「費用対効果の改善」です。

自社製品や企業の魅力をアピールするためには、ブランディングの確立が大切になるほか、顧客を満足させてリピーターを獲得することが必要になります。

また、SNSマーケティングを通して、費用対効果の改善をしっかり行うことが大切です。

ブランディングの向上

SNSマーケティングを行う目的の一つに、ブランディングの向上が主なポイントとして挙げられます。

ブランディングとは類似した商品を区別する一連の流れのことを指します。

自社製品のブランドイメージを確立することで、類似商品との差別化を図り、自社の魅力を向上させることが目的です。

ブランディングの成功が、集客・販促・PRといったあらゆる局面において、他社に差をつけられるようになります。

SNSマーケティングは拡散力が高く、Twitterなどの媒体によっては不特定多数の人にもアプローチできるのが特徴です。

そのため、ブランディングの向上につなげやすく、より多くの人に自社ブランドを知ってもらえる機会が増えていきます。

リピーターの獲得

多くの人が簡単に目にするSNSを使ったマーケティングでは、リピーターの獲得を目的に行うこともポイントです。

リピーターを獲得するには、SNSを通じて自社ブランドに好感を持っていただくことが必要になります。

自社ブランドに対して好感を持ってもらうには、良心的なコンテンツを継続的に発信することが大切です。

良心的なコンテンツを継続的に配信することで、顧客の信頼度を高め、リピートしてくれる可能性が高くなります。

そのため、リピーターを獲得することが大きな目的として掲げられる企業にとっては、SNSマーケティングは良い解決策と言えるでしょう。

リピーターを獲得できるということは、継続して企業の売上を保てるようになることでもあるため、企業の成長につながる重要なポイントでもあります。

費用対効果の改善

費用対効果とは、コストパフォーマンスのことを意味します。

ある施策に費やした費用に対して、どれくらいの効果や利益が得られたのかを表すものです。

SNSマーケティングでは、ほかの媒体で企業の広告を出すよりも、コストがかかりにくく低額で始められるのが特徴です。

低コストで始められるにも関わらず、しっかりとパフォーマンス効果が得られるようになります。

そのため、Web広告などと比較してもコストが低く抑えられるため、費用対効果の改善にもつながります。

今まで多くの費用をかけていたにもかかわらず、あまり効果が得られなかった施策(広告など)がある場合は、SNSマーケティングに力を入れて費用対効果の改善をすることが大切です。

SNSマーケティングを勉強する方法

SNSマーケティングを勉強するには、主に4つの方法があります。

1つ目は書籍で勉強する方法です。

以下でおすすめのSNSマーケティング書籍をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

2つ目は、個人運用で勉強する方法です。

個人運用は実際にSNS運用の実践を繰り返せるため、スキルが身につきやすい方法でもあります。

3つ目は成功事例から勉強する方法、4つ目はスクールで学習する方法です。

ここからは、この3つの勉強法について、それぞれ詳しくご紹介していきます。

書籍で勉強をする

書籍で勉強すると、一度にたくさんの情報を汲み取れます。

書籍は、初心者が覚えておくべき必要最低限の知識から、その専門家のアドバイスまで多くの情報が詰め込まれているのです。

まずは、初心者でも理解しやすい内容の書籍から手をつけることがおすすめと言えます。

焦って中上級者向けの実践書を読もうとすると、基本的な知識が身についていない状態ではうまく理解できず、逆に効率の悪い勉強になってしまうため注意が必要です。

また、利用するSNSの媒体に特化している書籍を読むのも効果的な方法と言えます。

これから利用するSNS媒体に特化した書籍では、ほかの媒体を活用したマーケティング法では得られないポイントまで載っているため、事前によくチェックしておくようにしましょう。

SNSで人を集める!やさしいSNSマーケティングの教科書

“SNSで人を集める!やさしいSNSマーケティングの教科書”は、初心者にもやさしいSNSマーケティングの基礎知識がわかりやすく解説されています。

SNSマーケティングを一から勉強したい方にとっては、最初の書籍でおすすめの一冊です。

中小企業の方や個人事業主の方を対象に、ノウハウをまとめたSNSマーケティングの指南書になっています。

SNSでパッと目を惹く画像作成やサクッと書ける時短文章術のコツ、顧客を惹きつけるコミュニケーションの取り方など、幅広い内容で本が構成されているのが特徴です。

また続けやすいカンタン動画撮影の仕方や、フリーや個人企業でも売上を安定させるコツなども詳しく解説されています。

SNSマーケティングのやさしい教科書。

“SNSマーケティングのやさしい教科書。”では、FacebookやTwitter、Instagramなど、それぞれのSNS媒体の特徴やマーケティング手法を細かくわかりやすく解説しています。

分析や改善の方法なども載っているためどの媒体にするかを決めている場合は、最低限の時間で勉強することができるため、おすすめの書籍です。

コストをかけずにマーケティングの効果を上げたいと考えている企業のWeb担当者や一般の初心者に向けて、SNSマーケティングの基礎知識や、運用方法、効果の出し方を詳しく解説しています。

Facebook、Twitter、Instagram、だけでなくYouTubeやLINE@、Pinterest、Snapchatなど、さまざまなSNS媒体を使ったマーケティングの方法が紹介されているため、利用する媒体の選定にも役立てられるのがポイントです。

詳しくはこちらをチェックしてみてください。

個人運用で勉強する

個人運用でマーケティングの手法を勉強する方法は、簡単に実践ができるというメリットがあります。

そのようなメリットから近年では、簡単に個人でSNSを運用するSNSマーケティングも流行り始めているのが特徴です。

個人の運用においても、集客の方法や、発生したデータの分析の仕方を身をもって学べることが大きなポイントとなります。

具体的な実践方法としては、最初は自分の趣味を発信するアカウントなどを作成して、取り組みやすいジャンルのアカウントを運用していくことがおすすめです。

自身の得意なジャンルから始めることで、運用方法やアピールのアイディアが浮かびやすくもなります。

実際に運用の経験を積みたい方は、個人運用をしてみてSNSマーケティングの手法を学んでみるようにしましょう。

成功事例から勉強する

成功事例から学ぶというのも、より効果的にSNSマーケティングを学習する方法の一つです。

成功した企業を参考に、その企業がSNSを通じて今までどんな施策を行ってきたのか、どのように分析を行って新しい打開策を出してきたのかを勉強することが必要になります。

ただ、成功企業の真似をすれば良いというわけではありません。

この方法で学習するには、あらかじめSNSマーケティングの基本知識が必要になります。

そのため、書籍や個人運用などでSNSマーケティングの知識を深めた後、その後どのような方法でアプローチしていくべきかを考える際、成功事例を参考にすることがポイントです。

成功事例を参考にすることで、間違ったアプローチの仕方や、初心者が陥りやすいポイントを避けられるようにもなります。

ZOZOTOWN

SNSマーケティングを成功させた企業の例として挙げられるのが、かの有名なZOZOTOWNです。

ZOZOTOWNは、LINEを利用したSNSマーケティングに力を入れています。

過去にユーザーが閲覧した商品がセール中の時に連絡したり、イベントの宣伝をしたりなど一度利用したユーザーの継続的な購買促進に焦点を当てているのがポイントです。

そのため、同業種やそのほかの業種においても、ユーザーの継続的な購買意欲を促すことが大切である場合には、ZOZOTOWNのマーケティング手法を参考にすると良いでしょう。

まずは必要最低限の基礎知識を頭に入れておき、ZOZOTOWNの成功事例をどのように取り入れて活かすのか、よく照らし合わせを行っておくことが大切です。

ローソン

ローソンはコンビニエンスストアの中でも唯一すべてのSNS媒体を活用したマーケティングを行っています。

その中でもTwitterは約670万人のフォロワーを持ち、公式キャラクターの「アキコちゃん」を利用したブランディングやキャンペーン情報を配信するなどしてユーザーの購買誘導をしているのが特徴です。

このように、SNS媒体を通じて自社ブランディングを向上させることで、そのほかのコンビニとの差別化を図っています。

他業種においても、自社ブランドの確立に力を注ぎたいと考えている場合は、ローソンの成功事例を取り入れることがおすすめです。

ローソンがほかのコンビニとの差別化を図れた事例を参考に、ブランディング向上のノウハウを学ぶようにしましょう。

スクールで勉強する

SNSマーケティングを勉強するには、実際にスクールに通って学習するという方法もあります。

スクールに通うということは、その専門家から直接マーケティングに関わることの一連を学べるということです。

書籍や個人運用などの独学ではなく、きちんとプロから教わりたいと思っている方は、おすすめの勉強法と言えます。

そのほかの勉強方法よりもコストがかかりますが、スクールに通うことによって得られるメリットもたくさんあるのが事実です。

きちんとお金をかけてSNSマーケティングを学ぶとなると、途中で離脱しづらく、短い時間で知識を吸収することが可能になります。

また、疑問点が生じた場合にも、すぐにプロに相談できるのも大きなメリットです。

AutoPilotAcademy

AutoPilotAcademyでは、数少ないSNSマーケティング専門のコースを学べます。

そのため、すでにWebマーケティングやSNS媒体などの知識がある人におすすめのスクールです。

FacebookやTwitterなどの各種SNS媒体を活用して、より効果的にSNSマーケティングを進めていくためのノウハウが解説されています。

自社ブランディングを向上させるコツだけでなく、顧客との関係を構築させるコツや、効果的なアプローチ方法も学習できるのがこのスクールの特徴です。

受講費用は1年29,800円で、比較的コストを抑えて学習できるようになっています。

気になる方は、ぜひこちらをチェックしてみてください。

INTERNET ACADEMY

INTERNET ACADEMYは、ITスキルを学びながらSNSマーケティングについて理解を深められるスクールの一つです。

ライブやオンデマンド、マンツーマンレッスン授業などが充実していて、なかなか通学に時間をかけられない人にもおすすめのスクールになります。

マーケティング全般の知識を深められる内容になっているため、幅広い知識を取り入れてよりマーケティング力を高められるのが特徴です。

マーケティングコース受講料は184,800円~で、上記のスクールと比べると少し費用がかかります。

費用は少しかかりますが、未経験からでもしっかりとITやマーケティングに関する知識が身につくため、よりSNSマーケティングを勉強したい方におすすめのスクールです。

マケキャン by DMM.com

マケキャン by DMM.comは、Webマーケターの養成スクールとして、高い評価を受けているスクールです。

2年連続で転職成功率98%の実績を出しており、SNSマーケティングを学習した後の進路も考慮したい方におすすめのスクールになります。

マケキャン by DMM.comでは、未経験からマーケティングの基礎だけでなく、実務の運用ノウハウや効果の測定方法、分析方法やクライアントへの提案の仕方などを学べるのが特徴です。

マーケティングコース受講料38,500円~で、随時無料のカウンセリングも実施しています。

受講料も低額なものからスタートできるため、初心者の方にもおすすめです。

気になる方は、ぜひこちらをチェックしてみてください。

まとめ

今回は、SNSマーケティングとは何かについて、その目的や学習方法など詳しくご紹介いたしました。

SNSマーケティングを通して企業を成長させるには、その事前の下調べや基礎知識の学習が非常に重要になります。

また、知識だけでなく、成功事例や他社のさまざまアイディアを参考にし、自社のブランディングにどう活かせるかよく考慮することが大切です。

これからSNSマーケティングを学ばれる際には、事前にこれらの点を踏まえて、より効果的なアプローチができるようぜひ参考にしてみてください。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます