【企業向け】wordpress以外のCMSを用いるメリットや主なCMSについて解説!

【企業向け】wordpress以外のCMSを用いるメリットや主なCMSについて解説!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

企業は、売上を伸ばすことだけが目標ではありません。

人材を育成するために、快適な職場環境作りを心がけましょう。

また、経営の戦略を立てることが大切です。

それらが直接利益になるわけではありません。

しかし、どちらも企業を発展させる大切な要素なのは明確です。

そのためには、膨大なデータや顧客の情報が必要不可欠です。

実際に手動で管理するのは限界があるでしょう。

特に人材や財政の情報は、複雑なことがほとんどです。

その場合は、PCでの管理システムを活用してください。

今回は、多くの企業が導入しているCMSについて解説します。

詳しく紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

CMSとは

CMSは、Contents Management Systemの略です。

主に、コンテンツ管理システムのことを指します。

まずは、CMSを用いて業務の簡略化を目標にしてください。

そうすることで、人員や資源の削減にもつながります。

たとえば、ホームページの作成や管理にもCMSを用いることが可能です。

通常のホームページを作成するにはプログラミングしなければなりません。

専門知識やスキルを持つエンジニアを雇用する必要があります。

また、文字を一文字変更するにも、HTMLなどの知識が必要です。

スキルを持つ人材がいない場合、業者などに作業を依頼しなければいけません。

その際にかかる費用や手間は、かなり企業にとって負担でしょう。

しかし、CMSを導入することで、コストを削減できます。

データベースやプログラミングを自動で行います。

結果として、人件費などの削減にもつながるでしょう。

WordPress以外のCMSを用いるメリット

有名なCMSとして、WordPressが挙げられます。

実際に多くの企業が導入しており、目にする機会もあります。

しかし、そうしたネームバリューだけで導入を決めるのはおすすめしません。

有名であるということは、その分デメリットもあります。

ハッキングの標的になりやすいことを視野に入れておきましょう。

近年、企業の情報流失などのサイバーテロが増えてきています。

特に個人情報は、犯罪に悪用されかねません。

なるべくWordPress以外のCMSを用いたほうが安全でしょう。

メリットを詳しく紹介するので参考にしてみてください。

表示速度を速くできる

WordPressは、動的表示に対応しています。

先ほど紹介したように、とても便利な機能です。

しかし、その反面、ページの表示速度が遅くなりやすいのが弱点と言えるでしょう。

スムーズに作業をしたい場合、かなりストレスになります。

プラグインを使用する際にも同様のことが言えます。

作業効率を上げたい際には、あまりおすすめできません。

プラグインは、WordPressの機能を拡張するためのツールです。

とても便利な機能ですが、表示速度が遅くなるのが難点でしょう。

WordPress以外のCMSを活用することも視野に入れておいてください。

表示速度を上げることが可能です。

もちろん製品によって、得意、不得意があります。

一概にどのCMSが優れているとは言えません。

なるべく多くの製品を比較してみましょう。

セキュリティを高められる

WordPressはオープンソースです。

知名度も格段に高く、世界中の人に利用されています。

オープンソースとは、プログラムのソースコードが、一般に公開されているCMSです。

特にライセンス費用は、かかりません。

したがって、比較的安価に導入することが可能です。

実際に導入している企業も多くあるでしょう。

しかし、逆に言えば、それだけハッキングされやすいということです。

近年は、サイバーテロによる被害が増えてきています。

特に個人情報を所有している企業が狙われるケースも少なくありません。

クラッカーやスパムの被害に遭わないように、細心の注意を払ってください。

その際には、WordPress以外の導入をおすすめします。

商用パッケージ型やフルスクラッチ型のCMSが、安心です。

セキュリティを高めることで、取引先や顧客の信頼を得ましょう。

サイトの開設が楽にできる

WordPressを使用しサイトを開設する際は、知識が必要です。

WordPress用のPHPを学習しなければなりません。

それらの知識を得たうえで、サイトをカスタマイズができます。

とても便利な機能ではありますが、かなりコストがかかるでしょう。

特に、新規で立ち上げた企業の際には、時間的に余裕のある場面が少ないです。

企業も人材の研修制度も整っていません。

人材的な負担などを考えると導入するタイミングを工夫する必要があります。

また、ほかのCMSを使用することで、そうした問題を解決できる可能性が高いです。

WordPressのような特別な知識は必要ありません。

中には、文字を入力するだけでサイトを開設できるCMSも存在します。

結果として、時間の短縮や人件費の削減につながるでしょう。

コストを減らしたい場合はぜひ活用してみてください。

管理や更新のサポートが手厚い

先ほど紹介したようにWordPressはオープンソースです。

プログラムソースが一般にも公開されています。

安価で導入しやすい一方で、トラブルが起きた際には、自分で解決策を見つけなくはいけません。

問い合わせやサポート制度に関しては、ほかのCMSの方が充実しています。

エラーなどが発生した場合、サポートディスクを活用してみてください。

専門知識がなくても、問題ありません。

手厚いサポートにより、問題が解決されやすくなるでしょう。

また、すでに分析機能やメールサポート機能が搭載されているCMSもあります。

これらと合わせることで、時間の短縮やコストを削減することができます。

まずは、それぞれの製品をしっかりと比較してみてください。

特にCMSを初めて導入する場合、不安に感じることも多いでしょう。

なるべくサポート制度の手厚さを重視して、選ぶことをおすすめします。

WordPress以外のCMSを用いるデメリット

これまでは、WordPress以外のCMSを活用するメリットについて紹介しました。

もちろんWordPressの機能が悪いというわけではありません。

しかし、安価で便利な反面、弱点もあるということを理解しておきましょう。

また、有名だからというだけで導入するのはあまりおすすめしません。

CMSで限らず、知名度があると一見、信頼性が高いように感じます。

しかし、それだけで製品を選ぶのは危険なので注意してください。

これは、WordPress以外のCMSにも同様のことが言えます。

WordPress以外のCMSを用いるデメリットを紹介します。

詳しく解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

コストがかかる

WordPressは、比較的安価で導入することが可能です。

それと比べるとほかのCMSは、基本的にコストがかかります。

初期費用や月額料金が発生することも視野に入れておきましょう。

また、保証制度などを付ける際に料金が発生するケースも少なくありません。

特に事業を立ち上げた初期のうちは、お金は死活問題です。

財政をしっかりと管理する必要があります。

まずは、どれくらいCMSに費用やコストを割くかを決めてください。

その際は、なるべく具体的な目標を立てましょう。

また、CMSの種類はさまざまです。

それぞれの製品の特徴をしっかり比較しましょう。

企業全体のシステムと照らし合わせることが大切です。

特にはじめのうちは、管理体制が整っていないことがほとんどです。

また、資金繰りに苦戦する企業も少なくありません。

企業のバランスを考えて、導入を検討しましょう。

カスタマイズがしづらい

WordPressには、プラグインが多数存在します。

たとえば、ユーザーを管理するプラグインなどが存在します。

それらをカスタマイズできるのが魅力の一つと言えるでしょう。

自分好みのサイトを作りたい場合は、活用してみてください。

実際にWordPress以外のCMSでカスタマイズできる範囲は限られます。

企業や個人の個性を活かしたい場合、あまりおすすめしません。

用途によってサイトを使い分けたい場合は、プラグインを活用してみてください。

そうすることで、さまざまな情報を得ることが可能です。

特にユーザーが、サイトのどの欄に注目したかをしっかりチェックしておきましょう。

顧客の興味を知ることで、さらに経営の戦略を立てることが可能です。

プラグインを活用することにより、それらの情報を一括で管理することができます。

WordPress以外の企業向けCMS

これまでは、WordPress以外のCMSを利用するデメリットについて紹介しました。

基本的に長所と短所は紙一重です。

まずは、それぞれの製品の特徴を理解することが大切です。

企業のシステムなどと照らし合わせて、導入を検討しましょう、

また、全体の財政状況を把握しておく必要があります。

きちんと製品を比較し、それぞれの企業に合ったCMSを導入しましょう。

具体的にWordPress以外の企業向けCMSを解説します。

さらに詳しい内容が書いてあるサイトも紹介するので、ぜひ参考にしてみてください

Goope

Goopeは、はじめのメディア作成におすすめです。

初心者にも比較的扱いやすいと言えるでしょう。

テンプレートを選び必要事項を入力することで、サイトの開設ができます。

また店舗への予約フォームの設置もできるのも大きな魅力です。

初期にかかる費用は、3,300円と見積もってください。

プランによって料金が異なります。

ビジネスプランは月額3,850円からです。

ほかのCMSと比べてもかなり手ごろな値段と言えるでしょう。

WordPressや他製品にこだわりがない場合はおすすめです。

また、CMSの基本的な機能もしっかり備わっています。

時間や人員的に余裕がない際に、活用しましょう。

実際にスマホやタブレットでも操作することが可能です。

合間の時間を使って、サイトを運営できるのが大きな特長です。

さらに詳しい内容が知りたい場合は、こちらを参考にしてください。

Movable Type

MovableTypeは、国内導入シェア一位のCMSです。

商用パッケージ型CMSで、さまざまな機能が搭載されています。

静的生成が可能なためサーバーがダウンしづらいのが魅力と言えるでしょう。

特に公的な機関を運営する際にはセキュリティの強化が必要不可欠です。

したがって、大規模なサイトにも利用することが可能です。

サイトの安全を重視する場合は、ぜひ活用してみてください。

料金は、クラウド版で5,500円から223,520円となります。

それぞれの企業規模に合ったプランを選択してください。

また、低価格から導入可能なため、中小企業のサイトでも活用されています。

同時に大企業などの機関まで、幅広いユーザー層に対応しています。

それだけ幅広い規模の機関に対応していると言えるでしょう。

さらに詳しく知りたい場合は、こちらのサイトを参考にしてください。

FREECODE

FREECODE は、ECサイトやコンテンツマーケ用のサイトなどを利用できます。

サポートはかなり充実しているのも魅力の一つでしょう。

CMSを活用してのサイト運営に不安がある場合は、ぜひ導入を検討してみてください。

また、担当のコンサルティングがいるため、専門性はかなり高いと言えます。

本格的にサイトを運営したい場合にもおすすめです。

ある程度経営やCMSの知識がある方は、活用してみましょう。

月額85,000円から月額13,500円ほどで利用可能です。

専門性が高い分、料金はやや高額になります。

したがって、サイト運営を初めて行う際にはあまりおすすめしません。

専門性が高い分、複雑な操作をする必要があります。

使いこなすには、ある程度の経験を積まなくてはいけません。

さらに詳しい内容が知りたい場合は、こちらを参考にしてください。

BlueMonkey

BlueMonkeyは、中小企業向けのCMSです。

約1,800社以上が利用しています。

全体的に、シンプルな作りで管理も楽にできるのが特徴でしょう。

中小企業用のCMSですが、しっかりとセキュリティ対策も行っています。

サイトの安全面を重視する場合に、おすすめのCMSです。

また、BlueMonkeyは、国内でのサイト運営に特化しています。

海外製のCMSのように操作に戸惑うことがほとんどありません。

オフィス系ソフトのように、サイトや構築や更新することが可能です。

サポートを受ける際にもスムーズに対応してくれることがほとんどです。

全体的なバランスがかなり取れたCMSと言えるでしょう。

料金は、月額3万円なるのでそれぞれの用途に合わせて選んでください。

さらに詳しく知りたい場合は、こちらのサイトをチェックしましょう。

ferret One

より顧客の分析をしたい際は、ferretOne を活用しましょう。

さまざまな機能が搭載されており、より細かい顧客情報を得られます。

また、CMS機能などのほかにアクセス解析の機能も付いています。

さらに、顧客の行動履歴を詳しく分析できるのも特長と言えるでしょう。

もちろん、ユーザーや申込管理などの基本的な機能も備わっているので安心してください。

主にBtoBマーケティングに特化したCMSです。

小売り企業の情報管理をしたい場合は、活用しましょう。

特に企業同士のビジネスでは、製品の需要が明確化されにくい傾向にあります。

まずは、情報を分析することで細かい需要を把握することが可能です。

また、初期費用は10万円で、月額料金も同じく10万円からです。

ほかのCMSと比べてかなり高額なので、導入する際は慎重に検討しましょう。

さらに詳しい内容が知りたい場合は、こちらを参考にしてください。

まとめ

今回は、CMSのメリットやデメリットについて紹介しました。

近年電子化による管理しシステムの普及率は高まっています。

今後は、さらにシステム全体が進化することが予想されます。

まずは、それぞれのCMSの特徴を理解しましょう。

そのうえでしっかりと比較することが大切です。

CMSの魅力は、業務の効率化やコストの削減が期待できる点だけではありません。

うまくCMSを活用することでさまざまな情報を得られます。

今回の記事を参考に、それぞれの企業にあったCMSを導入してみてください。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます