「サブタレ」ってどんなサービス?詳しく解説!

「サブタレ」ってどんなサービス?詳しく解説!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

皆さん、企業のブランディングにおいて、タレントを活用できることを知っていますか?

多くの企業がタレントをCMで起用したり、日常の様々なところで見ることができると思います。

今回はそんなタレント起用の新しいビジネスモデルである、タレントサブスクモデルの「サブタレ」というサービスについて解説していきたいと思います。

合わせて読みたい

サブタレとは? 

「サブタレ」とは、株式会社Magnifiが運営している、タレントシェアリングサービスのひとつです。

様々な類似のサービスが現在幅広く存在していますが、そもそもタレントのシェアリングサービスとはいったいどのようなものなのでしょうか?

それについて詳しく解説していきたいと思います!                     

次世代型のサブスクビジネス

皆さんは、「サブスク」と聞いて何を思いつくでしょうか?「サブスク」とは月額料金を払えば、そのサービスを契約期間中に何度も利用可能な形態のことを指します。

タレントサブスクビジネスとは、その中でも「タレントの肖像権」という所にフォーカスし、それらをサービスとして展開するビジネスのことです。月単位で契約することによって、手軽に効果計測を行う事ができるので、中小企業などの、広告費に大きくお金を割くことの出来ない方に大変おすすめです。

企業のブランディングの障壁を下げる

以前までの、企業のブランディングにおける活用は、同業種の企業1社限定の年間契約が基本でした。

また、そのためにタレントにとっても起用の機会は少なく、一本当たりの契約が高額なものとなっており、中小企業やスタートアップの企業にとって、非常にハードルは高くなっていました。

そういった問題を解決するために、月額制で、かつ単価を安くし、競合他社でも利用可能にすることでサービスの利用がどんどん増えてきています。

サブタレの特徴

タレントサブスクビジネスについて解説してきましたが、そのような多くのタレントサブスクビジネスのサービスの中で、「サブタレ」はどのような特徴があるのでしょうか?それらについて詳しく解説していきます!

コスパ最強!

「サブタレ」は、「コスパ最強」という触れ込みで自社のサービスを打ち出しています。例えば、従来のキャスティング会社の例で行くと、一括で4000万円ほどであり大変高額なものでした。

一方で、「サブタレ」では月額で、数十万円ほどで利用可能になっています。それに加え、どの様な用途で、どういった素材を欲しいのかによって要相談で料金を決めていきます。

それにより、ブランディングの目標達成まで最安値で到達することができます。

プロモーションソングの作成なども可能

利用できるタレントの一人に、川端要(CHEMISTRY)がいます。サービスの一環として、川端要(CHEMISTRY)さんがイメージソングや、イメージボイス等を作成して貰うことが可能になっています。

このサービスは他のタレントサブスクサービスには全くないものになるので、「サブタレ」をおすすめする理由の1つです。

またその依頼も、本サービスを通して視野に入れることができるので、想定を外れる心配はありません。

利用できる有名人は?

現在、「サブタレ」では起用できる有名人として川端要(CHEMISTRY)さんがいます。

また随時、サービスに参加するタレントの方を募集しており、スポーツ選手やモデルなど、多種多様な用途に沿ったタレントの起用を可能にしています。

まとめ

今回は、「サブタレ」という、タレントサブスクのサービスの紹介をしましたがどうでしょうか?自社サービスのブランディングに悩まれている企業は数多く存在します。タレントサブスクについて更に詳しく知りたい方は、こちらの記事で更に詳しく紹介していますのでご覧ください!

Sketttの公式サイトはこちら

おすすめ記事

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます