LINE公式アカウントの運用方法|事例やコツ7つの利点についても紹介

LINE公式アカウントの運用方法|事例やコツ7つの利点についても紹介

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

「LINE運用の担当者になったけれど、何から始めたらいいんだろう」 「なかなか成果につながらない」 「思ったように友だちが増えない」 など、LINE公式アカウントの運用について悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

この記事では、LINE公式アカウントを運用するメリットや運用する前にしておくべきこと、具体的な運用方法や成果につなげるコツなどを詳しく解説します。その他にも運用事例の紹介や、運用代行を選ぶポイントについてもお伝えします。

この記事を読むことで、公式アカウントの運営において具体的にどういった点に気をつけて何から始めればいいのかが分かり、ビジネスの成果を出しやすいLINEの運用につなげることが可能になります。運用する利点や注意点も知っておくことで、より安心して取り組めるでしょう。

LINE公式アカウントの運営に携わる人やビジネスの成果につなげたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

LINE公式アカウントをビジネスで運用する理由

ビジネスにおいて、TwitterやInstagramではなく、LINEの公式アカウントを運用する理由とはなんでしょうか?

結論から言うと、LINEの強みはリストマーケティングにおける教育ができるコミュニケーションツールとしての役割です。これまではメールが同様の役割を担い、個人や企業に向けたダイレクトメッセージを送る手段として一般的でした。

しかし現在は、不特定多数ではなく自分に宛てて送られているように感じるメッセージやパーソナルに使う媒体で情報を届けられるという点で、LINEの教育効果がとても高まっています。

LINEも完璧ではないため、他のツールと組み合わせることも必要ですが、リストの教育効果と言う点では、他のSNSよりもLINEが優れていると言えます。

LINE公式アカウントについて

LINE公式アカウントは店舗や企業が運用するSNSのことで、登録されている友だちに対して、個人形式でメッセージを送信できるのが特徴です。

個人アカウントと異なる点は、複数人でアカウントを運用できることと、チャット機能を有効にしている場合を除いて個人間のやり取りはなく、有益な情報を送るのを基本としていることです。

基本的な機能としては、メッセージ配信やチャット機能、企業のサービスリンクなどを貼るリッチメニュー、ポイントを貯められるショップカードやクーポンの配布、運用分析や外部サービスとの連携も可能です。

LINE公式アカウントの運用を始める前にやっておくべき6つのこと

LINE公式アカウントの作成は、ビジネスのために重要ですが、運用を始める前にいくつかやっておくべきことがあります。

ここでは、LINE公式アカウントをより有効活用するために、事前にしておくべきことを6つお伝えします。

事前の準備や目標設定などが、運用効果に大きく関わってくるので、ぜひ参考にして準備を進めてください。

目的に沿ったKPIを設定しておく

KPIの決め方は、LINE公式アカウントを運用する理由によって異なります。

ここでは、リピーター獲得、カスタマーサポート、新規顧客の獲得の3つの目的に沿って、KPIの設定の仕方を紹介します。

あなたが運用する目的に合わせてKPIを設定する参考にしてみてください。

リピーターの獲得が目的の場合

運用の目的がリピーターの獲得の場合は、LINEを経由した売上10%をKPIの目標に設定しましょう。

LINE公式アカウントで定期的にメッセージを配信し、顧客とコミュニケーションを取りながら、自社のサービスや商品購入につながる導線作りが大切です。

またLINE公式アカウントの機能であるショップカードの利用も良いでしょう。この機能を通して、ポイントの利用状況や、発行済みカードの枚数、特典チケットの枚数などを分析できます。分析を通して、リピーターの獲得を目指しましょう。

カスタマーサポートが目的の場合

運用の目的がカスタマーサポートの場合は、問い合わせに100%返信することをKPIに設定してみましょう。

問い合わせ対応は顧客からの信頼に大きく関わります。時間がかかっても対応せずに保留することを防ぐために、100%問い合わせに対応することを目標にすると良いでしょう。

またメッセージ内容の分析は、顧客ニーズの理解や、顧客満足度の向上にもつながります。顧客とコミュニケーションをとることで、顧客が求めていることを把握できるからです。

新規顧客の獲得が目的の場合

運用の目的が新規顧客の獲得の場合は、登録してもらう友だちの数をKPIに設定することをおすすめします。

LINE公式アカウントを運用する効果を出すために、まずは1,000人に目標を設定するのも良いでしょう。

店舗やサービスの利用者が友だち登録をする場合が多いので、その人数が増えれば自社のサービスや商品の認知や顧客の増加につながるでしょう。

運用目的を明確にしておく

あなたがLINE公式アカウントを運用する目的は何でしょうか?なんとなく運用を始めてしまっても、具体的な目標や方法が分からず、効果的な運用が難しくなります。

最大限ビジネスの成果につながるLINE運用のためには、運用目的を明確にしておくことが大切です。

そのためにまずは自社の課題を全て洗い出し、LINE公式アカウントの運用を通じて、その課題をどのように解決していくかを考えると良いでしょう。

競合他社がLINE公式アカウントを持っているか調査しておく

競合他社がLINE公式アカウントを持っているのか、どのように運用しているのかを調査することをおすすめします。

競合他社アカウントの友だちの数やいいね・シェア数などは、自社の基準設定の目安になります。他社で成功している事例があれば、それを取り入れるのも良いでしょう。

他社の取り組みと顧客の反応を細かく分析することで、顧客のニーズ把握にもつながります。配信内容や時間、頻度なども含めて詳しく調査してみましょう。

炎上対策や利用停止時の対応など運用ルールを決めておく

自社のLINE公式アカウントが万が一炎上してしまった場合やアカウントを乗っ取られた場合、利用規約のルールに抵触してアカウントの利用が停止されてしまった場合などに備えて、トラブルの対処法を事前に決めておきましょう。

誰が運用するのか、メッセージの配信やニーズの分析などを通してPDCAを回すのかなど、社内で役割を明確化して、運用体制を整えておくことが大切です。

LINE公式アカウントには利用規約が定められているので、把握せずにルールに違反してしまうことがないよう、事前にきちんと内容を確認しておきましょう。

顧客のニーズの把握とターゲットの設定をしておく

LINE公式アカウントを効果的に運用してビジネスの成果につなげるためには、顧客のニーズを把握しておくこととターゲット設定が必須になります。

運用の目的に応じて、どのような顧客をターゲットとするのかを決めましょう。顧客の興味や求めていることを調査し、適切に顧客ニーズを把握しておくことが大切です。

誰にどのような情報を届けるのかを決定することで、より顧客に合ったコンテンツを提供できるでしょう。

メッセージの配信頻度や時間を決めておく

運用の効果を上げるために、適切なメッセージの配信頻度と時間を決めておきましょう。

通勤などで余裕のない人が多い朝は避け、昼休みや夜の時間帯に配信すると、開封率が高くなる傾向にあります。ターゲットユーザーの時間に合わせて、配信時間を工夫しましょう。

メッセージの配信頻度を高くしすぎると、ブロックされてしまう危険があるので、適切な頻度を決めて配信することをおすすめします。最初の段階では週1回程度が良いでしょう。

競合他社を分析して自社の配信設定を決めるのもおすすめです。

LINE公式アカウントの運用方法

これまでLINE公式アカウントの運用を始める前にすべきことについて説明してきましたが、必要な事前準備についてはご理解いただけたでしょうか?

本項では、いよいよ実際にアカウントの運用を開始する上での、手順や具体的な内容について説明します。

効果的にアカウントを運用するために、ぜひ以下の手順を参考にしてみてください。

アカウントを開設する

LINE公式アカウントは、アカウント開設ページから、アカウント名や大・小業種などの必要な項目を設定する数分程度の作業で簡単に申し込みが可能です。

アカウントには、規定の審査をクリアした認証済アカウントと、誰でも作成できる未認証アカウントの2種類があります。

認証済アカウントは、法人企業や店舗をメインとしているため個人は審査に通りにくいですが、認証されると認証済バッジが付与され、LINEの検索画面に表示されるため、集客効果が高まるでしょう。

事前にLINE公式アカウントのガイドラインを確認しておくことをおすすめします。

友だち数を増やしていく

伝えたいメッセージを届ける人が増えるほど自社のサービスや商品の購入につながりやすくなるため、LINE公式アカウントを作成したら、友だちの数を増やしていくことが大切です。

LINE公式アカウントでは、友だち追加QRコードやURL発行、ノベルティを購入したりポスターをダウンロードできる友だち追加ガイドという機能があります。

管理画面から簡単に確認でき、また友だち追加経路の設定と分析も可能なため、ぜひこの機能を活用して友だちの獲得につなげましょう。

ユーザーへ定期的にクーポンやお得情報を配信する

登録されて友だちを獲得したら、よりビジネスの成果につなげるために、ユーザーに対して定期的にクーポンやお得な情報を配信しましょう。

管理画面から作成できるデジタルクーポンは、トーク画面とLIVE VOOMで配信でき、ユーザーへの行動喚起やターゲットリーチの増加が期待でき、データ分析も可能になります。

またLINE上でポイントカードを発行できるショップカード機能を使うことで、ポイントの付与や特典の設定、リッチメニューからの告知、データ分析により友だちを獲得できます。

ぜひLINE公式アカウントの機能を活用して、自社のサービス・商品の購入へとつなげましょう。

アカウントの分析を定期的に行う

ユーザーへのメッセージやクーポン配信をしたら、その結果を分析して成果につなげましょう。

LINE公式アカウントでは分析タブのダッシュボードから、友だち追加やブロックの数、メッセージやチャットの状況を確認できます。

比較やグラフ、リストなどからアカウントの分析を定期的に行い、PDCAを繰り返しながら効果的にユーザーにリーチする配信をしましょう。

LINE公式アカウントの運用にかかる費用

LINE公式アカウントは無料で開設でき、運用はメッセージ数によって異なる3つの料金プランが用意されています。

月額固定費が無料で1,000通のメッセージが送れるフリープラン、月額5,000円で15,000通のメッセージと5円で追加メッセージが可能なライトプラン、月額15,000円で45,000通のメッセージが送れて追加メッセージが3円以下のスタンダードプランがあります。

追加メッセージは利用するほど単価が安くなり、費用はホームページ上で料金シミュレーションが可能です。また月額100円または年額1,200円でLINEアカウントのIDを設定できるプレミアムIDの機能があるので、用途に応じて活用しましょう。

出典:料金プラン|LINE株式会社 参照:https://www.linebiz.com/jp/service/line-official-account/plan/

LINE公式アカウントを運用して成果につなげる3つのコツ

これまでLINE公式アカウントを運用する上で事前準備や運用方法、費用などについて解説してきましたが、実際に運用していく上で成果につなげる3つのコツをお伝えします。

ちょっとしたコツでビジネスの成果に大きく関わってきますので、ぜひ参考にしてみてください。

コミュニケーションをとるときは絵文字や長文は避ける

LINEはパーソナルな場面で使うことが多く、有効活用すればユーザーとの距離を縮めてくれるツールでもあります。

ただし、長すぎたり堅すぎたりする文章はユーザーにとって企業の好感度にはつながりません。絵文字の多用も印象は良くないため、200字程度のテキストコミュニケーションをメインにすると良いでしょう。

そうすることで企業に親しみやすい印象を持ち、好感度の向上につなげられます。

初回配信メッセージでブロック防止対策をしておく

初回配信の際に、配信の頻度が高いと思ったらブロックではなく、プッシュ通知をオフにするようユーザーを誘導しましょう。

1度ブロックされてしまうと、ユーザーに対してメッセージが届かなくなってしまうので、ブロック率を下げることが大切です。

また適切な配信頻度を設定したり、有益な情報やクーポンの配布などを行い、ユーザーにとって魅力的なコンテンツを提供すると良いでしょう。

LINE公式アカウントを中心とした仕事の流れにする

これまで、顧客とのやり取りは電話やメールが多いという企業は多くあるのではないでしょうか?

問い合わせや資料の請求、契約の紙面のやり取りなどを全てLINEで完結できれば、かなりスピード化されるだけでなく、顧客との接点の増加も期待できるでしょう。

店舗の予約をLINEアカウントで受ければ、リマインドやクーポン、その他の情報提供も可能になり有効活用できるのでおすすめです。

LINE公式アカウントの友だちを増やすコツ

LINE公式アカウントを最大限に有効活用するための準備や、いかに有益な情報を提供しても、アカウントを友だち登録してもらわない限り、情報はユーザーへと届きません。

ここではLINE公式アカウントの友だちを増やすコツ8つを紹介します。

友だち登録が増えることで、集客や見込み客の獲得につながるので、ぜひ紹介するコツを役立ててください。

  • 友だちになるメリットを提案する
  • SNSとコラボレーションする
  • LAP広告を活用する
  • タイムライン投稿を活用する
  • 実店舗で宣伝をする
  • DMを活用する
  • 大勢の友だちを管理する方法も考えておく
  • WEBサイトからスマートフォンを利用して登録できるようにする

友だちになるメリットを提案する

あなたのLINE公式アカウントを登録するメリットがどれだけあるかを伝えられるかが、友だちを増やす上で非常に大切になります。

クーポンやギフトプレゼント、限定情報など、ユーザーが登録したくなるメリットを積極的に提案しましょう。

ユーザーの求めているものを改めて確認し、魅力的なオファーを作成しましょう。

SNSとコラボレーションする

YouTubeやInstagram、Twitterなど様々なSNS媒体とコラボレーションすることで、集客に大きな力を発揮します。

検索上位に上がったり広告を運用したりすれば多くの顧客にリーチできるYouTubeや、拡散力のあるTwitterは特におすすめです。概要欄や説明欄でLINE公式アカウントに誘導しましょう。

その他にもInstagramなど、様々なSNS媒体を活用することで友だちの増加につながります。

LAP広告を活用する

LAP広告とは「LINE Ads Platform」の略称で、LINEが提供する広告媒体を指し、最近注目が集まっています。

配信方法の形式は様々ですが、中でも友だちを増やすためには、友だちの追加数によって課金されるCPF(Cost Per Friends)配信がおすすめです。

CPF広告により、ターゲットユーザーに合わせた配信を届けられるため、短い期間で友だちを一気に増やすことが可能な方法です。

タイムライン投稿を活用する

タイムラインを有効活用することで、情報の拡散や友だちの獲得につなげることができるのでおすすめです。

通常はタイムラインを投稿すると、トーク画面右上にランプが赤く光って投稿画面にジャンプできますが、少し目立ちにくいため気づかない場合があります。タイムラインは投稿ごとにURLが発行されるので、それをメッセージに投稿して配信すると誘導率が高まります。

また友だち追加された際に、タイムライン投稿に誘導するシェアキャンペーンなどを行い、クーポンやギフトをプレゼントすると、拡散されたり他のユーザーにもリーチできるので有効と言えるでしょう。

実店舗で宣伝をする

WEBサイト上だけでなく、店舗にも目につく色々な場所に友だち追加のQRコードを設置して、気づいてもらいやすくしましょう。導線の用意はとても大切です。

その際のポップのデザインにもこだわり、クオリティを高める努力をしましょう。より目立ちやすく魅力的に思ってもらえるデザインにすることで、店舗からの集客も見込めるでしょう。

DMを活用する

これまでの顧客アプローチの主流にメールマガジンがありますが、DMはメールマガジンよりもはるかに開封率が高いという特徴があります。

DMとの相性が良いLINE公式アカウントは、ユーザーにメッセージを届ける上で非常に効果的なため、DMを積極的に活用していきましょう。

メールマガジンよりも簡単に登録できるLINEは友だちを手軽に増やすことが可能で、友だち追加するメリットとQRコードをWEBや紙媒体で掲載することも効果的です。

大勢の友だちを管理する方法も考えておく

友だちを増やしても、ユーザーに適した配信を行わなければブロックされてしまうため、大勢の友だちを管理する方法を考えておくことも大切です。

特に大企業の公式アカウントで顕著ですが、キャンペーンで集めたフォロワーにむやみに情報を配信しても、ブロックされてしまい効果が出にくくなってしまいます。

現在のLINE公式アカウントでは追加メッセージに料金が発生することもあり、ユーザーの属性や求めているものを把握して適切な配信を行うことが必要です。ユーザーアンケートや、外部ツールの導入などで、顧客のニーズ把握に力を入れましょう。

WEBサイトからスマートフォンを利用して登録できるようにする

WEBサイトを使って友だちを増やす場合は、LINEの友だち追加につながる導線をつくるために、スマートフォンに対応したデザインにするようこだわりましょう。

大きめのLINE登録ボタンを設置したり、WEBサイトの下部にスクロールした際に追尾するLINE登録バナーを設置すると良いでしょう。魅力的なデザインにすることで、友だち登録の増加につながります。

またチャットボットをWEBサイトやランディングページ上に設置して、LINE公式アカウントに自動的に誘導するシナリオを組むことも効果的です。

LINE公式アカウントを運用する7つの利点

これまでLINE公式アカウントの運用方法や友だちを増やすコツについてお伝えしてきましたが、それらによって具体的にどのようなメリットがあるのかを解説します。

集客やサービス・商品の購入につなげるために、他のプラットフォームやサービスと比べてLINE公式アカウントを利用する利点を知ることで、迷いなく運用を続けていけるでしょう。

他の媒体の使用を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

メールマガジンよりも情報発信力に優れている

ビジネスにおいて顧客アプローチはメールマガジンを利用する企業も多いですが、LINE公式アカウントはユーザーへの到達率及び開封率が高く、さらに開封までの時間が短いことも特徴的です。

アカウントをブロックされない限り、必ずユーザーにメッセージが届き、開封率もメールマガジンより何倍も高いとされています。たくさんの顧客にリーチできることで、商品・サービスの販促にもつながるでしょう。

またプッシュ通知機能があるため、メールマガジンよりも早く気づいてもらえる可能性が高く、緊急性が高い情報でも顧客に届きやすいので安心です。

チャットでやりとりができる

近年、WEBサイトからチャットを通して問い合わせや相談、注文から購入までを行うチャットコマースが注目を集めており、LINE公式アカウントはそれに適したツールと言えます。

LINE公式アカウントは普段から身近に使っているアプリケーションを通してメッセージを配信でき、対応は有人と自動のどちらも可能です。

1人1人のニーズに合わせたプロモーションや対応が必要とされている中で、効果的にパーソナライズしたメッセージを利用して販売成果につなげられるでしょう。

日常的に利用されているプラットフォームである

LINEは若者からお年寄りまで幅広いユーザーが利用しているプラットフォームの1つです。

日常的に利用しているアクティブユーザーが多く、年齢問わず広くアプローチできるのも魅力です。また、LINE LiveやLINE Payなどの連携サービスも充実しており、今後の拡大も予想されるサービスのため、活用するメリットはますます増えていくでしょう。

集客や販促に利用できる機能が多い

LINE公式アカウントはビジネスにおいて、集客や反則に特化したツール機能が多い点が特徴的です。

基本機能としてのメッセージの配信やチャット対応だけでなく、クーポン配信、ショップカード、アンケート機能やユーザーの反応を分析する機能も充実しています。

さらに機能拡張も可能で、外部のAPIツールと接続すれば、シナリオ配信やチャットボットの利用などもでき、幅広く活用できるためおすすめです。

自社アプリのように運用ができる

LINE公式アカウントはアプリ内でクーポンの配信やリッチメニュー、ショップカードの発酵などができるため、自社アプリのように機能を活用できる点も魅力的です。

スマートフォンが一般に普及して、自社アプリを開発して集客や販促を行う企業も増えていますが、LINE公式アカウントを利用すればアプリ開発の必要がありません。

またLINEは通常アプリのようにダウンロードされなかったり、削除されてしまったりする可能性がほとんどないため、安心して利用できることもメリットの1つです。

メール登録するよりも手軽である

LINE公式アカウントは、メールマガジンなどの登録と比べて、QRコードの読み取りや友だち追加ボタンを押すだけで簡単に登録できる点が優れています。

メールマガジンの登録の場合、複雑な英数字や記号を打ち込む手間がかかりますが、LINE登録は簡単な動作しか必要ないため、友だちを増やしやすいのもメリットの1つです。

すぐに運用が開始できる

LINE公式アカウントは複雑な手続きなどは必要なく、いくつかの項目を入力すれば簡単に運用が開始できます。

基本使用料が安く、無料で始められるプランもあるため、テスト的に運用を開始することも可能です。運用を検討している人は、まず無料プランから始めてみると良いでしょう。

LINE公式アカウント運用事例

ここでは実際にLINE公式アカウントを活用した成功事例を3つ紹介します。

大手企業もLINE公式アカウントを有効活用することで実績を伸ばしています。ぜひ参考にして自社の運用に役立ててください。

プリマハム株式会社

香薫あらびきポークウインナーを主力商品としているプリマハムは、LINE公式アカウントを導入し、オリジナルスタンプを活用してユーザーとの距離を縮め、売上増加に大きく貢献しました。

認知度が低かった10〜30代にアプローチするために、スタンプキャラクター「あらびき星人ソップリン」を配信し、その直後に友だち数は約580万人にもなりました。ソップリンを活用しながらエンタメ要素のある配信をして親しみを持ってもらうよう工夫しています。

細かく設定した自動応答メッセージなども好評を博し、ファンの増加に合わせて売上も右肩上がりに上昇し、主力商品の販売は6割増加、ハム・ソーセージ全体のシェア順位も上昇するなど、大きな効果を上げています。

出典:スタンプで生まれたキャラクターが愛されて売上増!? プリマハムのLINE公式アカウント活用事例|LINE株式会社 参照:https://www.linebiz.com/jp/case-study/primaham/

ベネッセコーポレーション

LINE公式アカウントを運用する中でベネッセコーポレーションは、LINE運用で得たユーザーデータを活用してLINE広告のターゲティングを行う「クロスターゲティング」効果的な広告運用や集客戦略を実現しています。

友だち数が増えるにつれて、ブロックの増加が課題となったベネッセコーポレーションは、ユーザーが1番求めている情報を提供するよう、CTRの確認や配信内容の改善を繰り返したことで、ブロック率を4%抑制することに成功しました。

またLINE公式アカウントのデータを利用して広告を配信することで、友だち獲得単価を維持しながら、効率良く友だち数を増やし成果を上げています。

出典:友だち数の増加に伴うブロック率増加を阻止!ベネッセ流のLINEクロスターゲティング活用法|LINE株式会社 参照:https://www.linebiz.com/jp/case-study/benesse2/

任天堂株式会社

任天堂株式会社はYouTubeやInstagram、Twitterの運用に加えてLINE公式アカウントの活用により成果を出しています。

近年は個人だけではなく、企業もLINE公式アカウントを活用する事例が増えていますが、企業は店舗キャンペーンや大々的なテレビやSNS広告などで友だち登録を増やす場合が多くあります。

LINE公式アカウントで最新の商品情報やクーポンなどを配信して、商品購入や店舗への来店につなげています。

LINE公式アカウントの運用におすすめな書籍

LINE公式アカウントの運用方法や実際の運用事例について紹介してきましたが、どのように運用するかイメージがつきましたでしょうか?

ここでは、LINE公式アカウントの運用に役立つおすすめの書籍を3冊紹介します。

様々な情報がつまっているので、これからLINEの運用を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

秀和システム 「LINEマーケティング」

本書は、LINE公式アカウントを利用したLINEマーケティングの全体像を理解するのに役立つ入門書です。

ビジネスの事業戦略を立てるのに必要なマーケティングの活用方法や、実施するべきサービス内容、広告活用の仕方などの疑問に答える1冊です。

つた書房「世界一わかりやすい LINE公式アカウントマスター養成講座」

著者は実際にビジネスにLINE公式アカウントを活用した集客に成功しており、本書はその著者から、ビジネスや集客にLINE公式アカウントを活用する方法を学べる1冊です。

基本的な操作方法や動画解説だけでなく、ビジネスの成果につなげるための方法に特化しており、実例や成功例に基づいて実践的な内容を紹介しています。

翔泳社 「コストゼロでも効果が出る! LINE公式アカウント集客・販促ガイド」

本書はアーツ&ウェブ株式会社が執筆しており、実際にLINE公式アカウントを運用するサポートを行い、SEO・WEB集客を得意としている同社から基本的な運用方法を学べる1冊です。

アカウントの始め方から運用方法までが分かり、特に店舗や小規模の事業をしている人におすすめです。

LINE公式アカウントを運用していく上での5つの注意点

これまで参考事例や書籍、運用方法や成果を上げるためのコツについて執筆してきましたが、LINE公式アカウントを運用していく上でいくつか注意すべきポイントがあります。

効果的な運用を続けていくためにも、LINE公式アカウントの運用に関わる人はぜひ参考にしてみてください。

チャットの履歴の保存期間はそれぞれ違う

LINE公式アカウントのチャット履歴には保存期間が定められており、その期限はメッセージの種類によって異なっています。

ファイル形式のメッセージは1週間と期間が短く、ビデオや画像などのコンテンツメッセージは2週間、LINEスタンプやテキストチャットは1年間と期間が設定されています。

保存期間がそれぞれ異なっているため、重要度が高いものはダウンロードしバックアップを取っておくと安心です。履歴はCSV形式でダウンロードが可能です。

出典:LINE公式アカウント|チャット(旧1:1トーク)機能の使い方と活用方法|LINE株式会社 参照:https://www.linebiz.com/jp/column/technique/20190830/

予約システムが活用できる店舗は限られる

LINE公式アカウントは有人によるメッセージのやり取りだけでなく、自動応答で予約することも可能です。

LINEは「LINEで予約」というサービスをスタートし、オンライン上でユーザーが予約できるようになりました。

しかし、これはぐるなびやPayPayグルメなどのパートナー加盟飲食店のうち、席のみ指定でオンライン即予約が可能な店のみとなっています。該当しない場合は、LINE公式アカウントと連携している予約システムを選びましょう。

運用を簡単に考えない

LINE公式アカウントの構築や運用には、あらゆるデータを分析してPDCAを回し、コンテンツの改善を繰り返していくことが不可欠です。

運用担当を決めずになんとなく片手間で始めてしまっても、効果的に運用できていない場合が多くあります。ビジネスの成果につなげるためにはそこにリソースを割き、難しい場合は代行運用なども視野に入れましょう。

配信したメッセージの取消や削除ができない

LINE公式アカウントでは1度メッセージを配信してしまうと、その取消や削除ができません。

配信するメッセージはユーザーからの信頼に関わるので、適切な発言や正しい情報の提供を心がけることが大切です。

LINE公式アカウントのテスト配信機能を使用して、メッセージ配信の前に内容の確認をきちんと行いましょう。

認証済アカウントは原則として名称変更できない

LINE公式アカウントでは、基本的に認証済アカウントの名称は1度設定すると変更できません。

企業やサービス名が変更された場合や、アカウント名を変更したい場合は、再審査が必要となります。間違いのないよう気をつけながら、顧客にとって分かりやすいアカウント名をつけましょう。

LINE公式アカウントの運用代行先を選ぶときの6つのポイント

LINE公式アカウントの運用方法についてこれまで解説してきましたが、運用するリソースやノウハウがないといった理由で、運用を専門のプロに任せる場合もあるでしょう。

ここでは、運用代行会社を選ぶ際に気をつけるべき6つのポイントについてお伝えします。

適切な運用代行会社を選択するために、代行を検討している人はぜひ参考にしてください。

  • 認定資格を取得している担当者は在籍しているのか調べておく
  • 自社が属する業界に精通しているのか調べておく
  • 効果測定レポートを作成してくれるのか
  • かかる費用は適正であるのか確認しておく
  • 何を強みとしているのか知っておく
  • 運用体制はどうなっているのか調べておく

認定資格を取得している担当者は在籍しているのか調べておく

LINE株式会社は、LINE公式アカウントやLINE広告の知識があると認めた個人に対して「LINE Green Badge」を付与しています。

これを取得している担当者が多い会社は、LINEの機能や運用する方法について熟知しており、LINE運用に力を入れていると考えられます。

またLINE Pay株式会社から認定されている「LINE公式アカウント正規代理店」の企業はサポート体制や実績などを含め一定の水準を満たしていることが確認できるため安心です。

自社が属する業界に精通しているのか調べておく

運用代行の会社によっては、業務分野に得意不得意があります。自社が属する業界で、運用代行会社の実績があるかどうか、業界に精通しているかを確認しておきましょう。

また消費者の行動は年代や性別によっても異なり、運用代行会社が得意とするターゲット層と合致しているかどうかも調べておくことをおすすめします。

自社と類似している会社を代行した実績のある運用代行会社に依頼すれば、知識や経験値からより有効的な運用方法を提案してもらえるでしょう。

効果測定レポートを作成してくれるのか

LINE公式アカウントの運用効果を測定するレポートを、運用代行会社が作成してくれるのか事前に確認しておきましょう。

より効果的なLINE公式アカウントの運用を行うには、定期的な確認や分析が必要です。効果測定レポートを作成し確認することで、よりユーザーにとって魅力的なコンテンツ配信やキャンペーン、クーポンを配布して成果へとつなげることが可能になります。

かかる費用は適正であるのか確認しておく

検討している運用代行会社があれば、見積もりを依頼して適正な料金体系かどうか確認しましょう。

会社によってサービスや料金体系は異なるため、複数の会社に見積もりをしてもらい、相場を把握することをおすすめします。アカウントの開設やルール策定など初期費用がかかる会社もありますが、自社で行えたら初期費用を抑えられます。

契約後に請求されて困ら内容、事前に見積もりを丁寧に行い、料金体系を把握しておくことが大切です。

何を強みとしているのか知っておく

運用代行会社によって、強みとしているものが異なります。

比較する際は、企画力、運用力、マーケティング力、クリエイティブな制作力、価格、ツール、スピード感の7つの観点から会社を検討しましょう。

自社がLINE公式アカウントを運用する理由や優先順位などから、重視する観点を決めて運用代行会社を選ぶことをおすすめします。

運用体制はどうなっているのか調べておく

運用代行会社の体制には、分業型と専任型の2つの種類があります。

日ごとのレポート作成や多くの作業を依頼する場合は、複数人で作業する分業型が、密にコミュニケーションを取りたい場合は、1人の担当者が作業する専任型がおすすめです。

どちらも利点は異なるので、自社の依頼内容に沿った運用体制の会社を選びましょう。

LINE公式アカウントをビジネスに運用しよう

これまでLINE公式アカウントを運用する際のメリットから事前準備、運用方法やコツ、注意点や実例、運用代行先など様々な観点から、運用について解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

他のSNSにはないよりパーソナルでメッセージを届けやすいLINEという媒体は、集客や販促などビジネスでの成果につなげる大きな可能性を秘めています。

自社の商品やサービスをより多くの人に届け、ビジネスを成長させていくためにも、ぜひLINE公式アカウントを活用してみてください。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます