企業価値を高めるアウターブランディングの重要性と役割

企業価値を高めるアウターブランディングの重要性と役割

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

ブランディングは企業や製品の価値を高め、知名度や売上の向上に貢献します。 しかし、ブランディングそのものが目的になってしまっては、本末転倒です。 ブランディングは、その先にある目標を目指して行う1つの手段であり、どのような目標を設定するかによって、やり方を変化させる必要があります。 対外的に、企業や製品の知名度や信頼を勝ち取りたいのであれば、アウターブランディングによる戦略が必要でしょう。 この記事では、アウターブランディングによって引き出せるメリットやリスクなどをご紹介します。

アウターブランディングとは

アウターブランディングとは、企業の外側・アウトサイドに向けて、対外的なブランド訴求を行うことです。 社外に位置する消費者やユーザーに向け、企業の姿勢や製品のコンセプトを明らかにして発信・浸透させ、市場における1つの地位を築くことを指します。 ブランドのロゴを作成し、パッケージデザインを工夫して視覚的なアプローチを試みるほか、ブランドのターゲットや持たせたい価値に合わせた価格設定が必要でしょう。 アウターブランディングはBtoC企業だけでなく、BtoB企業においても高い効果を発揮する施策です。 逆に、社内の従業員向けに自社の理念や行動指針などを発信し、徹底して理解してもらうことをインナーブランディングと呼びます。

アウターブランディングの種類

アウターブランディングは、企業または製品・サービスのどちらをブランディングするかによって2種類に分けられ、それぞれ特徴を持っています。 対象の異なる2つのブランディングがどのようなものなのか、詳しく見ていきましょう。

コーポレートブランディング

コーポレートブランディングは、企業そのものに対するブランディングです。 自社がどのような理念に基づいて事業を行っているのか、行動指針の源泉は何かなどを明確にして発信し、外部からの信頼を向上させる狙いがあります。 それも単に文章を羅列するのではなく、分かりやすいキャッチコピーを用いて、親しみやすさや共感性を高めることが重要です。 製品やサービスに目を向けてもらうためには、企業の知名度や信頼性が必要になるでしょう。 コーポレートブランディングによって、自社を「名前や事業内容を見知った企業」「信頼できる企業」として位置付けることで、潜在的な顧客や長期的にサービスを利用するファンの獲得につながります。 長く愛される企業を目指すには、企業そのもののブランディングが欠かせないのです。

サービスブランディング

サービスブランディングは、企業が展開する製品やサービスに対するブランディングです。 製品を使って欲しいターゲットを決め、そのターゲットの購買意欲を高めるような訴求を行います。 その製品がどのような効果を持っているのか、ほかの類似製品と何が違うのかを明らかにし、独自の価値を持たせることが重要です。 購入者にとって「この製品・サービスは自分にふさわしい」と思わせることで継続的な製品の使用を促し、ファン層の獲得を目指します。 製品の一貫したコンセプトを決め、さまざまな媒体で宣伝することで、その製品ならではのイメージ作りや知名度の向上、一定の地位獲得にも寄与するでしょう。 単なる製品の機能的な価値を周知するだけでなく、ブランドストーリーによる情緒的価値の底上げが肝要になります。

コーポレートブランディングの役割

コーポレートブランディングには、企業の認知度を上げて、市場における価値を確固たるものにする役割があります。 単なる売上の向上だけでなく、将来的に企業を経営していくうえで、重要な人材の獲得にも効果的です。 コーポレートブランディングの役割を詳しく見ていきましょう。

企業の存在価値

コーポレートブランディングの役割は、第一に企業の存在価値を高め、その必要性を市場に浸透させることです。 企業としてどのように在るか、どのように社会と向き合うのかを提示し、世の中に向けた約束を果たすことをさまざまな媒体を介して宣伝します。 つまり、企業が社会に向けてなすべきこと、あるべき姿などを示すMVVといった明確な指針を通じて、自社の価値観を消費者やユーザーに提示するのがコーポレートブランディングです。 企業の価値そのものを高め、独自性を明らかにしておくことで、提供する製品やサービスを同業他社の類似製品と差別化することにもつながります。 企業に対する印象で製品を選ぶ消費者が多い中、はっきり想起できるイメージを持っていることは、企業にとっての強みなのです。

ステークホルダーからの信頼獲得

コーポレートブランディングによって、ステークホルダーからの信頼を獲得できるというメリットもあります。 ステークホルダーとは顧客に限らず、株主や取引先など企業と利害関係にあるすべての関係者のことです。 企業のイメージが良ければ売上につながるだけでなく、投資に対しても前向きな印象を抱かせられます。 企業ブランドを構築することによって、サービスや製品の品質や機能だけを評価して購入を判断するのではなく、この企業が提供する製品だからこそ安心できる、信頼できるというイメージを持たせられるのです。 何をやっているか分からない、信頼できない企業の製品を購入したり、投資したりすることに積極的なユーザーはいないため、ブランディングによる信頼性の向上が求められます。

採用力の強化

コーポレートブランディングは、将来的な人材の確保にも役立ちます。 企業のブランディングによって知名度を高め、憧れの企業としての立場を固めることで、求職者や採用候補者とも強固な関係を築けるのです。 明確な企業理念や行動指針を提示していれば、集まる人材はそれに共感し、同じ方向を見て歩みたいと考える人々になります。 知名度の向上により就職希望者の母数が増える、自社に合った人材を選びやすくなるという点で、企業のブランディングは採用に役立つのです。 また、企業にコミットした人材を採用して、従業員の結束や帰属意識を高めることで、早期退職や転職による人材の流出を防ぎます。 信頼できる企業に努めたいという労働者側の意識を自社に向けさせるために、コーポレートブランディングが有効です。

サービスブランディングの役割

製品やサービスに対するブランディングには、該当の製品に独自の価値を持たせる役割があります。 これらは売上の向上に役立つものですが、製品の価値が影響を与えるのは、社外の消費者だけではありません。 社内外に対するサービスブランディングの役割について、詳しく見ていきましょう。

差別化による市場優位性

製品やサービスに独自の価値を持たせて、類似製品と差別化することにより、市場での優位性を高めることがサービスブランディングの主な役割です。 類似製品やサービスが多く流通している場合、ほかの製品にはない突出した特徴を持たせたり、購入者の属性ごとにセグメントをかけたりすることによって、製品の差別化を図るケースがあります。 このような市場におけるターゲットへのポジショニングも、一種の価値創出となり、結果的に製品のブランド化を促すでしょう。 また、製品やサービスが持つストーリーや想いを発信し、ユーザーからの共感を得ることも製品やサービスのブランディングです。 消費者から選ばれる理由となる独自の価値を創出することで、競合他社の類似製品と差別化を図ることが可能となります。

価格競争からの離脱

サービスブランディングは、価格競争からのいち早い離脱につながります。 ブランドを構築し、消費者から選ばれやすい価値を創出することは、わざわざ価格競争しなくとも選ばれるようになることです。 逆にブランド化がうまくいっておらず、製品やサービスが持つ価値だけでは選ばれる理由になりえない、その価値の宣伝が十分に行えていないという場合は、類似製品との間で少しでも価格を安くするよう競争せねばなりません。 しかし、製品の開発や生産にはコストがかかる以上、あまり価格を安くしすぎることもできないでしょう。 値段が理由で選ばれる製品は、そもそも製品の品質や機能を信頼されていないのと同じことです。 ブランド性を保つための一定の価格でありながら、選ばれる理由を付けることで、価格競争から離脱し、製品への信頼性を獲得する必要があります。

生産性向上

効果的なサービスブランディングは、生産性の向上にも役立ちます。 サービスブランディングによって、製品やサービスの価値を高めることで得られる効果は、売上の向上といった対外的なものだけではありません。 「こんなに素晴らしい製品を作っているんだ」という製品やサービスに関わる従業員のモチベーション向上やサービス愛につながるため、社内の生産性が向上するのです。 製品ブランドに恥じぬような行動をしようという意識の変容が見られたり、コンセプトに沿った製品を打ち出せているかという一定の判断軸が生まれたりするようになります。 そして、そのブランドを中心に据えて、企画立案や新たな製品開発に力を入れることで、よりブランドならではの独自性や機能性が向上し、信頼性が高まっていく循環が生まれるのです。

ブランディングにおけるリスク

アウターブランディングは企業や製品・サービスの価値を高め、市場での地位の浸透に寄与するものですが、正しく行われていないと逆に企業イメージを損なうリスクを抱えています。 ブランディングを目標として先走りするあまり、製品を提供する企業としての行動や意識が顧客の求めるものから乖離すると、落胆されてしまう可能性が高いです。 ブランド力とは、単純に情報をさまざまな媒体で発信するだけの力ではなく、受け手側がどのような認識を抱くのかを予想し、適した広報活動を実施する力になります。 発信している内容と企業やその製品の実態が異なる場合は、どれだけ良い情報をたくさん発信していたとしても、受け手側に良い印象を与えられません。 そのブランディングによって、企業や製品・サービスの印象を変えて何がしたいのか、目標を決めることが重要です。

まとめ

ブランディングと一口にいっても、対象を並べるとさまざまな種類があるように思えます。 しかし、実際は企業や製品・サービスのイメージについて目的を定め、それに応じて何を強化するか、どのようなことをユーザーに約束するかの違いに過ぎません。 企業や製品についてどのようなイメージを持たせ、それによって達成したい目標は何かを定めて、アウターブランディングというツールを使いこなすことが求められます。 その際は、ブランディングそのものが目標になってしまわないように、気を付けましょう。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます