Chat-GPTを活用して、クリエイティブ制作の草案ができる!

Chat-GPTを活用して、クリエイティブ制作の草案ができる!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

Chat-GPTは、ビジネスにおいて非常に影響力の強いツールであることは間違いないでしょう。 とくにクリエイティブな分野では、役に立つことが多いです。 今回はChat-GPTを使って、クリエイティブ制作の草案を作る際のポイントを紹介します。

Chat-GPTとは何か?

Chat-GPTとは、Open AIという企業が開発した人工知能のチャットサービスです。 Web上の文章から学習したAIが、さまざまな質問に対して自然な言語で答えを返してくれます。 とくにChat-GPTが注目されている理由は、AIがクリエイティブな活動までしてくれるためです。 詩や小説を書いてほしい・スローガンを考えてほしいといった要求にも、応えてくれます。 まだ完璧にどんな要求にも応じられるとは言えないものの、非常に高機能であらゆる分野に応用が利くところが魅力でしょう。

Chat-GPTを活用したクリエイティブ制作の概要

クリエイティブ制作の分野で、Chat-GPTをどのように役立てることができるのでしょうか。 以下の見出しで、Chat-GPTが備える機能や利用するメリットについて紹介します。 これからChat-GPTの活用を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

Chat-GPTが提供する機能と特徴

Chat-GPTの基本的な機能は、人間との自然な対話です。 ユーザーの質問に対して回答をしてくれる点は、従来のAIチャットと変わりありません。 しかし、プログラミング言語などについても回答してくれる・過去の入力を記憶しているといった点で違いがあります。 また、Chat-GPT はVisual ChatGPTという画像生成ツールも備えており、対話から画像を生成することも可能です。 そのため、Chat-GPTを活用すれば、Webページや広告などをもっと簡単に作れるようになる可能性があります。 個人利用だけでなく、ビジネス利用でも注目すべきツールでしょう。

Chat-GPTを活用したクリエイティブ制作のメリット

Chat-GPTを活用したクリエイティブ制作の大きなメリットは、労働力や時間を節約できることです。 とくに画像生成など、時間のかかる作業を任せられる点は注目に値するでしょう。 ただし、まだChat-GPTは問題点も指摘されています。 たとえば、質問によっては一見正しそうに見える自然な文章で回答していても、内容が間違っていることがあり、結局のところ人力での文章チェックが欠かせません。 そのため、クリエイティブ制作を完全にChat-GPT任せにはできないのが現状です。

Chat-GPTを活用した文章作成の例

Chat-GPTを活用して、どのような文章作成ができるでしょうか。 以下の見出しで、主な活用事例を簡単に紹介します。 現在、企業や自治体でもChat-GPTの活用を模索しているところで、ビジネス面でもChat-GPTの活躍がこれから見られる可能性があるでしょう。

広告のキャッチコピーの作成

広告のキャッチコピー作成にも、Chat-GPTは活用できます。 仮にChat-GPTの提案したキャッチコピーをそのまま採用しないとしても、アイデアを出してもらうだけで、十分意味のある活用になるでしょう。 Chat-GPTのキャッチコピーから着想を得て、思わぬアイデアが生まれることも考えられます。

ターゲット層の設定

キャッチコピー作成前に、ターゲット層をしっかり設定しなければいけないのは、Chat-GPTを使わず普通にキャッチコピーを考えるときと変わりありません。 とくに商品やサービスの利用層が限定的な場合、ニーズをしっかり分析しないと、ターゲット層に響くキャッチコピーを生み出せないでしょう。 誰にそのキャッチコピーを見てもらいたいのかはもちろん、どこでキャッチコピーを見てもらいたいかも重要です。 ターゲット層の年代や性別が同じでも、宣伝媒体やシーンによってキャッチコピーの文体などを変えていく必要があります。

キャッチコピーの作成手順

続いて、Chat-GPTを活用したキャッチコピーの作成手順を紹介します。 基本的には、Chat-GPTを使わない場合の手順とそれほど大差ありません。 作成前にキャッチコピー作成のために必要な材料(商品やサービスの特徴・ターゲット層などを)を考え、それをもとにアイデアを出すことになります。 Chat-GPTが担うのは、主にアイデア出しの部分になるでしょう。 その後、Chat-GPTが作ってくれたキャッチコピーを吟味・改変して、より良いキャッチコピーにブラッシュアップしていきます。

商品説明文の作成

続いて、Chat-GPTを活用した商品説明文の作成法について、解説します。 Chat-GPTに文章を作ってもらうときは、良い答えを返してもらえる質問を工夫することが大切です。 商品の説明を過不足なく、しかもChat-GPTがヒントにしやすい形で含んだ質問を考えなければなりません。

商品の特徴の分析

まずは、Chat-GPTを使わずに商品説明文を作る場合と同様、商品の特徴をしっかり分析していく必要があります。 ここで分析した特徴は、Chat-GPTに質問する際に書くべきポイントにもなるでしょう。 ただし、商品説明文をすっきりさせるためには、説明文でアピールできる特徴はどうしても限られます。 取捨選択が非常に重要で、ターゲット層への訴求に必要ない特徴は省かなければいけません。 特徴をあまりに多く並べすぎると、Chat-GPTが回答する文章がすべての要素を網羅するために、不自然で冗長な文章になる可能性もあります。

商品説明文の作成手順

商品説明文の作成手順も、Chat-GPTを使うとき・使わないときで大きく変わることはありません。 まずは商品の特徴を分析し、わかりやすく魅力的な説明文に説明するために重視するポイントを抽出します。 その後、Chat-GPTにそれらの特徴を指示し、商品説明文を作成してもらいますが、Chat-GPTはWeb上の情報を得て文章を作成するツールです。 Web上にあふれている、間違った情報をもとにした文章ができる可能性を否定できません。 作られた文章を必ず読み返し、誤りがないことを確認する必要があります。

Chat-GPTを活用した画像作成の例

Chat-GPT にはVisual ChatGPTという機能が備わっており、これを使って画像作成をしてもらうこともできます。 作られた画像は、ビジネスシーンで使うことも可能です。 以下の見出しで、Chat-GPTを使った画像作成の例を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

ロゴやイラストの作成

Chat-GPTを使った画像生成で可能になる、主なクリエイティブ制作がロゴ・イラストの作成です。 社内にこういった分野が得意な従業員がいない企業では、Chat-GPTの力が役立つでしょう。 個人事業主の方も、やり方をマスターすれば、あまりお金や時間をかけずこうした作業ができるようになります。

作成する画像の目的と要件の設定

Chat-GPTを使う前に、まずはロゴやイラストの利用目的・要件の設定をする必要があります。 イラストを社内の資料で使う場合、そのイラストが何を表しているか伝われば、その役割を十分果たしていると言えます。 しかし、外部の方に見せる場合、そのロゴやイラストが消費者にどんな印象を与えるかも考えなければいけません。 とくに、ロゴやWebページのトップに載せるイラストなどは、企業の顔となる存在です。 どのような要素を盛り込むか、慎重に吟味しなければいけません。

画像作成の手順

Chat-GPTを使った画像作成の手順を紹介します。 Visual ChatGPTは、Google Colabで動かす必要があり、GitHubのページから自分のドライブにコピーしてから使わなければいけません。 Chat-GPTとは違い、ある程度PCに関する知識が必要なツールです。 次に、ノートブック中にOpenAIのAPIキーを入力する部分があるため、ここに自分のキーを入力しましょう。 「ランタイム」から「すべてのセルを実行」を実行するとChat-GPTのようなチャット欄が出るので、ここでどんな画像を作成するか指示します。 その後表示された画像を確認し、日本語や英語の指示で画像を加工していきましょう。

イメージ写真の加工

Visual ChatGPTには、さまざまな画像加工コードが用意されています。 写真から何かを取り除いたり、ライン検出をしたりできますが、コード自体は非常にシンプルです。 これらのコードを使いこなせるようになれば、さらに画像作成の幅が広がるでしょう。

加工する写真の目的と要件の設定

写真を加工するときは、写真の目的や用件の設定を行う必要があります。 Web上で写真を掲載するときと、紙媒体に写真を使うときで必要な画像処理が異なることもあるでしょう。 写真の大きさ・解像度など、さまざまな点に注意しなければなりません。 また、写真の中で見せたくない部分を切り取るなど、どこを見せるか(見せないか)などを考える必要もあります。 またChat-GPTから自由に掲載できる写真を紹介してもらう場合、そもそも加工しての掲載はNGの可能性があるので、注意が必要です。

加工の手順

Visual ChatGPTは、人間の描き手に指示を出すようなイメージで使えるツールです。 事前にサンプル画像を用意できれば、その画像をアップロードして、画像生成の材料にできます。 まずは画像アップロードや会話で、どんな画像を作成してほしいか(例:「若い男性が青いユニフォームを着てサッカーボールを蹴っているイラスト」)伝えましょう。 その後「○○を大きくしてほしい」「XXの色を赤くしてほしい」など指示を伝え、画像を加工していきます。

Chat-GPTを活用した動画作成の例

Chat-GPTは動画作成ツールではありませんが、ナレーションにAIツールを利用して、労力を小さくすることはできます。 企業のプロモーション動画作成に利用することもできますし、効率よくYouTube動画を作成するなどして、広告収入を得られるように活用することもできるでしょう。

短いプロモーション動画の作成

Chat-GPTを利用して商品説明文などを作り、それをそのまま短いプロモーション動画に使うことができます。 AIで作った文章をAI読み上げソフトで読ませることができれば、人間がかける手間を動画編集などに集中できるようになるでしょう。

作成する動画の目的と要件の設定

プロモーション動画を作成するときは、動画の目的や用件設定を上手にしておく必要があります。 世界中で視聴されている代表的な動画サイトと言えば、YouTubeなどがすぐ思い浮かびますが、企業がプロモーション動画を流せる媒体は以外にもたくさんあります。 Twitter・インスタグラムなどのSNSでも、短いプロモーション動画を使って人目を引くことは可能です。 視聴してほしいターゲット層などを考えたうえで、適切な用件設定や媒体選びをする必要があるでしょう。

動画作成の手順

現在、Chat-GPTが動画作成で役立つ点は、簡単な商品説明(台本)の作成や、動画に使う素材となるイラストの作成などになるでしょう。 具体的な動画編集は、手持ちの動画編集ソフトで行うことになります。 またナレーションをAIに読ませる場合も、Chat-GPTではなくナレーションAIツールを頼る必要があります。 動画のアップロード作業なども、Chat-GPTで自動化はできないので、Chat-GPTを使った素材製作後の編集・アップロードの手順は、従来通りの動画作成と変わりありません。

長めのインフォグラフィック動画の作成

長めのインフォグラフィック動画を作成するときも、台本やイラストの作成でChat-GPTを役立てることができるでしょう。 データなどを視覚的にわかりやすくできるインフォグラフィック動画は、視聴者に伝えたい内容をかみ砕いて理解してもらいやすいツールです。

作成する動画の目的と要件の設定

インフォグラフィック動画を作成するときも、動画の目的・用件設定は非常に重要になってきます。 多くのインフォグラフィック動画は、自社商品やサービスの魅力を知ってもらうためのものですが、企業理念などをアピールするための動画としても効果的です。 たとえば、リクルートサイトで自社の概要を説明するときなどに、売上・社員数・給与体系・組織図などを視覚的に表現できるインフォグラフィック動画が役立ちます。 知識をわかりやすく伝えることがメイン目的の動画では、強調したいポイントを絞っておくようにすべきでしょう。

動画作成の手順

Chat-GPTを使って、長いインフォグラフィック動画を作成する際の手順も、プロモーション動画を作るときと大きな差はありません。 まずは、Chat-GPTで台本・イラストなどの素材を用意し、それを動画編集ソフトやナレーションAIで動画にまとめていきます。 事前に用意したハッシュタグや動画の説明などをつけてアップロードする手順も、通常と変わりありません。 動画作成後には再生数・コメントなどをチェックし、次の動画作成に活かすことを忘れないようにしましょう。

Chat-GPTを活用したクリエイティブ制作の注意点

次に、Chat-GPTを活用して、クリエイティブ制作をする際の注意点を紹介します。 Chat-GPTは非常に優れたツールではありますが、まだ問題点があり、活用に注意を促す企業・組織も多いです。 使い方が悪いと、人間が作るよりずっと質の低いコンテンツしか作れない可能性もあります。

Chat-GPTが提供しきれないこと

Chat-GPTが提供しきれないことは、文章作成の分野だけでも少なくありません。 たとえば、実際にあるWeb上の文章から学習している特性上、将来の予想などに関する質問に適切な解答を返すのは難しくなっています。 また、Chat-GPTは文章やイラスト制作などができますが、それを1つのコンテンツにまとめてすぐ公開できる状況にまで編集できるツールではありません。 そのため、編集や加工といった段階では、どうしても人間の作業・チェックが必要になってきます。

人間のクリエイティブ制作者との違い

Chat-GPTを使わない場合、文章制作をライターに依頼したり、イラスト制作をイラストレーターに作成したりすることになるでしょう。 人間の制作者に依頼する場合と同様に、Chat-GPTにもチャット・会話形式でどんな制作をしてほしいか依頼できます。 しかし、AIはまだ、細かいニュアンス・文脈を人間ほどうまく読み取る能力がありません。 臨機応変に条件を細かく指定したい場合や、使ってほしくないワードなどNG条件が多い場合は、Chat-GPTで対応しきれないこともあります。

Chat-GPTを活用したクリエイティブ制作の応用例

ここからは、Chat-GPTを活用したクリエイティブ制作の応用例をいくつか紹介します。 Chat-GPTをビジネスで使うなら、作った文章やイラストをコンテンツの一部にしていくことが多いでしょう。 文章・イラストはどちらもWebコンテンツで欠かせない要素であり、応用の幅はかなり広いと言えます。

記事の作成

Chat-GPTを使って、ブログ・まとめサイトなどに使う記事のたたき台を作ることはできます。 しかし、Chat-GPTは事実と異なることを回答してしまうことがあるため、ファクトチェックをしっかりせずに文章を転載するのは、リスクがかなり大きい行為です。

ブログ記事のタイトル作成

Chat-GPTを使って、ブログ記事のタイトルを作ることはできます。 シンプルに、ブログ記事にする題材のアイデアを提供してほしいときにも使えますし、先に作った文章に適切なタイトルをつけてほしいと依頼することもできるでしょう。 しかしブログ記事のタイトルは、ぱっと見ただけでその記事を読んでみたいと思わせる必要があります。 Chat-GPTは文章の内容を理解し、適切なタイトルをつけることができるでしょう。 しかし、そのタイトルで読み手が惹きつけられるかは別問題です。 これも、Chat-GPTの答えをそのまま使うかどうかは、結局のところ人間のセンスが問われる部分です。

SEO対策のためのキーワード設定

Chat-GPTは、直接SEO対策をするためのツールではありません。 しかし、Chat-GPTにキーワードを指定したうえで、そのキーワードを使った文章を制作してもらうことはできます。 そのうえで、キーワードの密度・配置を調整し、自然な文章に整えることでSEO対策をしやすくすることができるでしょう。 一から人間が文章を作るより、かかる労力はかなり少なくなります。 ただし、この方法を使うときも、できあがった文章に不自然なところがないか・事実と異なる部分がないかをしっかりチェックしなければいけません。

デザインの作成

Chat-GPTの画像生成を使って、デザインの作成もできます。 まだ文章制作と違って、Chat-GPTの画像生成は、誰でも簡単に理想に近いものを作れるとは言い難い状況です。 しかし今後、さらなる機能拡張で、より簡単に良い画像を作れるようになる可能性もあるでしょう。

ウェブサイトのレイアウト作成

Chat-GPTは、サイトのレイアウトなどをしてくれる機能を備えたツールではありません。 そのため、基本的には作成した画像をどのように配置するかは、人間が決めていくことになります。 しかし、Webサイトに掲載する予定の文章をChat-GPTに入力すれば、文章構成やキャッチコピーなどのヒントを得られます。 異なる視点から出されたアイデアが、レイアウト作成に役立つこともあるでしょう。 FAQやヘルプコンテンツの回答をChat-GPTに委ね、満足度の高いコンテンツに仕上げることもできます。

オリジナルTシャツのデザイン作成

Chat-GPTでオリジナルのロゴやイラストを生成することで、オリジナルTシャツのデザインに役立てることも可能です。 しかし、Tシャツのデザインそのものは、あくまで人間のセンスが必要な部分になるでしょう。 基本的には、アイデアやデザインの参考程度に活用することになります。 オリジナルTシャツは制作費がそれなりにかかりますが、ビジネスにおいてはオフラインのイベントなど活用できる範囲が限られるグッズです。 どこでどのように使うか、慎重に考える必要があるでしょう。

まとめ

Chat-GPTは非常に有用なツールではありますが、まだ導入に慎重な組織も多いです。 活用方法を模索している組織もある一方、まだ問題点が多いとして使用を禁止している組織があることも報じられています。 とくに、Chat-GPTが作ったものを人間がどのように加工するか・チェックするかは、これから各企業の手腕が問われる部分でしょう。 同じ使い方をしても、AIの得意・苦手をしっかり見極められるかどうかで、どれだけ良いコンテンツを作れるか差がつく可能性が高いと言えます。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます